2017年6月12日月曜日

A4サイズは紙の王道サイズ!!

コピー用紙などを筆頭に我々の身の回りにある紙はA4(210×297mm)サイズが大半を占めています。
しかし、用紙サイズってA3もあればB5もありますね。 ではなぜA4が主流なのでしょう?

調べてみると紙のサイズにはA列(A3やA4など)とB列(B4やB5など)があり、A列は国際規格(ISO)なのに対し、日本のB列は江戸時代の公用紙だった美濃紙に由来していて、国際的に互換性がないそうです。
そして1993年に行政文書の用紙を原則としてA判に統一するという出来事があり、90年代後半のパソコンやプリンターの普及によりA4がより一般的に普及したというわけですね。
A4判化についてはこちらのページの解説が分かりやすいです。→現代キーワードQ&A事典「A4判化」


尚、数々の王道マンガを排出するみんなのバイブル『週刊少年ジャンプ』はB5サイズでした。



さて遡ること昨年春、オヤイデではバルカナイズドファイバー(赤ファイバー)のA4サイズカット売りを始めました。

これまで「1250mm×1000mmなんて使い切れないよ!!」といった、販売サイズの大きさゆえに購入に至らなかったお客様から好評を頂いておりますが、これにより予期せぬ反響がありました。


「ノーメックス紙ではA4サイズやらないんですか?」

赤ファイバーと双璧をなす電気絶縁紙、ノーメックス紙

通常販売サイズはこの通り。
ファイバー紙もノーメックス紙も、オヤイデ電気としては電気絶縁用の部材として取り扱っていた商品ですが、インターネット等で用途を確認すると工作目的で使用されているケースが多いことが分かります。
オヤイデブログでもこのところノーメックス紙を紹介する記事を書いていましたが、やはり販売単位が大きいと購入に二の足を踏んでしまうのではないかと感じておりました。




ならばということでこの度ノーメックス紙でも使い切りに適したA4サイズの販売を開始しました!!


http://oyaide.com/catalog/products/nomex_013_a4.html

http://oyaide.com/catalog/products/nomex_025_a4.html



0.13tは1枚518円! 5枚まとめて購入すると1枚あたり432円!
0.25tは1枚648円! 5枚まとめて購入すると1枚あたり540円!

※ロール状態の製品をカットしているため、形が多少湾曲しています。


また、ファイバー紙も一部色やサイズが追加となります。


ファイバー紙0.5mm厚カット品(A4サイズ) 灰色(数量限り)
ファイバー紙1.0mm厚カット品(A4サイズ) 赤色



ノーメックス紙もファイバー紙も、電気絶縁用途から工作部材まで様々な用途で使われる商品です。
「1m長のものは使い切らないけどA4サイズだったら。」
「長物を買っても必要な分だけ切り分けるのが大変だった。」 
といったお客様は是非A4サイズをお試しください!



↓お問い合わせはこちらまで↓
直売店舗 TEL:03-3253-9351 FAX03-3253-9353
本社 TEL03-5684-2151 FAX03-5684-2150(24h)
 E-mail:webshop@oyaide.com


 齋藤新でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿