2017年8月26日土曜日

良いモノを選びたい!あなたならどうする?!電線屋の提案。

ごきげんよう。ここのところ日常を如何に快適に過ごすかということばかりを考えてしまいます。オヤイデ電気です。
オヤイデ電気といえば秋葉原の電線屋。最近の売れ筋はポータブルオーディオ用のケーブルとかプラグです。然しながらお店には超極細ケーブルから産業用のぶっとい電線までよろず取り扱っており、電材やら、オーディオ用アクセサリーやら、お客様のニーズに寄り添った商品展開をしているのでございます。

そうなのです、お客様の声あってのオヤイデ電気、お客様の要望とあらば可能な限りを尽くしたい!いや、それ以上のご提案を目指しているのでございます!

そんな中、今の状態を改善したいとか、改良したいとか、ケーブルに興味があるなどといったご相談がよくあります。要するに「ケーブルを変えたい」というね、ごく真っ当なやつです。そりゃ電線屋来て、靴紐を102 SSCにしてみたいなんて奇特なお客さんは来ませんな。それはそれでご相談には乗りますがね。笑

まあケーブル変えたいって人にも色々訳がございまして、音の改善は勿論、フレキシビリティ(素材の柔らかさ)や、色、見た目、ケーブルの仕様etc… きっとあなたにも思い当たる節があったり、今後出てきたりするのでしょう。

中でも音質改善というのは音楽・オーディオ好きには普遍的なテーマともいえます。MP3?ノンノン、AIF?いやいや、FLAC?じゃそれで。音楽のフォーマットの違いで音楽の奥行きを楽しむのも一興なら、オーディオ機器やその周辺にこだわってみるのも面白いじゃないですか。

何でもそうですが、興味を持てば持つ程追求したくなるのが人間の業(カルマ)。そしてまた、人はそれを「沼」と呼ぶのです。でそこで我々は沼へようこそ!とばかりに手招きをしている軍団と思われ勝ちっちゃ勝ちですが、そういう訳でもないのです!。 あれもあるよ、こんなのもあるよとお客様を惑わせていては商売にも影響します。

でも迷いますよね~。私もこの間20万位するオーディオインターフェースを試聴したのですが、今使っている安っすいのと比べると風邪引いている時と全快の時くらい音の聴こえ方が違ってですね、愕然としました。安いインターフェース3台分で買えるのかと正に今、悶々としている今日この頃です。おっと話しがそれている。

と、今の世の中色んなモノが選びたい放題な中、じゃあ良いモノを選ぶにはどうしたらいいんじゃいということになり勝ちです。ひとつは自分を信じて試す。これはまあまあ確実ですよね、欲しいモノが手に入りますから。ですが、試すことも難しいモノってあるじゃないですか。そんな時頼りにするのがその商品の評価だったり価格だったり。でもお店に行くとラッキーな場合色んなことを知っている店員さんに自分の理想に近付くためのアドバイスをしてくれて、欲しいモノへの後押しをしてくれる場合がありますよね。

それは我々オヤイデ軍団の目標でもありまして、極力お客様のご要望に応え、時にはご要望を忖度してですね、「だったらこんなモノや方法もありまっせ」という気の利いたご提案が出来た上で、それがご要望に合致なんかしたら、接客冥利というやつになる訳です。

そんな関係ない話を織り交ぜつつ、さあ、ケーブルを変えて更に理想の音に近づけようじゃありませんか!(無理矢理軌道修正)

それにしてもケーブル変えてみようなんて普通考えもしないはずなのに何でなのでしょうかね、あなた、今もう既に考えてますよね?! 私も考えてます。まあ私の場合は「この素材と組み合わせ、構造であんな感じの音質傾向になるんじゃないかな~」何てな感じの妄想ですが。

さてさて、ケーブル替えてみたい、新しいケーブルが欲しいあなた。ケーブルに何を求めていらっしゃいますか?
    音質
    使い勝手
    見た目
まあどれも重要な要素ですよね。

理想の音に近づけるという意味では重要なのは「音質」です。但し、解像度が高い、レンジが広い、澱みなくクリア、分解能に優れている、なんて要素が「良い音」って訳でもないのが個々の好みというやつ。だから我々も色々とネタ(商品)を用意しているのです。「聴き心地がいい」のと「高音質」は同じではありません。同じソースでもレコードが気持ち良くてハイレゾが気持ち悪い場合だってあります。

大事なのは自分が何を求めているのか。それに尽きます。例えばバンドマンなら音質は然ることながら使い勝手も大事。でもケーブルの太さや硬さ、この位なら許せる、みたいな条件がある中で我々は「だったらコレ如何ですか?!コッチは?!」と、ご提案差し上げるんですね。

オーディオの人なんかには「この太くて硬いごっついケーブル、低音も高音もビシッと出るし、あんさんのシステムに持って来いだっせ!どないです!?でもシステムと壁の間30㎝は空間がないとケーブルの居場所があらへんねん…」なんてご案内をさせて頂く場合もあったりして。

要するに必要としているモノは人それぞれです。その人ひとりひとりに合った商品をご案内したいので、ひとりひとりのご意見・ご要望をお聞きしたいのです。そしてあなたにベスト・バイをして頂きたい!

「ちょっと待ってくれ!俺はケーブルのことそんなに詳しくないし、何が自分に合っているのかさえ見当がつかない!だけど良いものが欲しいんだ!でも予算は3000円なんだ!なんかお勧めありますか?」

そんな声にもお応えします。兎に角、皆さんが欲しい「良い音」にケーブルでお手伝いが出来ればと、そのように思っている次第なのです。だから何かちょっとでも興味を持ったり、解らないことがあったり、ケーブルについてもっと知りたいとか、ご意見・ご要望を我々に投げかけてください! きっとご満足頂けるよう最善のサービスをさせて頂きます!

どうしたら自分好みの音のケーブルに出会えるのか彷徨っている貴方! 是非オヤイデ電気にお問い合わせください。店舗・オンラインショップではオリジナル商品に限らず、各メーカー商品を多数取り揃えておりますので、こんな感じのものが欲しいとおっしゃって頂ければ、要るもの・要るだけご用意します!

オーディオ・産業用電線・電材のことなら
オヤイデ電気 秋葉原店店舗
03-3253-9351

オヤイデ製品のことなら
オヤイデ電気本社
03-5684-2151

メールでのお問い合わせは

0 件のコメント:

コメントを投稿