2017年3月29日水曜日

自作派の強い味方!アルミクイックバイスでがっちり固定しちゃってください!

※画像製品には作業性を高めるためアセテートテープを貼っています。
そうこれ、オヤイデで売り始めてからかれこれ5年の月日が経ちましたが、何でしょうこれ、何気に定番商品と化してしまっております。しかしこれよくあるバイス(万力)とは若干形が異なりますよね。何用?って感じですが、これはボール盤などの機械に取り付けて穴あけなどの対象物を固定するためのバイスです。

ところがオヤイデさんとそのお客さんたちの使い方はちょっと違っておりまして、このバイスにプラグやコネクターを固定してはんだ付けしたり、電源ケーブルを作るときにプラグを固定して導体を差し込んだりと、ケーブル自作用に応用してしまっているんですね。だって便利なんだもん。
アセテートテープのほかにもフッ素系テープASF-110を使っても作業性・耐熱がアップします!
その便利なポイントはこのバイスの形と機能じゃないでしょうか。通常バイスといえば何だか武骨でしっかりと固定して使う感じですが、このバイス、まあお手軽。でもちょっとでかい。だけどそのちょっとでかいところが安定感をもたらします。でも邪魔にならないっていう、まあ都合のいい女(男)のように、あなたのそばにそっと寄り添ってくれるのがこの「アルミクイックバイス」なのです!

そもそも我々オヤイデ電気は自作派そう!あなたの味方!。であれば自作をするのに出来るだけ低コスト且つ快適な環境をご提供したい訳です。だから日夜自作するのに便利な商材を探し、あなたにとってちょうどいい商品をご紹介することで、あなたは快適な自作環境を手に入れる、我々はお金を儲けるというWINWINなイヤらしい話が成立するのです!笑

まぁそんなこたぁどうでもいい話ですが、この「アルミクイックバイス」、じゃあ何が便利なのさって話をしましょうね。

さあこの「アルミクイックバイス」、重量は大体470g、縦240mm305mm、横115mm、高さ57mm。最大開口65mm、口幅68mmなので大概のオーディオ用端子なんかは挟めちゃう訳です。その上ハンドルをぐるぐると回すとバイスの開閉をするのですが、なんかボタンみたいのがついてますがこれはですね、押すと開閉が一気に出来ちゃうんですね、だからぐるぐる回してるのがまどろっこしいときとかは、ボタン押して一気に開閉しちゃえばいいんですよ!なんて便利!
で、微妙な開閉はハンドルを回せばほら、ベストな閉まりっぷり。でね、ケーブルを固定したり、プラグ・コネクターを固定します。何なら2の「アルミクイックバイス」でケーブルもプラグも固定しちゃえばほら、両手が使える!片手にはんだごて、片手にはんだを持てる幸せ、そんな感覚を感じられるのです!
でね、慣れてきちゃうと1台使いでも十分使いこなせてしまうのがこの「アルミクイックバイス」。使う場所を選ばず、机にポンと置くだけなのに何この安定感!はんだ付けをする手も軽快に、何本でもケーブルが作れちゃうという、あんまり快適なもんだからやる気まで出てくるという相乗効果抜群の「アルミクイックバイス」、是非一家に1台いや、2台!ご用意されては如何でしょう。
さ、本日のテレビショッピングはこのあたりで終了となりますが、お買い求めは下記バナーをクリックして頂ければいつでもご購入可能です!ぜぜぜ是非!

アルミクイックバイス過去の紹介ブログはこちら!



2017年3月27日月曜日

細物チューブがここにある。音導管にも使えちゃう!




暖かかったり、寒かったり、そんな日が続いておりますが、
体調は崩されておりませんでしょうか?
僕は踵を怪我しました。

やってまいりました
週刊サンデン!

今回はお客様からのお問合せが最近増えたので、
下記商品についてブログを書こうと思います。

細物チューブ
の巻

オヤイデ電気では......
・ビニルチューブ
・シリコンチューブ
・イラックスチューブ
などなど、
用途によって様々なチューブを取り扱っております。
上記はサイズ的にも比較的細いものもご用意が御座います。

これらの細物チューブは
カスタムIEMの音導管
にも使われており、
先述の通り、最近お問い合わせが増えているんです

綺麗!使用されているチューブが気になる......

今回オンラインショップのバナー画像を
株式会社くみたてLab様のブログ
より拝借いたしました。
ありがとうございます。
ちなみにくみたてLab様はどこのチューブをお使いか存じ上げておりません......
今度聞いてみようかな......

音導管でご使用されるこれらの細物チューブ
取り扱いサイズ特徴用途別にご紹介致します!

始めはビニールチューブでございます!
ビニルチューブは、電気機器のみならず、
あらゆる分野で巾広く使用されています。


☆取り扱いサイズ☆
0.5mm~12.0mm
※さらに太いサイズは取り寄せになります。

☆特徴☆
温度定格:60℃以下

☆用途☆
電気機器、計測器、通信機器・装置等の電気絶縁、保護、識別等。

こちらは10m巻で販売しておりますが、
たまに半端物として短い長さが買えるかも!?
店頭スタッフにお問い合わせください!


柔らかいことで有名なシリコンゴムを押し出したチューブになります。



☆取り扱いサイズ☆
1.0mm~10.0mm

☆特徴☆
耐熱性、耐寒性、柔軟性に優れています
連続使用温度180℃

☆用途☆
耐熱用配線の各種コード端末の保護用
電気絶縁用、押し出しパッキン、他

シリコンゴムチューブは硬化したレジンとくっつかないとのことで、
選ばれる方がいらっしゃるようです。
埃が付着しやすいのでご注意ください!

続いてはイラックスチューブの紹介です。
知らない方も多いかと思いますが、
電子線架橋軟質ポリオレフィン樹脂で
ビニールチューブよりも肉厚の薄いチューブなんです!



☆取り扱いサイズ☆
0.7mm~4.0mm

☆特徴☆
耐油性・耐薬品性に優れる
透き通った色彩
連続使用温度:-55℃~+105 ℃

☆用途☆
抵抗、コンデンサ等のリード線の絶縁、保護
高温にさらされるリード線、部品保護
AV 機器、 OA 機器、通信機、計測器等の配線用リード線の絶縁

主に絶縁用途ですね!
耐熱も高めで扱いです。
しかもこれ引っ張ると伸びます!


最後はポリイミドチューブをご紹介!
文頭では語らなかったこちらのチューブはハイスペックなんです。
耐寒耐熱性はなんと-269℃~+400℃
衝撃や屈曲の繰り返しに強く、剥離や破れの恐れがないため、
可動部分でのご使用も可能



☆取り扱いサイズ☆
0.2mm~1.0mm

☆特徴☆
耐熱性
耐寒耐熱性はフッ素樹脂を超える-269℃~+400℃。
熱硬化性のため800℃以上では炭化。
不溶不融・非延焼性。
自己消火性を備え、有毒ガスを発生しないため安全面でも優れています。
接着性
ほとんどの接着剤で有効に接着できます。
また、アルカリ以外の薬品や放射線にも強い特性を持っています。
耐屈曲性
特殊な多重構造になっていて衝撃や屈曲の繰り返しに強く、
剥離や破れの恐れがないため、可動部分でのご使用も可能。
作業性
腰が強く、滑らかで摩擦が少ない表面を持つため、
チューブに線を通す作業が手早く簡単にでき、
優れた耐熱性はハンダ付け作業にも安心。
ハンダやハンダごてでリード線被覆を溶かしません。

☆用途☆
温度センサー:サーミスター/測温抵抗体/熱電対/サーモスタット
ヒーター:ヒーター素子・リード線/はんだごて素子・リード線/ポリエチレンガス管継手ヒーター線
小型モーター:真空用モーター/超耐熱モーター/振動モーター(シャフトピン絶縁)/小型精密モーター
その他トランス/コイル/自動車電装部品/基板検査装置/原子力機器/測定器

こちらは1mのカット品販売となります。
カスタムIEMでの使用例は見つからなかったのですが、
こちらも使えるのでは?と思ってご紹介しました。
もし使っている方いたら使い勝手など教えて頂けると幸いです!

いつか僕もカスタムIEMを......
齋藤薫でした!

TEL03‐3253‐9351

2017年3月24日金曜日

WM用ドックキットなど、ポータブルオーディオ用部材が続々入荷!

大変お待たせ致しました!
   Sony WM Dock Kit   
待望の復活!
以前取り扱っておりましたウォークマン用ドックキットが
遂に再販売できるようになりましたよ!

今回も「マニュアル付き」で安心設計。
付属のチップ抵抗値から「15kΩ(別売)」に変えることで、ボリューム可変式にもアレンジ可能。

1セット¥800(税別)
是非この機会に自作してみては如何でしょうか?!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

   AG/OCC (7/0.1mm)    
細くて見えにくいですが、実際も外径0.6mmと細いです!
リケーブル用に”ちょっと特殊な線材”が入荷しました!
こちら、素線構成が「銀3本」と「銅4本」の複合撚線構造となっております。
音質も分かりやすく「銀と銅の良いとこどり」したような、鮮烈な音質傾向と言えます。

断面積は0.05sq、外径が0.6mmと細径になっておりますので、
4本編みだけでなく、8本編みにも挑戦してみてください!

1m¥840(税別)
ちょっと面白いリケーブルを作りたい方、必見です!

サンプル用MMCXリケーブルも製作致しました!
試聴用サンプルも作ってみましたので、ご来店の際には是非聞いてみてくださいね。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

   極軟!OFC導体MMCXリケーブル 1.2m   
数量限定!早い者勝ちです!
超柔らかいMMCXリケーブルが入荷しました!
導体にはOFC線を採用。

MMCXコネクター部分。スプリッターもついています。
Y字分岐部にはメタルパーツを採用し高級感があります。
3.5mmステレオプラグも金属パーツで、
スリムな外径で狭い場所でもお使い頂けます。
しかも価格は¥3,000(税別)とお買い得!
音質はナチュラル傾向で解像度も申し分なく、耳馴染みの良い音色です。

抜群のコストパフォーマンスを実現しています。
是非お試しください!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

皆様のご来店をお待ちしております!

以上、原田でした。

=====================


営業時間:10:00~19:00

〒101-0021
東京都千代田区外神田1-4-13
☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!
✉webshop@oyaide.com

2017年3月20日月曜日

電子部品の絶縁、固定に!寺岡製作所ポリエステル粘着テープ【631S #25】取扱始めました!

こんにちは。
本日は電子部品の絶縁、固定に最適なポリエステル粘着テープのご紹介です!
まずはポリエステルテープの簡単なご説明から。


ポリエステルテープは基材にポリエステルフィルムを使用した粘着テープで、強い粘着力を持ち、耐熱性、絶縁性にも優れ、電子部品など幅広い作業現場で使用される優れものなんです!


当店ではすでに、日東電工のポリエステルテープ No.31Dの取扱いがあるのですが、両者の違いはというと、粘着剤の違いで、日東電工のポリエステルテープNo.31Dはゴム系粘着剤寺岡製作所のポリエステルフィルム粘着テープ631S #25アクリル系粘着剤になっています。
(両メーカーともに、ゴム系、アクリル系のポリエステルテープがあります。)




ゴム系 アクリル系
粘着力
耐熱性
耐寒性
耐候性 ×
耐溶剤性

ゴム系粘着剤とアクリル系粘着剤の特性




また、ポリエステル粘着テープ 631S#25はUL規格認定品で、温度定格は130℃になります。


寺岡製作所 ポリエステル粘着テープの構成



コイルに巻いても端末はがれを起こしにくい優れた粘着力で、トランスの外層・内層絶縁に適しています。
エナメル線に巻いてみました。



5mm~25mmまでとサイズも豊富で、秋葉原の店舗、オンラインショップで絶賛販売中!


営業時間:10:00~19:00

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353
メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!✉webshop@oyaide.com

ツイストペアシールドと通常のシールドの違い。実は・・・。

祝日でゆっくりお休み中のところ、突然ですが、
ツイストペアシールドってご存知ですか?
祝日ですけど、今週の「週間サンデン」です。
どんなケーブルかって言いますと、文字通り
「ツイストしてあるペアの電線に、外からシールドしているケーブル」です。

オヤイデ電気で販売しているものですと、例えばこういったケーブルです。


SPMC(写真は8芯です)

ツイストペア構造のため、耐ノイズ性や信号特性が良好です。
主にRS-232Cケーブルなどに使用されます。
ツイスト感が、あんまりないんで実際に剥いてみると、こんな感じです。



それでもわかりづらいですけど、2本のケーブルがツイストされています。
上の写真は14芯(7ペア)です。

オヤイデ電気では4芯(2P)~14芯(7P)まで1m~切り売り販売しております。
お求めは、こちらから。

もうひとつ、よくお問い合わせをいただくケーブルがこちら。



工場内の信号伝送、遠隔操作、監視装置などの計装用に使用されるケーブルです。
RS-422、RS-485にご使用いただけます。
耐油、耐燃、耐熱、耐ノイズに優れる、万能ケーブルです。
オヤイデ電気では、0.3sq1P(2芯)~5P(10芯)まで切り売り販売してます。
その他のサイズや、芯数はお問い合わせください。
お取り寄せいたします。


2Pと1Pです。

正直なところ、ツイストペアシールドって、あんまり在庫しておりません。
ただ、「もうちょっと細い、2ペアのシールド線ないの?」など、
様々なご要望をいただきます。
ペアになってないものなら、ございますが・・・」となってしまっているのが、
現状でございます。

じゃー、「ツイストペアじゃないシールド線」って、実際のところ、
どんな構造になっているのか、ご存じですか?
って、ことでちょっと剥いてみます。




剥いてみるとこんな感じです。わかりずらいんで全部の被覆を剥いちゃうと・・・


わかりづらいですけど、一番上のFKEV-SB以外は
4本が一まとめに束ねられているだけでした。

じゃー、2芯はどうなのかということで、剥いてみます。




剥いてみます


ん?


全部ツイストしてあるじゃん!

じゃー、他の2芯シールドは、どうなってんの?ってことで、
かたっぱしから剥いてみます。






全部ツイストしてありました。

おそらくですが、ケーブルを製造する際に、丸形の成型するために2芯の場合は
ツイストされる場合が多いんだと思われます。

というわけで、1ペアのシールド線をお探しの場合は、
2芯シールドを選ばれても大丈夫な場合が多いです。
ご心配の方は店舗スタッフまで、お気軽にお申し付けください。
その場でケーブルを剥いてご確認いただけます。

ご不明の点がございましたら、下記までお問い合わせください。


TEL03‐3253‐9351

以上、根津でした。



2017年3月13日月曜日

オヤイデ春のスタッフ募集!@秋葉原店舗

=スタッフ募集のお知らせ=

-  株式会社小柳出電気商会  スタッフ募集要項  -

◯業務内容: オヤイデ電気 秋葉原店舗: 販売及び商品管理など(重量物の持ち運びあり)

◯勤務地: オヤイデ電気秋葉原店舗 所在地: 東京都千代田区外神田1-4-13

◯時給: ¥1,100-(研修期間2ヶ月¥1,000)~

◯資格: 20~35歳位までの方(要原付免許)

◯待遇: 従業員割引制度有 制服貸与 能力により昇給あり 交通費規定支給

◯社員登用: 勤務状況により考慮

◯期間: 長期

◯勤務時間: 10:00~19:00(週5~6日)

◯休憩時間: 1時間

◯休日: 日曜定休(祝日営業)

◯必要書類: 履歴書(写真貼付)

産業用電材の販売、オーディオ・プロ用機材などのケーブル、オーディオ・アクセサリーの製造・販売、商品管理、オンラインショップ企画・運営などに携わる業務です。

応募方法:電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください。
お問い合せ Tel:03-5684-2151 メール:webshop@oyaide.com 担当:川内




【UL2517】ロボットの関節をしなやかに!細くて軽い「EXT-3D」って何者?

本日の主役

昨今、様々な分野でロボットに関するニュースが賑やかで、、
それらに一喜一憂したり近未来に夢を馳せたりすることも増えたように感じます。


個人的に最近気になったニュース

人間の指の動きまで完全模倣する超高性能ロボットハンド◆

代理ロボットが挙式列席 カップルに貸し出しサービス◆

ロボットがいる居酒屋に行ってみた!◆

ロボットに最初に奪われる、5つの職業とは?◆

福島第一原発1号機 14日からロボットで内部調査へ◆




そんなロボット産業を語るうえで切っても切れないのが
ロボットケーブル(=FAケーブルとも呼ばれます)です。
※FAはファクトリーオートメーションの略称です。

http://oyaide.com/catalog/categories/c-2/categories/c-2_202.html
オンラインショップへはこちらからどうぞ ※カールコードはUL規格外です

ロボットケーブルは汎用のキャブタイヤケーブルにも似ていますが、特に重要視される特徴は
①薬剤や火器のある工場内でも安全に使用できる「耐油性」や「耐熱性」
②曲げたり伸ばしたりの繰り返しに強い「屈曲性」や「耐捻回性」
 以上の2点だと思います。

ニッチながらも電線業界で今最も熱いと言っても過言ではないロボットケーブル市場。
そしてロボットに限らす、電線産業では「小型化」「軽量化」の波が止まりません。
そこで今回ご案内したいのがこちら!


EXT-3D/CL3X/2517 300V LF


EXT-3D-SB/CL3X/2517 300V LF(シールド付)
メーカー:太陽ケーブルテック
カタログ情報はこちら→EXT-3D(PDFファイル)
                 →EXT-3D-SB(PDFファイル)

オンラインショップではどちらも1mからご購入可能です。
ちなみに EXT は 『エキスト』 と読むようです。
EXTシリーズは太陽ケーブルテックさんの可動部用ケーブルです。 EXT-3DはそんなEXTシリーズの中でも、
高弾性TPE(熱可塑性エラストマー)というゴムような弾性を持った素材を使っているため、
ビニール素材等の製品よりも捻れに強く軽量細さと言った点で優れています。


しかし、細い軽いと言われても実際にどのくらい違うのか?
ということで、オヤイデで取扱いのある 
キャブタイヤ&ロボットケーブルカテゴリの多芯ケーブルを比較してみました!
(条件が近くなるよう、サイズは「0.5sq」 または「AWG21~20」で統一。)
各サイズとも最小外径・最軽量だった数値を赤文字にしてあります。

標準的なVCTFやMVVS(標準マイクコード)と比べてみると一目瞭然。
EXT-3Dが最小&最軽量、、、ではなかった(笑) 


 芯数(ペア数)が少ない物はEXT-3Dが最小ですが、
多芯になるとKVC-36の方が細いという結果になってしまいました! 

思わぬ伏兵が、、、 KVC-36 KVC-36SB も人気商品です。


これは構造的な理由で、EXT-3Dが2本1組のツイストペアなのに対し、
KVC-36 0.5sq は1本1本を束ねた撚り合わせ(集合撚り)だからこのような結果になったと考えられます。
(※KVC-36、36SB も 0.3sq以下はツイストペア構造です。)
 

だがしかし、素線+絶縁体だけを比較すると今度はこのような結果になります。
 


絶縁体を比較するとEXT-3Dが圧倒的に薄くて細い!
ロボットの小型化、軽量化にはやはりEXT-3B、EXT-3D-SBがオススメです。


ロボットケーブルはここでご紹介した以外にもロボトップ(大電)なども取り扱いがございます。
その他、ご希望のメーカーや仕様についてもお調べ&お取り寄せ致します。

研究や試作等でちょこっとだけロボットケーブルが必要なんてときは、ぜひオヤイデをご利用ください。
明るい未来を担うお手伝いができるよう、お力になれる日をスタッフ一同お待ちしております。




↓お問い合わせはこちらまで↓
直売店舗 TEL:03-3253-9351 FAX03-3253-9353
本社 TEL03-5684-2151 FAX03-5684-2150(24h)
 E-mail:webshop@oyaide.com



齋藤新でした。

2017年3月7日火曜日

【オヤイデ/NEOアーカイブ】ケーブルで変わる音の世界 Featuring DJ KRUSH

随分前になるのですが、GROOVEという雑誌でDJ KRUSHさんにケーブルについてあれこれお話しして頂きまして、この記事がとても良記事なのでアーカイブがてら、是非皆様にもご覧頂ければこれ幸いでございます。
記事中のオヤイデ/NEO製品は廃版→リニュアルした商品もございますが、細かいことは気にせずお楽しみください(笑)
ケーブルで変わる音の世界
Featuring DJ KRUSH

ケーブルは機材をつなぐ血管のようなもの
ミュージシャンに楽器が欠かせないように、DJやクリエイターにとって機材は必要不可欠な存在。そして近年、それらをつなぐケーブルの重要性にも注目が集まっている。なぜなら、ケーブルの品質が音のクオリティに大きな影響を与えるから。リスニングオーディオやエンジニアリングの世界では昔から常識とされてきた事実が、DJやミュージシャンの間でも共通認識になってきているのだ。今回はそんなクリエイターの一人として、DJプレイ/制作の両面でハイクオリティなケーブルを活用して質の高いサウンドを発信し続けるDJ KRUSHに、ケーブルで変わる音の世界について語ってもらった。

いきなり自作にハマる
■ KRUSHさんがケーブルによる音の変化を意識するようになったのは、何かきっかけがあったのですか?
□ 昔、まだカセットMTRしかなかったような時代を振り返ってみると、機材を買うだけで手一杯で、正直ケーブルまでは目が向いてなかったね。まずは機材で、音が出ればそれで良かった。ケーブルで音が変わるなんて思ってもいなかったね。その後DJを始めて、自分で曲も作るようになって、スタジオに入り始めて、そこからです。スタジオに行って、ラインや電源に太いケーブルが使われているのを見たり、エンジニアさんと話をしたりする中で、いろいろ興味が出てきた。

■ ケーブルで音が変わるということを知識として知るのと、それを自分で聴き分けるのはまた違いますよね。
□ 僕らはアルバムを作るとき、それこそ1曲を何時間も根を詰めて作っているわけで、エンジニアさんにまでは届かないかもしれないけど、ある程度の耳はできていると思う。だからケーブルによる違いも、ちゃんと聴き分けられるようになってきたのかな。あとは長年一緒に仕事しているエンジニアの三好(敏彦/HAL STUDIO)さんからの影響も大きいですね。あの人からはすごくいろんな話を聞いた。エンジニアって、僕らとはまた違った形での”音職人”じゃないですか。音質を左右するものは隅々まで追求して、それが良い仕事につながっていく。シールドも、最高のものを求めて端から端までビッチリそろえていく。それにはすごく影響されましたね。僕らもDJだから、やっぱり良い音で届けたいというのは同じだし。

■ ケーブルによる音の変化を初めて実感した瞬間を覚えていますか?
□ 自宅システムのラインケーブルを、赤白の普通のRCAケーブルから自作のRCAケーブルに替えたときですね。それも三好さんにアドバイスしてもらって、最初にケーブル替えるなら何がいいかということで、秋葉原でベルデンのシールドを切り売りで買ってきて、ノイトリックのプラグを自分でハンダづけして作ったんです。ハンダの種類までちゃんと選んでね(笑)。それで替えてみたら、全然音が違うのでびっくりした。

■ どんなふうに変化したのですか?
□ 音が太くなって、グッと真ん中に集まる感じ。その変わり具合も、思っていた以上でしたね。ここまで変わるのか!って。それでまた追加で何mもシールド買ってきて、システム全部のケーブルをベルデンで統一したんです。自宅は今でもそれを使い続けていますね。

■ いきなり自作というのがすごいですね。
□ 凝り性なんですよ。最近しばらく作ってないですけどね。でもハンダは何がいいかとか、いろいろ選ぶのは面白い。自分で作ったものだと大事にするしね。

■ ラインケーブルだけでなく、電源ケーブルも替えているそうですね。
□ オヤイデ/NEOBlack Mambaという電源ケーブルを、オーディオインターフェース(MOTU 828MKII)に使っています。音のスケールがふた周りくらいドーンと広がって、奥行きのあるクリーンな音になりました。スネアの裏側の空気感まで分かるくらい。もう全然違うのでびっくりしました。ここまでいくと、家の電源まで替えたくなる(笑)。みんなこうやってハマっていくんでしょうね。

良い音を届けるのに欠かせない
■ DJの現場ではどんなケーブルを使っていますか?
□ レインScratch LiveのインターフェースとDJミキサーの間にオヤイデ/NEOのPA-02DJ。これは音のレンジが上下左右にサッと広がって、緻密な感じになりますね。あとUSBケーブルオヤイデ/NEOのものを使ってます。USBケーブルでも音が変わるなんて思っていなかったけど、これが変わるんだよね。

■ 現場で聴き比べてみたのですか?
□ 海外で初めて使ったとき、今までのUSBケーブルも一応サブで持って行ってたので、聴き比べました。もう全然違ったよ。全体的に見通しが良くなったというか、ベールがとれてクリアになった。最初に聴いたときは3秒くらい固まったもん。あれ?変わっちゃった!って(笑)。PAの大音量で差が出るのは当然として、ヘッドフォンで聴いてもちゃんと分かるレベルの変化でしたね。

■ モニターの音が良くなるとプレイも変わるでしょうね。
□ やっぱり気持ち良くできるからね。基本的になるべく良い音で届けたいから、ファイルもMP3じゃなくAIFFかWAVで出しているし、下手すると自宅でマスタリングして気持ち良い音にすることもある。それと同じで、今となっては個性的なケーブルも欠かせないものになりましたね。一度良いものを使うと、以前のクオリティには戻せないですから。あと見た目もけっこう目立つんですよね。ラインケーブルは藤色で、USBケーブルが白で。

■ KRUSHさんの場合は、ブースにかぶりつきで見てるキッズも多いですからね。
□ 特にUSBケーブルはブラックライトが当たるとかなり目立つ。そういうのもけっこう大事です(笑)。もちろん音が最優先ですけどね。

■ あと、高級ケーブルは耐久性の面でも安心なのでは?
□ 機材に付属してるケーブルよりは全然強いですよ。僕らは現場で毎日のように抜き挿ししてるわけだから、そこもすごく重要。それにこういうのを使うようになると、コードを持って引っ張ったりしないようにとか、そういうことも覚えてくるし。

■ これからケーブルを試そうというDJにまず薦めるとしたら?
□ やっぱりとっつきやすいのはラインケーブルかな。そこからもっと良くしたいと思ったら次は電源ケーブルUSBケーブル……でもそれぞれで変わるから、順番なんてないよね。全部一度に替えれば一度に変わる(笑)。ケーブルなんて地味なものだと思うかもしれないけど、機材をつなぐ血管のような存在だから、そこには良いものを使わないとね。もちろん値段も安くはないけど、それだけ音は変わるから、一生懸命お金を貯めて、この世界に足を突っ込んでほしい。それでどっぷりハマっちゃってもあとは知らないけど(笑)。


2017年3月6日月曜日

温度、風量可変タイプヒートガンが凄いパート2!HAKKO FV-310

こんにちは!

『週刊サンデン』ブログです。


2月6日の週刊サンデンブログで紹介した


温度・風量可変タイプヒートガン

『HAKKO FV-310』

ブログアップ後、こちらが想像していた以上の
リアクションがありまして、それならば、
この
『HAKKO FV-310』のを使ってこんな事だって出来ちゃうよっ!
と、さらなる魅力を!引き続き
ご紹介したいと思います!


~~:
~~:~~:~~:~~:~~ー:~~:~~:~~:~~:~~:~




このヒートガン
『HAKKO FV-310』、最大の魅力は何と言っても
温度と風量を、それぞれのツマミを使って細かくコントロール出来る事
このツマミで、温度範囲50~530°C、
風量範囲0.15~0.25m3/minにコントロールが可能です。 





温度、風量が可変式では無いヒートガンでは、
熱収縮チューブ等の作業時に、
熱がかかりすぎて、穴を開けてしまったりして、
特に、長い箇所に、厚みの薄い収縮チューブを被せる時などは、
注意しながら作業していても、失敗する事がよくあります。

この問題点が、可変コントロールが出来る事で、容易に解消されます!
これは、ホントに便利で、作業効率を何倍にも上げてくれて、
尚且つ、精神衛生的にも、very good!
PETチューブ(ポリエチレン配線保護チューブ)のような
ポリエチレン系のものに、熱をかけすぎてしまうと
簡単に溶けて穴があいてしまいます。
上の穴があいてしまった画像時のツマミの設定がこれ。
だいたい300°C位の温度設定で、数秒で溶けてしましいました。

この表でみると分かりますが、
温度調節はツマミの数値が上がると温度も上がるのに対して、風量は、その逆。
ツマミの数値が小さい方が温度は高くなってます。


温度・風量可変タイプコントロールヒートガン・FV-310
だから出来た、面白い事をご紹介したいと思います。

~~:
~~:~~:~~:~~:~~ー:~~:~~:~~:~~:~~:~

PETチューブを、FV-310を使ってツイスト加工!






上の2枚の画像は、FVー310を使って
PETチューブをツイスト加工したモノ。
PETチューブに、熱をかけ続けるとこのように
ケーブルの形に成形されて、形状も保持したままになります。


PETチューブにツイストされた電線を通した状態で熱を掛け、
その後、電線を抜き取ると、ツイスト電線の形が保持されたままの
PETチューブ、ツイストPETチューブが出来上がります。
因みに、その時の温度、風量のツマミがこのポジション。
大体温度が220~250℃位でしょうか。
可変式じゃないと、このツイスト加工は、中々出来ないでしょう。



その他にも、PETチューブをそのまま
ボビンに巻きつけた状態で熱を掛ければ、、、


じゃん!こんな感じのクルクルカールに!

同じ様に4本平行ビニルのリボン電線でもやってみると、、、

このように、リボンカールコードの出来上がり!

カールコードに加工したときのツマミはこんな感じで、
1~2分位で出来ました。電線被覆は
PVC(耐熱温度60℃)でしたが、被覆が溶ける事は無くできました。
只し、注意深く作業しないと、被覆が溶けてしまう可能性は充分あると思います。
温度をもう少し下げて作業をすれば、そこまで注意せずに、
作業可能かもしれません。



※オヤイデ電気秋葉原直売店でも絶賛使用中!触って、試してみたい方は

お気軽にスタッフにお声がけ下さい!

~~:~~:~~:~~:~~:~~ー:~~:~~:~~:~~:~~:~

温度、風量可変タイプの工業用ドライヤー
「HAKKO FV-310」

\10,368(税込)
オンラインショップはこちらをクリック⇒


FV-310用オプションノズル ノズル フック型 40mm
N70-04

¥518 (税込)

オンラインショップはこちらをクリック⇒



~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~



是非、秋葉原直営店にお越し下さい。
あなたのご来店をスタッフ一同お待ちしております

直営店全面下部


営業時間:10:00~19:00

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353
メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!✉webshop@oyaide.com