2018年6月22日金曜日

【人気急上昇】現代のギタリスト/ベーシスト向け電源ケーブル”L/i50 HBE”について。

『伝統から革新』へと昇華させた、

オヤイデ電気直営店が提案する新しい電源ケーブル。

***

このブログは、、、

現代のギタリスト/ベーシストに合わせた電源ケーブル
『L/i 50 HBE』
インプレッション」と「誕生話」をご紹介をするブログです。

ギターアンプ/ベースアンプ向けの電源ケーブルとして特化してます。
音のスピードが早くなり、情報の密度感が増えますので、
一気にアンプのレベルを底上げすることができます。


   【 オンラインショップはこちらから 】   

***

店舗限定商品でありながらも楽器店ミュージシャンからの問い合わせが多く、
ご購入頂いたお客様からも大変好評いただいております。

現代のギタリスト/ベーシストが求める要素がたくさん詰まった電源ケーブルです。

【 L/i50HBEの紹介過去ブログはこちらから 】

***

そこで・・・!
多数のオヤイデ製品を使い続けていながら、多方面のギタリストから支持が厚い、
MintJama2c氏に使用インプレッションを頂きました!


【アーティストプロフィール】
2001年より、ギタリスト・コンポーザー・アレンジャーとして活動を開始、2003年に音楽ユニットMintJamを結成。
また、他アーティストへの楽曲提供、ギタリスト参加も行っており、
特にfripSideには初期からギターレコーディングで多数参加している。
エモーショナルな楽曲と厚みのあるギターサウンド、またその音構成により、多くのファンを獲得している。


 ~ L/i50HBE 使用インプレッション ~ 

 以前は、デジタルプロセッサーは電源から受ける音質への影響が少ないので、高品質な電源ケーブルは必要ないと思っていましたが、【L/i50 HBE】をKemperに使用したところ、まるで真空管アンプに良質なケーブルを使用した時のような音質への影響があり驚きました(Kemper内部は結構アナログなのかもしれません)。

 それをきっかけに何種類かの電源ケーブルをKemperでテストしましたが、サウンドが太くロー寄りになる物やハイがギラつく物など様々で、その中で【L/i50 HBE】は丁度良いバランスで真空管アンプのようなニュアンスを付加して音質を底上げしてくれる印象でした。

 また、ケーブル部分が柔らかく扱いやすい為、Kemper以外にもAPI500-6B Lunchboxでアコースティック楽器をレコーディングをする際にもセッティングがしやすく多用しています。

---------------------------------------------------------------------

本当にL/i50 HBEのポテンシャルは半端ないです。
全ギタリスト&Kemperユーザーの皆様、是非お試しくださいませ。

  【 オンラインショップはこちらから 】  

このL/i50 HBEやオヤイデ製品が多数使用されたニューアルバム「Eclipse」が6/30に発売されます。
是非チェックしてみてください!


【  MintJam「Eclipse」特設ページはこちら  】


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


最後に、この「L/i50 HBE」が誕生するキッカケを作ってくださった
故・藤岡幹大様」に最大の謝辞を述べて締めくくりとしたいと思います。

2015年某日、リハスタにお邪魔した際に
Kemperの音をもっと良くしたい!
と要望を受け、この電源ケーブルは完成しました。

******

このツイートから「L/i50 HBE」は誕生しました。
その時に書かせて頂いたブログは「こちら」になります。

******


オヤイデ電気のFacebook内で公開している「Performance Through the NEO cable」というライブレポートでもL/i50 HBEを確認することができます。

***

私が藤岡さんのケーブル周りを担当していた関係もあり、多少私情も混ざってますが・・・

オヤイデ/NEO製品を筆頭に、多くの皆様に「L/i50 HBE」を末永く育てていただくことが、
藤岡幹大という偉大なギタリストへの恩返しであると思っています。
「ケーブルが良いは勿論だけど、オヤイデと原田さんの安心感は半端ない!」と言っていただけたこと、大変光栄に思います。

もちろんオヤイデ電気には多数の電源ケーブルを取り揃えておりますので、
求める音によってはL/i50HBE以外の選択肢もあることでしょう。
お客様の要望を丁寧に紐解き、1人1人に対して”最適なケーブル選び”のお手伝いができれば幸いです。


以上、原田でした。

2018年6月18日月曜日

取り付けも簡単。プラフレキを繋ぐ CR と KR

オヤイデでは「○○ケーブル1000m在庫ありますか!?」といった現場の方からの飛び込み注文を頂くことがありますが、電設工事では電線だけでなく 電線管(=配線管) という裏方部材も活躍しています。
この管に電線を通して使います。
電線管を建物内に設置・埋設することで電線の出し入れを容易にすることができます。
線の保護はもちろん、工事の後でも電線を出し入れしやすいのが特徴です。
建物の見えない部分に埋め込まれていたり、コンクリートに埋設されていたりと、普段目にすることはありませんが建設では定番と言っていい部材のひとつです。

↓過去記事↓
PF管はじめました。(2016年 8月1日)

個人的には工事現場に立ち会うことがないので、売ることはあっても実際に活躍する場面を見たことが無いのが残念です。
アイボリー(ほぼ白色)のPF管は屋外の配線保護や防犯カメラの設置など外壁周りで使用されることもあるようですが、エアコンのドレンホース(排水管)とそっくりなのでパッと見は判別しづらいですね。


電線管には耐久性や強度に優れる金属製と、軽量で低コストな合成樹脂製がありますが、
オヤイデでは古河電工の合成樹脂可とう管「プラフレキ」シリーズを在庫しています。


<PF管>

プラフレキ PFS-14(50m巻)
プラフレキ PFS-16 ▶1mから切売
                  ▶束売り(50m巻)
プラフレキ PFS-22 ▶1mから切売
                  ▶束売り(50m巻)
プラフレキ PFS-28(50m巻)
プラフレキ PFS-36(30m巻)
プラフレキ PFS-42(30m巻)
プラフレキ PFS-54(30m巻)

<CD管>

プラフレキ CD-16(50m)
プラフレキ CD-22(50m)


オレンジ色CD管コンクリート埋設専用ですが、灰色PF管は埋設に加え、隠ぺい、露出箇所にも使えます


しかしプラフレキを取り付けるには 取り付け部品が必要になります。
今回の主役はその「取り付け部品」の方です。
実際に工事に携わる方には今さら説明不要な商品ですが、まったく知らない人に向けた内容となっております。商品の情報だけ知りたい方には冗長ですが少々お付き合いください。
<PF管用コネクタ >
PFS-16KR
PFS-22KR

<PF管用カップリング>
PFS-16CR
PFS-22CR
こういう直接電気が流れない部材でもきちんとPES取得してるのは意外でした。
上記説明書にあるように、コネクタは「ボックス + 電線管」を接続するパーツ、
カップリングは「電線管 + 電線管」を接続するパーツです。
オヤイデではノックアウト式(打ち抜き孔のある)のボックスの取り扱いはありませんが、下の画像のように丸穴塩ビBOXでもKRは取り付け可能です。
KRはナットを外して、



挟むだけ。
取り付け方は日本エイ・ヴィ―・シーのFGAシリーズ(固定クランプ)とまったく同じです。


CR
PF管側は奥まで押し込んでキャップを締めるだけ。
外し方もキャップを緩めて引っ張るだけと簡単です。(KRとCR共通)

IV 1.6mm ×5色を通した図。
こちらはVVF 1.6mm×2芯。
もしかしたら電源タップにも使えるかも?


もちろんCD管用のコネクタ、カップリングもございます。
CD-16KR
CD-22KR
CD-16CR
CD-22CR
ただしPF管とCD管では同一サイズの商品でも実寸が異なるため、
PFSにCD管用カップリングやコネクタを繋ぐことはできません。
実寸ではPFSの方が2mmほど大きい
またPF管とCD管を中継するのも専用の部品を使う必要があります。

PF-CDコンビネーションカップリング
まるで漫画BECKの犬のよう


オヤイデで在庫を取り扱っている部品はKRとCRのみですが、他にも接続用の部品はたくさんあります。
プラフレキ用だけでこの量!!
「これが必要!!」というのがあれば、お調べ&お取り寄せ致しますのでお問い合せ下さい。

また電線管に話を戻すと、まれに 呼び線入りプラフレキ (PFS-〇〇-YS) についてご依頼いただくこともあります。
ポリエステル紐入り
こちらも取り寄せ販売となりますが、ご依頼から1~2日程で配送可能です。



そして電線管はこれまで丸形が一般的でしたが、なんと角型タイプも出たようです。
絵力が強い。というかカッコいい!(筆者の主観)
→ 古河電工のHPはこちら ←

メーカーのHPを見ると特に「収納や積上げた時のコンパクトさ&安定感」が売りのようです。しかしながら運搬や在庫保管が大変なようで、今のところオヤイデでは取り扱いの予定はありません。ご興味がある方はダメ元でご相談ください。



↓お問い合わせはこちらまで↓
直売店舗 TEL:03-3253-9351 FAX03-3253-9353
本社 TEL03-5684-2151 FAX03-5684-2150(24h)
 E-mail:webshop@oyaide.com 

齋藤でした

2018年6月13日水曜日

[OTOTEN 2018]オヤイデ電気ブースにて,初のArmoredシリーズ一般試聴デモを開催![6/16,17]

国内最大級のオーディオの祭典「OTOTEN 2018(AUDIO・VISUAL FESTIVAL)」が、来たる6月16日(土)・17日(日)東京国際フォーラムで行われます。

開催概要は以下となります。↓

会期:2018年6月16日(土) 10:00~19:00   2018年6月17日(日) 10:00~16:00
会場:東京国際フォーラム 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1アクセスマップはコチラ



入場料:無料(入場受付が御座いますので、事前登録フォームより登録して頂く事をお勧めします。)

 ※オヤイデ電気ブースはガラス棟G401にございます。


音展2018オヤイデ電気ブースでは昨年末に発売した新型電源プラグ 、

"ARMORED(アーマード)シリーズ"
初めての
一般公開試聴イベント
各日開催致します!


スケジュール
16日土曜   10:30~14:00~
17日日曜 10:30~14:00~


新型3モデルの比較試聴は勿論、
販売開始から14年になる従来モデルのP/Cシリーズとの、
ボディ構造の違いによる音質傾向の比較を行いますので、
ぜひ会場にて、
”ARMORED(アーマード)”シリーズの音質
耳で体感してみて下さい!
※今回の比較試聴用のケーブルはBlack Mamba V2を使用します。


またオヤイデ電気の電源・ラインケーブル、アナログアクセサリーから、
取扱いのエントレック社のグラウンドボックス等の比較試聴も行いますので、
ぜひオヤイデ電気ブースまでお立ち寄り下さい。


本イベントにて、素晴らしい音質体験をして頂くべく、
各企業様より、下記製品をお貸出し頂きました。
~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=

株式会社エレクトリ様
MAGICO
S1 Mk2

TOP WING Cybersound Group様
iFi Audio
iPhono2

日本精機宝石工業株式会社(JICO)様
JICO
VN-45HE
neo SAS針
(Rubyカンチレバー)

VN-45HE
S楕円針

発売予定製品
ジルコニアカンチレバー3種
(楕円針、SAS針、シバタ針)

(五十音順)
 ~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=

なお、デモ以外では常時、
CDレコードにて再生しておりますので、
その都度、ご要望御座いましたらケーブルを入れ替えての試聴も行えます。
お気軽にお申し出ください。

当日皆様にお会いできます事を心よりお待ちしております!

2018年6月12日火曜日

【自作】フレキシブルな電源用カールコードで延長ケーブルをDIY! 

こんにちは!

産業系の電材にスポットを当てたブログ
『週刊サンデン』
ブログ
です。



週刊サンデン以外のオーディオ系のブログなんかでは
よく出てくる電源ケーブルの自作。
サンデンでは、そういった嗜好品的なこだわりのある物では無く、
日常的に、あると便利な電源ケーブルの自作を紹介してきました。

今回は、以前に、
『あると便利!簡単延長ケーブルの作り方!(電源編)』 
ご紹介した延長ケーブルの自作編の第2弾!
フレキシブルな電源用ケーブルS-VCTF1.25sqカールコードを使った延長ケーブル!

カールコードの延長ケーブルなんて、
あまり市販されていないんでは?って思いから、
自作なら、そんなモノだって作れちゃうと言うことで、
使用用途は兎に角、自作方法をご紹介したいと思います!




〜*〜*〜*〜*〜*〜

《使用する工具類》

まず、自作する事の良い点として、
●好みの長さにできる。
●好みのパーツで組み合わせられる。
●完成品に比べてコストを抑えられる。

等々、
特に、電源系の自作はハンダ付けの必要もありませんし、
使用する工具も、最低限プラスのドライバーと
よく切れるハサミ、又はカッターがあれば
初心者の方でも、比較的、簡単に自作ができます。

ここでは、使用する工具にこだわりたいので、
切れ味がよく先端が細くて加工しやすい、自作ケーブルなどの工作に最適なハサミ、
ヘビースニップ(ホーザン)
ヘビースニップ(ホーザン)



1本で2サイズ使える便利なドライバーD-44(ホーザン)
D-44(ホーザン)
さらに、電線とプラグ、コネクターの接地をしっかり固定する為、
圧着端子を使うので、圧着端子用専用工具NH-1(ニチフ)を使用します。
NH-1(ニチフ)


〜*〜*〜*〜*〜*〜

《自作開始!》

上の画像にあるのが使用する部材になります。
カールコード
スーパーフレックス1.25sq×2芯カールコード
プラグ(画像真ん中左)はWH4007(Panasonic)
コネクター(画像真ん中右)MC2616(明光社)
その下の端子R1.25-4(ニチフ)


プラグのキャップにカールコードを通します。


※電線のストリップ長は各端子によって異なります。
今回は約1cmストリップします。


<ポイント!>
外装シースにハサミで軽く切れ目を入れ、
画像の様に曲げながら少しづつストリップしていくと、
中の導線部分を切らずに出来ます。




次に、銅線の絶縁被覆をストリップします。
画像の様に端子に合わせて印をつけておくと良いでしょう。

白い線、黒い線両方とも同じ様にストリップして下さい

絶縁被覆をストリップした電線を圧着端子に挿入します。



圧着端子がR1.25ー4なので、
圧着工具の1.25の部分に挟んでかしめてください。


圧着後、接続部には絶縁を必ず行って下さい。
画像は熱収縮チューブで絶縁してますが、
TICキャップASF-110の絶縁テープでも勿論OKです。

圧着工具で端子とケーブルをかしめます。
黒い線にも同様に端子を取り付けてください。

圧着端子の付いた電線を、
画像のようにプラグにドライバーを使って固定します。


ケーブルに通しておいたプラグのキャップをはめてプラグ側が完成です。
コネクター側もプラグと同様に作業します。



コネクターのMC2616にはケーブルの抜け止め防止のクランプが付いてますので、
クランプをドライバーでシメておきましょう。

完成です!
作業時間20分、材料費は、2,400円位
耐候性に優れた特性を持つ、SーVCTFのカールコード。
外での使用にオススメです。


今回は、カールコードで自作した延長ケーブルでしたので、
カール長は50cmですが、カールコードで無ければ、
長さは自由に調整できますから、必要な所にもドンピシャ!
見た目もスマートに出来上がります!
こういうところは、自作ならでは!
最大のメリットと言えます!


もう圧着工具を持っていないという方は、
圧着端子を使わず、プラグ、コネクターのネジに
電線を撚ってネジの下に入れて固定するやり方でもできます。
その際には、2本の導線が接触しないように!
電線同士が接触するとショートしてしまい火災の原因になりかねません。
安全面を考えれば、圧着工具を使用したほうがベターでしょう。
スーパーフレックス1.25sq×2芯カールコードを伸ばすと3m位に!

 

〜*〜*〜*〜*〜*〜




ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~

オンラインショップ取り扱い商品



スーパーフレックス1.25sq×2芯カールコード

1,728円(税込)



WH4007
ゴムキャップ2極(Panasonic)
172円(税込)

オンラインショッピングページはこちらから➡︎




2P15Aゴムコネクターボディ
MC2616 (明光社
)

オンラインショッピングページはこちらから➡︎




~:~~:~~:
~~:~~:~~:~~:~~:~~:~


秋葉原直営店に是非お越し下さい。
皆様のご来店をスタッフ一同お待ちして下さい。


3路線全てが映り込むという、奇跡の一枚  
御茶ノ水聖橋から



営業時間:10:00~19:00
定休日 : 日曜日(年末年始)

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!

✉webshop@oyaide.com