2019年12月28日土曜日

3.5mmステレオからRCAのYケーブルを作ろう



こんにちは金木です。
この前パソコン用のスピーカーにちょうどいいと
こんなものを買いまして

早速開けて裏を見て見るとこんな感じです。

今回はパソコンの3.5mmステレオ出力からRCAで繋ぐ為のケーブルを自作していきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
部材を用意します。
ケーブル1m    HPC-23TN 1m600円(税別)
 3.5mmプラグ1個 KS3PC-AU 1個460円(税別)
RCAプラグ2個    ACPL-C 1個360円(税別)
平行線が作りやすいのでHPC23TN
コストパフォーマンスがよく見た目もかっこいい!さらにゴム製のブーツまでついているのでアンフェノールのプラグを選びました。
商品名をクリックするとオンラインショップページが開けます。

3.5mmステレオプラグからはんだ付けしていきます。

HPC-23TNはシールド線の平行線なので被覆を剥いたら両方のシールド線を合わせておきます。

L、Rに芯線。GNDにシールド線をハンダ付けします。

RCAプラグにはんだ付けします。


ケーブルは細いのでプラグのカシメ部分でしっかり固定できるよう収縮チューブをかけます。
今回はスミチューブB2 6/3を1.5cmにカットして3枚重ねました。
hotに芯線、coldにシールド線をつなぎます。
これをLとR 2個付けます。

完成です!

HPC-23TNより太いものが使いたい!

という方にはこちら。
難易度が少し上がります。

ケーブル2m    3398-SY 1m560円(税別)
 3.5mmプラグ1個 KS3PC-AU 1個460円(税別)
RCAプラグ2個    ACPL-C 1個360円(税別)
外装チューブ PETチューブ1/4inch  1m240円(税別)

プラグは同じアンフェノールのもの。
ケーブルはHPC-23TNより太い3398-SYを使います。
PETチューブの色はスネークカラーです。

では早速作っていきます。
作り方はHPC-23TNとほぼ同じなので違う点のみ紹介していきます。

3398-SY1mを2本用意し、PETチューブをかけて1芯の平行線にします。
PETチューブだけだとすぐ外れてしまうので
スミチューブB2 12/43cmほどかけて分岐部分を作ります。
この分岐した先にRCAプラグをはんだ付けします。
RCAプラグの取付けは先ほどと同じです。


3.5mmプラグの取付けの手順が大きく変わります。


3398-SY 2本にPETチューブをかけて収縮チューブをかけるとゴム製のブーツを外してもプラグに入りません。

なのでPETチューブをかけたらブーツを外したハウジングを通します。

このままはんだ付けします。

個人的にはこの時点で収縮チューブをかけていないとかなり違和感がします(笑)

ここまできたらハウジングを締めていよいよ収縮チューブをかけます。
プラグの中に収縮チューブが入らないのでプラグの上から大胆にかけます。
収縮チューブはスミチューブB2(3X) 12/4 を10cmほどかけました。


これで完成です。
PETチューブで好きな色を選べるのでかなりオシャレに作ることができます。

早速スピーカーと繋げていきます。

いい感じです。
今年の年末はひたすら動画見て過ごすぞぉ!


では皆様!良いお年を!

7N銅って、実際どうなん? その2 (Acrolink 7N銅ケーブル試聴編)


前回述べた経緯の通り、アクロリンクの二種類のスピーカーケーブルがやってきた際、その中の7N-S4000というモデルは、弊社のTUNAMI NIGO V2というスピーカーケーブルの5.5sqの二芯とほぼケーブル構成が一緒で、また銅素材と芯線加工以外の外装ケーブル加工の工場が同じ事もあり、ほぼ同条件にて導体比較ができるため、実際に同条件にて比較試聴してみました。

ちなみに他に留意する相違点としては、TUNAMI NIGO V2が集合撚り,7N S-4000が同心撚りで素線を撚っています。

今回は弊社のSRBNバナナプラグ(特別仕様銀下ロジウムメッキ)を付けて3m物での比較試聴となります。



まずは弊社のTUNAMI NIGO V2ですが、レンジが広くて低域寄りのパワー感がとてもあります。 レンジが広くて厚みのある音と言いましょうか。とはいえ以前のPCOCC-Aを使用した初代TUNAMI NIGOと違い、102 SSC導体に変わったV2になってからは太すぎて中高域が引っ込むという事はなく、程良い力感があって中高域もバランス良く鳴り、細かい音もよく聞こえます。

弊社のフラッグシップのスピーカーケーブルで実際国内海外でも長年良く売れています。

あとオヤイデ製品全般の特徴なのですが、音場よりも音像が立つ傾向の音です。 音が面で前に飛んでくる感じとでも言いましょうか。例えて言うとハイエンドオーディオの潮流の中でも、新しい流れのMajikoYG Accoustic社のスピーカーに代表されるようなドライでモニターライクな出音だと思います。

さて一方アクロリンクの7N-4000はというと、正直驚きました。

レンジはとても広いのですがどの帯域においても癖がありません。とは言え低域もしっかり下まで出ています。高級なケーブル程、高級な機材を活かすために癖が無いとは良く言いますが実際に体験すると驚きます。 そしてその癖の無さは音の解放感に繋がります。音が解放されるのです。

こちらはハイエンドオーディオの中でも王道と呼ばれる類いの音ですね。 スピーカーで例えて言うならばAvalonでしょうか? 音像よりも音場が立つ傾向で、音の左右の広がりや奥行きがとても良く感じられます。

アクロリンクの7Nケーブルは音が柔らかいとよく言われますが、実際聴いてみると音が滲む感じではなく細かい音も良く聞こえる割に長く聴いていても疲れない音という感じがします。これは癖の無さというか、7N銅特有の歪みの無さと銅線に被せる絶縁体の選択の良さに起因していると思います。

勿論歪みの要素を上手く使って音を調整しているケーブルは多々あるのは重々承知していますが、それらとは無縁の感じの音です。

このケーブルはある程度容量があってレンジが広いスピーカーを色付けをせずにナチュラルに鳴らすにはとても良いケーブルだと思いました。音源ソースを演者やエンジニアの想定通りの音を届けている様な出音です。

個人的には音の出口に近いスピーカーケーブルには色付けの無い自然な音がするスピーカーケーブルのほうが色々なタイプの音楽に対応する事ができるので良いと思っているのですが、本当にナチュラルで力強い音がします。 低域と中高域の音のスピード感のバランスが圧倒的に素晴らしいです。また音の立ち上がりが素直で良いため、ダイナミックレンジの再現性も優秀だと思いました。本当に7N銅は凄いと正直思いました。

次は7N-S1054ケーブルですが、このモデルは1.25sq.の細めの導体を4本使っているクアッド構造のスピーカーケーブルとなります。クアッド構造のケーブルはノイズ防御の働きを持たすため、基本的に対面の同色の二本を合わせて2.5sq.として使うので、上の7N-S4000の約半分のサイズの銅導体を使用している事になりますが、4本組のクアッド構造なのでバイワイヤリングにも対応する仕様ともなっています。

基本スピーカーケーブルは、長尺使用の際、細くなるほど低域が弱くなる印象があるのですが、このケーブルの特徴のクアッド構造も含めて念頭に入れて実際聴いてみましょう。

確かに音域のレンジは7N-S4000程広くは無いのですが、Hi-Fi スピーカーケーブルとして十分なレンジを持っています。
実際弊社で試聴用に使っているFostexのブックシェルフ型の2ウェイスピーカーの持っているレンジ感にはとても良い感じにはまっています。 低域の重心が少し上に上がってちょうど良い感じで低域が出る感じになっていて、面白い事に7N-S4000より聴感上は低域を感じる事が出来ます。

音色的にも本当に好ましい感じの音という感じで、音楽を良く捉えられる割に聴き疲れのしない音で音楽を聴いていて楽しさを感じられます。実際弊社のスタッフ達に聞かせた際にこちらを選ぶ若手スタッフも多かったです。

その点7N-S4000だと低域が自然にすごい下まで伸びているので、低域がしっかり再生出来るスピーカーに向いていると思います。逆に言うとスピーカーの限界低域再生能力が本当に低い帯域までないと、7N-S4000では低域は非力に聞こえるかもしれません。

そして7N-S1054の中高域の音の出方はと言うと、上下左右や奥行き含めた音の位置や音色の再現の正確性をとても感じます。これらは7N銅の特色であり、7N-S4000でも感じられました。

最後に7N-S1054をバイワイヤリングで使う際の注意点ですが、一本あたり1.25sq.の太さで素線自体が結構細いのでバナナプラグやYラグを選ぶ際に注意しないと、線を切る恐れがあるので、選択の際にはとりあえず弊社販売員にご相談下さい。 残念ながら弊社のGYTSPYTとは合わないですが、ねじ止め式のSPSLSRBNは問題なく使うことが出来ました。

今回アクロリンクの2種のスピーカーケーブルセールは、元々ケーブルの切り売りのみを考えていたのですが、今回の試聴に使用した物の音の良さに感心して完成品もバナナプラグ仕様のみで台数限定ですが2メートルペアと3メートルペアを各種急遽製作して直売店とウェブショップにて今回限りの特別価格にて販売する事にしました。

各種の値段は以下の通りで、更に驚きのプライスとなっています。

ケーブルの自作が面倒な方や7N銅ケーブルを直ぐに自宅で試してみたい方は是非この機会にてご購入下さい。





こちらは7N-S4000の2mペア物が税込特価\39,710、3mペア物が税込特価\50,380にて限定販売いたします。

これらは税込定価ベースでは通常\80,960\109,560円相当の物になりますので、とてもお買い得な商品として提供さしていただきます。






こちらは7N-S1054の2mペア物が税込特価\32,945、3mペア物が税込特価\41,250にて限定販売いたします。

これらは税込定価ベースでは通常\65,560\86,460円相当の物になります。


ご注文はこちらから【2020年1月6日(月)10:00発売】

Acrolink 7N-S4000 Anniversario w/特別仕様SRBN


Acrolink 7N-S1054 Anniversario w/特別仕様SRBN


この値段での御提供は、台数限定の今回の特別仕様のみとなっていますので、売り切れの際はケーブル代以外は通常の値段での製作の御提供となります。 何卒ご了承下さい。

最後に使用上の注意ですが、今回使用している特別仕様のSRBNバナナプラグは通常仕様の物とは素材や切削加工までは同じなのですが、メッキの仕様を一部変更しているために通常流通しているSRBNよりも一部の機械によっては多少ターミナルに挿入の際にきつく感じられると思われます。

これは元々バナナプラグのサイズの規格に統一規格がないためで、弊社のバナナプラグはドイツ製のWBT製ターミナルポストの穴径サイズに合わせて設計、製造されていますが、中国製等のコストが低いターミナルポストを使用した機器には穴径が少し小さい物が実際多く、挿入の際に入りにくい事が度々ありますが、逆にこれら小さな穴径に対応する様に製作すると今度は通常の穴径のターミナルには緩くなってしまうため、今回は通常のサイズの物に合わせて一個一個調整しています。きつめの際には力を入れて挿入すると入りますので、何卒ご了承下さい。

またケーブルの方向性はケーブル上の印字の矢印の方向に信号が流れる様に機器に接続して下さい。

最後に試聴後の感想ですが、アクロリンクの高純度銅のケーブルは、セルフアニール現象というのが謳われてますが、普段エージングについて疑いがちな私でも、確かに弊社を含め他社のケーブルよりも使用後の変化量が大きいと感じられました。 具体的には良い方向に音が馴染む感じになって行く経過が特に感じられました。

これも7N銅のせいなのでしょうか?
今度菅野社長に聞いてみます。

長文お付き合いして頂き、誠に有難うございました。

7N銅って、実際どうなん? その1 (Acrolink 経緯編)





私オヤイデ電気にて長年オーディオアクセサリー製品の輸出業務全般と海外OEM営業を努めていて、国内業務といえば年に数回の展示会業務ぐらいで、あまり国内関連の業務は行っていないのですが、そんな私でも湯島の本社に毎日勤務しているためお客様からの電話に対応することが度々あります。その際よく5Nや6N銅の配線材はないですかという問い合わせが多々ありますが、その度に回答は残念ながら現状提供出来る物はありませんと回答してきました。

その前に5N6N銅のNは一体何かというと、9(Nine)の桁数で,5Nなら純度99.999%の銅で6Nなら純度99.9999%の銅母材を使用した線材ということになります。一般的に高純度銅というのは5N以上の銅の事を言います。また音色的にどうであれ、基本的に同じ銅ならば銅の純度が高いほうが導電率が高くなります。

勿論未だに多くのお客様が現在5Nや6N銅の配線材を探すにはそれなりの訳があります。

オヤイデ電気の独自銅導体 102SSCを含め、現状ほとんど流通している9割以上の国内メーカーのオーディオケーブルの銅の導体は4N OFC銅という銅母材を元に素線加工する際に磨いたり焼き鈍しをしたり、さらには叩いたりして各社色々技術的付加価値をつけてオーディオ用ケーブルとして売っているのがほとんどなのですが、これは電線業界での銅の取り扱いとしては1%にも満たないオーディオ市場のためにだけ高純度銅を精製する設備を銅母材の供給元の大手電線会社が維持していくのが年々難しくなり、過去十年ぐらいで古河や日立等の大手電線会社から供給される高純度の銅母材の生産はほぼ停止という状況からもたらされた結果によるもので、弊社でも過去に古河電線のPCOCC-Aという5N銅の導体を使用していたのですが、生産停止により大変な思いをしたものです。

また現在でも他のアジア諸国では高純度銅として未だに5N,6N銅相当として銅の線材を生産していますが、過去の経験から品質的に満足できるレベルのものではなく、以前の古河電線製のPCOCCと同製法で作られていると言われているアジア生産のOCCでさえ古河製の物には遠く及ばないとの声を海外の顧客から多々聞いていました。

弊社オヤイデ電気の製品は完全な日本生産というのを第一の売りで長年海外でプロモーションをして成功していますので、海外製の高純度銅導体を使うよりは、信頼できる日本の大手電線会社製の4N OFC銅の母材を使うほうが品質の信頼性や供給の安定性の点で優位ではないかと思っています。

これらの経緯から、市場的にますます小さくなり更に希少になりつつある高純度銅の母材を使うよりは、上で述べたように4N OFC銅を母材にして技術的な付加価値要素をつけて売るほうが、将来的にも安定した供給を行う事ができるので、オーディオケーブル各社の選択として結果的に似たようになるのは必然かと思います。

とはいえ未だに国内メーカーでほぼ唯一高純度銅のみを一貫して採用しているメーカーがあります。 弊社のOEM供給先であり、取引先としても弊社とも長年関係が深いアクロジャパン社です。

アクロジャパンのアクロリンク製品は現在ラインナップとして三菱電線製のD.U.C.C. 7N銅や8N銅のみで導体を作り、オーディオケーブルを生産しているケーブルブランドであります。またOEM業務として長年Esotericのケーブルの生産を長年しています。

6N銅から始まって大変高価な7N8N銅を安定して生産して長年販売を続ける事の出来る世界的に見ても稀有なメーカーでもあります。

非常に高価な商品ラインナップではありますが、海外市場に出て行った時期も非常に早かった事もあり、海外市場での日本製品としての認知度や人気も非常に高いです。 一度アクロリンクの7N8N銅のケーブルを使うとリピーターになる確率が高いそうです。

昔の6N銅時代の物ですが、アクロリンクのD.U.C.C. 高純度銅の説明は以下の会社リンク先にで参照して下さい。 http://www.acrolink.jp/acrolink/index.html

アクロジャパンの菅野社長とは長年の顔なじみなのですが、今回ひょんなことからアクロリンクの2種類の限定品 Annversario7Nスピーカーケーブルの全在庫を買い取ってくれないかとの話が先月に舞い込み、弊社秋葉原の直売店と弊社直営オンラインショップのみで、7N銅のスピーカーケーブルの良さを広く知ってもらうために普段ではあり得ない値段で売って良いとの許可を直々に得ることができました。

その2種類のスピーカーケーブルとは、



7N-S4000 Anniversario (リンク先はメーカー商品ページ)
5.5sq. x 2芯 外形: 14.7Фmm 定価14.300/m (税込)



7N-S1054Anniversario (リンク先はメーカー商品ページ)
1.25sq x 4 (クアッド構造) 外形: 12.6Фmm 定価 10,450/m (税込)


普段でもアクロリンクの製品の中でもお買い得感のある7Nスピーカーケーブル2種です。

実際弊社のお店でも良く売れている商品なのですが、弊社の普段の売価の定価75%売りの値段から来年の16日から始まる年始特別セールにてさらに現在の売値から約30%オフにて税込メートル単価で7N-S4000が¥7,5137N-S1054が¥5,489にて切売り致します 

今回の年始セールにて定価のほぼ半値に近い金額で残りの全在庫を売り切ります!


また10メートル以上購入の際には、さらに売値の5%オフになり、定価の半額にて販売します

ご注文はこちらから【セール価格適用は2020年1月6日10:00から】

Acrolink 7N-S4000 Anniversario 切売り

Acrolink 7N-S1054 Anniversario 切売り


普段私のような普通のサラリーマンでは中々手が届かない価格帯のアクロリンクの7Nケーブル製品ですが、この機会に是非とも7N銅のケーブルの真価をご自身でお確かめ下さい。

尚セール商品の在庫に関しては余裕を持って準備しておりますが、売り切れ次第セールは終了とさせて頂きます。何卒ご了承下さい。

ここまでが今回のセールの経緯と告知となりますが、次は本題の実際に完成品を作ってみての比較試聴レポートとなります。

長文ですが、今しばらくお付き合い下さい。

その2 Acrolink7N銅ケーブル試聴編に続く


【直営店・オンラインショップ限定商品】”OCB-1 Maestro”誕生。

音質向上のみにスポットを当てるのではなく、もっと有機的に、濃密でリアリティ溢れる音楽表現を実現する為、この「OCB-1 Maestro」は誕生いたしました。

従来のOCB-1シリーズとは異なり、各パーツに対して躍動感や静寂性を向上させる為、1台1台丁寧に耐ノイズ・耐震・耐電磁対策を随所に施しております。
これにより「オーディオシステムの中枢を担うマルチパワータップ」としてのポテンシャルを最大限引き出すことに成功。度重なる音質チューニングに対する議論とテスト、数ミリ単位の綿密な設計によるクラフトマンシップによって完成しました。
大変時間のかかる作業工程と製造期間につき、この度は限定10台のみご用意することができました。

2020年の年始めにふさわしい、67年の歴史から生まれた空間表現力をご堪能ください。


オヤイデ電気スタッフによるレビュー

アンビエントマイクから収録されたホールの規模感を広大に感じつつも、弦楽器隊・金管楽器隊の位置を感じ取ることができる定位の良さ、空間を埋め尽くす音の渦が全身を揺さぶります。
打楽器やチューバ&ホルンの低音域は地響きのような唸りと一緒に腰のある骨太感も感じられ、バイオリンやコントラバスの弦と弓の共鳴も細かく聞き取ることができ、フルートの繊細な息遣いは体毛が逆撫でされる程のゾクゾクしたリアリティを感じさせます。
無音時の静寂感を感じた時は脳内からドーパミンが溢れ出て、音楽における「静」と「動」を綿密に再生します。



【 ご注文はこちらから 】
1月6日(月)数量限定で発売開始です!
(2020/1/13更新)大変ご好評頂きまして、全数完売となりました。

2019年12月23日月曜日

秋葉原でインシュロックが1本から買えるらしいよ

こんにちは。根津です。今日は12月23日。
「あーあ。去年までは天皇誕生日で休みだったのになー・・・」
って方も多い方も多いんじゃないでしょうか?
そんな気分も憂鬱な月曜日、「週刊サンデン」です。


「要るものを要るだけをモットーに」
オヤイデ電気の店頭にも書いてある言葉です。




「そんなにいっぱい必要ないし」、「ちょっとだけあればいいんだけど」
そんなことって多いですよね?
ってことで、今週紹介するのはこちらの商品。


インシュロック

俗に、結束バンドなどと言われるもので、
ケーブルをまとめて縛ったりするのに使用するあれです。
「タイラップ置いてませんか?」と聞かれることも多いですが、
違いは何かというと、製造メーカーの違いです。
オヤイデ電気的に例えて言えば、「ジュンフロン」と「タナフロン」の違いのようなものでしょうか?
オヤイデ電気でも各サイズ取り揃えています。

AB-80(最大結束径16mm)
AB-100(最大結束径22mm)
AB-150(最大結束径36mm)
AB-200(最大結束径50mm)
AB-250(最大結束径65mm)
AB-300(最大結束径80mm)
AB-350(最大結束径100mm)
AB-550(最大結束径145mm)

*80とか200は寸法を現しています。AB-80であれば全長80mmという意味です。
AB-150などは152mmあったりして、おおよその長さなんですけどね。

で、このインシュロック、いろんなところで売られていると思うんです。
ホームセンターやら、結束バンドという名前で100円ショップでも
売られているこもあるでしょう。
でも、だいたいが袋に入った状態で100本売りじゃないですか?
「仕事で使うわけじゃないから、100本も使わない」、
「年末の大掃除の時に、少しだけ使うだけなんだけど」、
そんな方も多いでしょう。

ってことで、オヤイデ電気1本から売っております。


ちなみに色は黒もございます。

型番は最後に「W」がついて、AB-250-Wになります。
「ん?短いのはバラはないの?」ってご質問があるかとは思いますが、
申し訳ございません。AB-80からAB-200までは100本売りになってしまいます。


お客様からのご要望が多ければ、ばら売り始めるかもしれませんが、
いまのところ100本入りの袋売りになってしまいます。
申し訳ございません。

で、インシュロックに似たような商品でこんなものがございます。
インシュロック リピートタイ

文字通り、リピートして使い続けることができるインシュロックです。
一般的なインシュロックは一度使用したら、切断しないと外すことはできませんが、
こちらのリピートタイは何度でも取り外すことができる優れもの!
部屋の片づけなんかにも使用しやすい商品だと思います。
これからの大掃除シーズンにいかがでしょうか?


オヤイデオンラインショップでお買い物をされる際に
「あとちょっとで送料無料にできるんだけどなぁ」
なんて時に一緒に買い物かごに入れていただいて
一度使っていただければと思います。

その他にも、様々な種類のインシュロックをご用意しておりますので、
こちらからご覧ください。

また、掲載されていない商品もお取り寄せいたしますので、
下記よりお気軽にお申し付けください。


2019年の週刊サンデンは今回の最後になります。
今年も一年間ありがとうございました。
それではまた来年。みなさま良いお年を。

根津でした。





2019年12月21日土曜日

極細・柔軟・高屈曲のロボットケーブル【KRT】切り売り開始

断線に強い高屈曲スリムロボットケーブル
KRTの切り売り開始!
【 商品ページはこちらから 】

ロボットFA(ファクトリーオートメーション)の稼働部など、産業において自動化が進んできております。しかし稼働部において断線はつきもので、定期的なメンテナンスが必要です。このようなリスクを回避する為に様々な方法がある中で、断線に強い高屈曲ケーブルというものが使用されます。
今回はそんな高屈曲ケーブルの中でもスリムでフレキシブルなスリムロボットケーブルKRTのご紹介です。

KRTの特徴

優れた耐屈曲性能を保有するロボットケーブルです。外径が細く、柔らかい質感で、稼働部での用途に大変優れています。屈曲が原因による断線リスクを導体性能から回避します。
※画像をクリックで拡大できます。
  • 極細導体に無酸素銅ベースの合金を使用した高屈曲ケーブルです。
  • スリムかつソフトで多用途にご使用いただくことができます。
  • 耐油, 耐熱性にすぐれたシース材料を使用しています。
  • 環境に配慮した非鉛を使用しています(RoHS対応)。
詳しい技術資料は下記の画像を参照ください。
※画像をクリックで拡大できます。

類似品との比較

従来取扱品の中で類似した商品として「スーパーフレックスVVC」があります。
どちらも非常に柔軟で取り回しが良いのですが、導体サイズ以外にも異なる特徴がある為、用途に応じてお選びください。

 スーパーフレックス VVC 

  • 錫メッキ軟銅線を使用しているので、はんだ付け性が良い。
  • 導体抵抗が低い為、低電圧の電源線に最適。
  • 汎用品の為、安価なコストで入手が可能。

 スリムロボットケーブル KRT 
  • 極細導体に無酸素銅ベースの合金を使用し、断線に強い。
  • 合金線は導体抵抗は高いので、信号・制御線に最適。(導体抵抗:0.247Ω以下/1m)
  • 高い屈曲性能を安価で入手が可能。

10芯まであります。

KRTは10芯までラインナップがあり、3mまたは5mでの注文が可能です。
もしご入用でしたらお気軽にお問い合わせください。

ロボット用ケーブルとしておすすめしていますが、「断線に強い」に着目して色々と活用ができるかと思います。特に外現場でのマイクコードイヤホン&ヘッドフォン用コードに使用することで、従来品よりも断線リスクが非常に抑えられると言えます。

皆様の創意工夫で大いにご活用頂ければ幸いです!



以上、原田でした。


 
オヤイデ電気 秋葉原直営店
☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353
住所:東京都千代田区外神田1-4-13
営業時間:10:00~19:00
定休日 : 日曜日(年末年始)

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!
✉webshop@oyaide.com

2019年12月16日月曜日

ワンタッチで簡単固定![ST-85]

こんにちは!
金木です!

早いものでもう12月。
12月といえばクリスマス。


いつも頑張っている自分にこんなプレゼントはいかがでしょうか?

大洋電機産業 『ST-85』

1個3,150円(税別)

こちら実は最近発売された新商品なんです。

今回の週刊サンデンST-85の魅力をお伝えします!


という事で早速魅力について語っていきます。

魅力ポイント①


畳むと、縦:135mm 横:115mm 高さ35mm
とてもコンパクト!
更に重さ:360g
持ち運びが楽です!

魅力ポイント②

幅:72mm 高さ35mmまでの丸・角・板など、
形状を選ばずワンタッチで固定できます。
バイスで固定する為にネジをクルクルして締める煩わしさから解放されます。

魅力ポイント③


丸いコネクターをクランプしようとしてバイスでうまく固定できなくて落ちてしまった経験ありませんか?
サイズの違う3つの切り欠き部があり、さまざまなコネクターをしっかり固定できます!

大きいコネクターも何のその!
φ18mmの物体の時、約18Nの力でしっかり固定できます。
オヤイデにある物だと電源コネクターもしっかり固定できます!


魅力ポイント④

バイス部は耐熱約130℃ポリカーボネイト
更に耐熱約220℃静電気対策仕様導電性シリコンゴム付き
固定したものが滑りません!


そして角度固定つまみがあるという事は、


そうなんです。


最大約100°作業しやすい角度で固定して使えます!


たかがクランプ、されどクランプ。
挟んで固定するだけの工具ですがこんなに魅力を詰め込んだら
作業性が格段にアップすること間違い無しです。

いや~さすが大洋電機工業さん!

私もこれ欲しい!!

店頭でサンプルも展示してあります!気になる方は是非触りに来てください!




以上!金木でした!

~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~


秋葉原直営店に是非お越し下さい。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。




営業時間:10:00~19:00

定休日 : 日曜日(年末年始)

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!

✉webshop@oyaide.com




2019年12月12日木曜日

今、ギターオタクに選ばれてる『Sommer Cable / The Spirit XXL』 切り売り開始!

今、ギターオタクに選ばれているシールドケーブル、『Sommer Cable / The Spirit XXL』切り売り開始!

Sommer Cable / The Spirit XXL \680/m(税別)
【 商品ページはこちらから 】

BeldenやMogamiとは違い、もちろんオヤイデとも全然違うキャラクターを持った「The Spirit XXL」。一体どのような特徴を持っているのか、全部解説しちゃいます!

Sommer Cableとは?


ドイツのシュトラウベンハルトにあるSOMMER CABLEは、ヨーロッパでトップシェアを誇るケーブル専門メーカーとして知られています。
OFC(無酸素銅)線による圧倒的な伝導率と独自のシールド技術、そして他に類を見ない「ケーブルのしなやかさ」が特長です。他メーカーと比べ、電気特性の驚異的な正確さと誤差の少なさが認知され、現在では115ヶ国以上で採用されています。
SommerCable GmbH(English) » http://info.sommercable.com/

The Spirit XXLの特徴

錫メッキOFC導体を採用している企業と言えば「Belden」ですが、ヨーロッパ最大手のSommer Cableも錫メッキOFC導体を採用しています。
Spirit XXL”の構造は「Belden 9395」に近いので、同じような音質傾向を想像しがちなのですが、その素性は全く異なります。「MOGAMI 3368」をソリッドかつ芯のある音質にしたようなサウンドで、音量や音圧が上がりながらも、音が”ポンッ”と前に飛んできて、他メーカーでは形容しがたい独特なサウンドを構築しています。
The Spirit XXLの構造


ケーブル屋目線でThe Spirit XXLの特徴を挙げるとすれば「独特な導体構成」「性能の高い絶縁体」の2点が肝と言えます。

導体断面積はAWG18(0.75sq)と他では例を見ないほどの太さを使用しており、7m以上伸ばしても減衰感が少なく、中音域の図太さを生み出しています。さらに素線構成が「0.15mm×42本」となっており、これが日本では珍しい導体構成で、ケーブルとしての個性を発揮していると言えます。細めの芯線を多く束ねることで得られる倍音が個性になっていることでしょう!
Spirit XXLの断面。
最外装がとても肉厚で、耐久性も◎


絶縁体は「発泡ポリエチレン」を使用しています。発泡ポリエチレンは誘電率が低く軽量化できる点にメリットがあります。写真では分かりにくいですが、左の発泡ポリエチレンより右の発泡ポリエチレンの方が発泡率が高く、発泡率が高い方が信号の減衰を抑えることができ、尚且つ軽量で、ギターケーブルに特化していると言えます。
ただし発泡率が高いと固体として硬度が柔らかくなる為、円形をキープしにくくなる恐れがあります。Spirit XXLに関してはPVCシースを厚くすることで、ケーブルの構成を保持できています。

(左)MOGAMI 3368 (右)Sommer Cable Spirit XXL

さらに重要なポイント!
Spirit XXLは柔軟で、ぐにゃぐにゃと曲がります。直径6.8mmというサイズの割に軽量で、ケーブルの太さを感じさせません。比較すると「G-SPOT CABLE」「Canare GS-6」と同等の柔らかさで、「Canare GS-6」よりもずっと軽量です。(GS-6 100m=5.8kgに対し、Spirit XXLは100m=5.2kg。)
PVCシースもサラサラとした質感で手触りも良く、演奏を妨げないストレスフリーな取り回し!

Sommer Cableは全ラインナップにおいて『柔軟性』を重要視しています。

音質傾向

まず音量感・音圧感がアップしつつもスピード感があり、ギターの美味しい帯域にフォーカスしたピークが心地よい。 演奏に対してレスポンスが良く、繊細な表現にも対応しやすくなり、クリーン&歪みどちらにおいてもバランスが良い。ヴィンテージスタイルの機材よりはモダンな機材に合う高解像度傾向のギターケーブル。

完成品もあります

オヤイデ電気推奨のコネクター&ハンダの組み合わせで、完成品も潤沢にご用意!

Sommer Cable / The Spirit XXL
S-S 3m \5,000/1本(税別)
S-S 5m \6,360/1本(税別)
【 商品ページはこちらから 】

Sommer Cable / The Spirit XXL
L-S 3m \5,200/1本(税別)
L-S 5m \6,560/1本(税別)
【 商品ページはこちらから 】


次回はThe Spirit XXLをギタリスト目線で更に深掘りしたいと思います!お楽しみに!

以上、原田でした。