2012年12月2日日曜日

100% Pure LP

今度こういうレコードが出るらしく、気になってます。

100% Pure LP



● 新配合無着色ヴァージン・ヴィニール(180グラム重量盤)
レコード(黒盤)の材料には通常、主原料となる塩化ヴィニールの他に、カーボンなど着色のための染料が添加されています。そもそも通常のレコードが黒い理由は材料の再利用時を考慮しているため。今回の100%ピュアLPでは、それら音に影響を与える着色物をすべて排除し、成型の安定性とナチュラルな音鳴りのために低重合度のストレート塩化ヴィニールを特別に配合しました。仕上がりはやや黄色がかった透明盤となりますが、これは原料のヴィニールそのままの色です。

100purelp

●メタルマスター・プレス
通常レコードを量産する場合、カッティング後にラッカー盤(凹)メタルマスター(凸)メタルマザー(凹)スタンパー(凸)の4工程を経てプレスに至ります。
本シリーズにおいてはメタルマザーとスタンパーの2工程を省き、メタルマスターからダイレクトにプレス。より忠実な溝の成形を目指しました。ただし、耐久性に劣るため、数量は完全限定となります。

metal-press
●DSDダイレクト・トランスファー・カッティング
本シリーズの基となるマスターは、2010年より発売され、全世界のオーディオファイルに大好評を博しているSA-CD~SHM仕様シリーズに使われたDSDファイル。アナログ・テープからのフラット・トランスファーを基本に、経年によるダメージ部分を可能な限り修正した望みうる最高のデジタル・マスターです。
そのマスターを、DSDワークステーションとして圧倒的な信頼を誇るSonomaから、俗称銀箱と呼ばれるSONY特製K-1326 D/Aコンバーターのアナログ出力を通してダイレクトにカッティング・コンソールに入力。イコライザー、リミッターコンプレッサー、カットフィルター、低域位相補正等の電気処理は一切通しません。このシンプルな回路構成によって、カッティング・レベルを競うのではなく、音の鮮度とダイナミックレンジを重視したマスターに忠実な音作りを目指します。
尚、再生歪を軽減させるため、音溝は可能な限り外周に寄せてカッティングします。



Rock&PopsJazz 合わせて15タイトルの発売。
自分もこのうち6タイトル持ってるんで聴き比べたいです。

そして、レコードと言えば、
レコードアクセサリーも重要ですよね!

オヤイデ新製品 BR-12 も好評発売中です!

よろしくお願いします!


佐々木でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿