2020年8月3日月曜日

その表記の意味、ご存知ですか?

こんにちは、本多です

オヤイデ電気によくある問い合わせの一つとして、「電線の表面に〇〇って書いてあるんですが…これって在庫ありますか?」という、手元にある電線が何かわからないがとりあえず目に入った情報をお伝えいただく、というもの

「VCTF 0.75SQ」や「MOGAMI 2534」など、そのものの名称や型番、サイズなどが印字されていれば大変親切なのですが、
「AWM 20276 UL〇〇VW-1 28AWG...」といった風にツラツラとよくわからない数字や呪文のように英語が並んでるというパターンがよくあります

実はそれ、電線そのものを表すものではなく、その「電線が適合している規格や仕様」を表しているものだったりする場合がほとんどで、「商品名とかではないのでそれだけだとさっぱりですー!もっと情報を下さいー!」となってしまうわけです

そりゃわかりませんよね、私どもも電線屋なんかやってなきゃ、恐らく死ぬまで知らずにいる情報ですもの

そこで今回は、いくつかのよく見かける表記を例にしてそれらの意味を極々簡単に紹介していきます!

「長さが足りなくて同じ電線が必要だけど、名称とかわからないから困るー」って時に、電線を探す一助になれれば、これ幸いです


それでは早速いってみましょう、「ケーブルによくある表記シリーズ

UL=アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.)が策定する製品安全規格の事
色々な安全基準が設けられており、これに準拠しているということ=安全な品であるという事の照明になります
赤丸の中のがULのマークです。赤い線が引いてある部分がULスタイルのスタイルナンバーです
この場合「UL3239」に準拠した「105℃耐熱」で「20KV」耐圧の電線であることが読み解けます
こちらはわかりやすく「STYLE 3239」と表記してあります

CSA=カナダ規格協会(Canadian Standards Association)が策定する認証規格のことです
「カナダ版のUL規格」というとちょっと砕けすぎた表現かもしれませんが、だいたいそんな感じです
UL規格との相互認証をとることが可能で、それぞれどっちを元にしたかによって「cUL」や「CSA NRTL」マークを与えられます
画像の電線の場合は「cUL」マークがありますので、ULによってCSA規格の認証を取得していることを示しています


AWM=先程からちょいちょい写り込んでいるAWMは「Appliance Wiring Material」の略です。機器用配線材であることを表しています。
これは一般的なUSBケーブルですが、ココにもAWMの表記がありますね

VW-1=UL224規格およびCSA規格に規定される難燃グレードのこと
つまり噛み砕いて言うと燃えにく電線であることを示しています
VW-1は結構いろんな電線で見かけます

AWG= これはオヤイデユーザーなら馴染み深いワードですね、「American wire gauge」の略で、電線のサイズ(太さ)を表しています
コレがわかるだけで欲しい電線のサイズを把握しやすくなります

一つ前の画像ですと、「24AWG」とありますので24AWG≒0.2sqということがわかります




書いてみて気づきましたが「あんまり役に立たないいんじゃないかコレ…」

そりゃそうですね、普通は電線の規格とか正直どうでもいいはずです
安全規格とかそういうのは製品開発なり管理なりをする方々しか知る必要性が殆どないものなので、今回は「電線を特定するのにある種必要な番号とかなんかそんなん」程度で大丈夫です!

個人的にはAWG=電線のサイズ!ってだけでも覚えて帰って頂ければ今回のサンデンを書いた意味があるってもんです


ちなみに、余談ですがメーカーが独自に開発した製品なんかにはこういった規格等の情報がツラツラと書いてあるだけで、何という名前の電線なのかは全く記載してないパターンのものが数多く存在しています

それでも、そこから該当する電線を探す事もできなくはないですし、近いスペックのものをご案内したり、又は同じ仕様で特注製作する、なんて事もできる場合もあります

とりあえず、てんでわからない!という時はご相談下さい

オヤイデスタッフが諦めることなくお探しの電線まで導いてくれることでしょう!
(そして、特定の顧客のみに卸している電線であったというどうにもならない事実にぶち当たるまでがセットです…)



ちょっと砕けた感じになり過ぎましたが、今回はココまで

本多でした



FUZZとケーブルと私

 入社して早5ヶ月の月日が経つ初めまして丸山です。この度オヤイデblogにやって参りました。
国内外のエクストリームミュージックを好んでいます。

私、重い、遅い、激しい音楽が特に大好きです。
そんな事から私、ギター、ベースのエフェクターのFUZZに魅了された訳でしてそれに合うケーブルをご紹介出来ればなと考えております。少しでも参考になれば...参考になりたい!初投稿はギター、ベースで使うFUZZに使うケーブルのお話です。

オヤイデ電気入り口右手にあるこちらの看板、来店された事がある方は見覚えはあるかと思います。こちらのラインケーブルというのが今回の主役です。
〇芯、〇sq、外径〇mm等、ケーブルの傾向等、ケーブルを自作する方に優しい情報が満載の看板です。

さてここから本題に移ります。
エフェクターのFUZZには、それはそれは色々有ります、勿論ケーブルも色々ありますので楽しむ事が無限大にあるわけですね!

FUZZを使った事が有るギタリスト、ベーシスト、ノイジシャンといらっしゃると思いますが同じエフェクターでもケーブルの芯数で明確に音が違うのです!
その発端になったのが私の所有しているKaneko sound designのFUZZ OVERDRIVEなのです。

私はMOGAMI3368を使っていたのですがFUZZ OVERDRIVEという名前もあってザラ感の強いオーバードライブと信じて疑いませんでした。
しかしある日友人に貸してみたところ「俺に言わせりゃFUZZだね」と一言、WHY WHY WHY BUT WHYと脳内を駆け巡るDISCHARGEの「WHY」
そこで彼の使っているケーブルは何だろうと思ったらBELDEN8412(青)だったのです。MOGAMI3368は1芯、BELDEN8412は2芯。
ラインケーブルとは言え別物。導体の事を言い出せば、より別物。それは違って当然だと思い自分であれこれ試してみました。

1芯ケーブルだとFUZZがとても扱い易くとてもオールドスクール感じです。良い意味で削られる帯域がピンポイントと言いますがミドルがグイっと押し出してきます。
分かり易く言うと60's70's的なニュアンスが盛り沢山です。

2芯以上のケーブルですとFUZZ味がバリバリです。天上天下唯我独尊と言わんばかりのFUZZ感を感じます。恐ろしいです。オクターブファズを使うと金切り声の様に唸りを上げるので派手目にしたい方にはお勧めです!

私、丸山のFUZZに合うと感じたケーブル9選
※各商品のコメントについては主観です。


CANARE GS-6
多くの人が通った事がある名作!どこかホッとする感じがするが国産FUZZとの相性は間違い無いと言えます。特にクラスト、ノイズコア、プリミティブブラックメタルとの相性は格別!私のルーツでもあります。


オヤイデ電気 Force'77G
見た目が兎に角良い!名前から理解する事が出来るST〇RWARS感満載、この時点で最高。音が前に出るのをしっかり感じます。名前のせいで補正されている訳ではないがストーナーロック、スペースロックに最適!押し出しが良い!


MOGAMI 3368
太い!兎に角太い8mmという極太のケーブル!見た目の圧力がまず凄い!FUZZとの相性は、太く逞しく押し出してくる。DjentからEMOまで、オールマイティにこなす頼れるケーブルです。太いので作成が困難ですがP-285Mを使うと作成する際、楽です!暴れん坊なFUZZを容易くコントロールさせてくれます。

BELDEN 9395
オールマイティの王様とも言えるのでは無いでしょうか!?何処かで聴いた事のある音を構築してくれる。本場アメリカンの間違い無い感じがFUZZを震わせる。ガレージのニュアンスを感じるオルタナやるならコレでしょ!?と言いたくなるケーブル!前段にオーバードライブを置きマフを繋いだらDOOMDEATH!

オヤイデ電気 G-SPOT
画像では分からないが見た目がトップクラスに良い!シングルコイル系のギターに繋ぐのが凄く良い!語彙力を失ってしまいそうだ…。耳に刺さる様なFUZZをコントロールするなら迷わずコレにすべきとも言えます。見た目のせいか繋ぐだけでDinosaur Jr.感が増される気がします。


MOGAMI 2534
ケーブルの特性がフラットな為かFUZZの味を上から下まで出して来る。これぞFUZZ味を全力で楽しむ事の出来る優れモノ!90年代のUKロックを感じるのですが何故だろう…綺麗目なのに残虐な音までいける驚異的なケーブル。


BELDEN 8412
ベストセラーとも言える最強のケーブル!ライブで見るとエクストリームな音楽をやっている方の定番中の定番。音がもうゴツイ!壁!正にWALL OF DEATH。と言ってはいますが(笑)FUZZともなるとカオティックハードコア、ブラッケンドには間違い無い!

SOMMER Galileo238
ケーブル界のニューカマー!?何も足さない何も引かない...まるで化粧品のキャッチフレーズの様な事を書いてしまったが、本当そうなんです!FUZZを使うとイメージ力を試される部分というのがあるのですが、このケーブルにはそれが無い。何にでも合うのが恐ろしい...自分の想像を形に出来てしまいます!だから怖いんです!太い割に重量が軽いというメリット付きです。

QAC-222Gなので画像では上の赤い方です。使ってみると分かるのですが、この持ち上がり方はズルイよ~と思わず笑ってしまう部分があります。こちらに関してはデジタル系のFUZZにでも抜群の相性です。打って良し投げて良し。FUZZとの相性で言えば赤繋がりという訳ではありませんが、SUPERFUZZとの相性は最高です。STONERやDOOM限定で言えばとてもJerusalemな気持ちにしてくれます。


他にも沢山ありますので個人的に今後色々と記す事が出来ればと考えております。
1芯は1芯の良さがありOVERDRIVE的にしてくれる部分が大きく感じます。
2芯等の多芯はFUZZとは何か!?と考えさせられるレベルでFUZZしている感じです。
そこはやはり芯数が関係しているので是非色々お試し頂きたいです。
最後にケーブルは何芯であってもロマンしかありませんので、止められませんね(笑)

最後までお読み頂きありがとうございます。
それでは皆様STAY DOOM! 丸山でした。
本日のBGM
corrupted/Paso Inferior
VADER/Solitude in madness

2020年7月31日金曜日

NEO by Oyaide Elec. Presents,『Live Wiring Report Extra edition』- HER NAME IN BLOOD -

オヤイデNEOが現場の声とその熱量をお届けする「Live Wiring Report」

6回目は番外編、
HER NAME IN BLOOD
エフェクターボードのワイヤリング模様をお届け致します

No.001:NONA REEVESの記事はコチラから!】
No.002:WOZNIAK記事はコチラから!】
No.003:TENDRE記事はコチラから!】
No.004:THE NOVEMBERS記事はコチラから!】
No.005:Garlic Boys記事はコチラから!】


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Artist Profile


HER NAME IN BLOOD
-プロフィール-
ヒューマンの思考回路とビーストの野蛮さ、そして強力無比に鍛え上げられた肉体とサウンドを併せ持つメタルバンド。
2007年結成。2010年にインディーズ1stアルバム『DECADENCE』をリリース。
2012年にEP『THE BEAST EP』、インディーズ2ndアルバム『HER NAME IN BLOOD』をリリース。数多くの海外アーティストのサポートを務める他、東南アジア、中国ツアーも成功させた。
2015年9月にWARNER MUSIC JAPANからメジャー1st EP『BEAST MODE』をリリース。同年の10月にはアメリカのカリフォルニアで開催されたKNOTFEST2015に出演、11月にはOZZFEST JAPAN 2015に出演した。
2016年の1月には【BEAST MODE TOUR FINAL】を恵比寿liquid roomにて開催し、SOLD OUT。
4月にEP『EVOLUTION FROM APES』をリリース。
9月14日にメジャー1stアルバム『BAKEMONO』をリリース。10月からBAKEMONO TOUR 2016を開始、11月にKNOTFEST JAPAN 2016に出演。11月から1ヶ月に渡るヨーロッパツアーでドイツ、イギリス、フランス、ベルギー、スイス、オーストリア、オランダ、チェコの8カ国を周り大きな反響を得た。
2017年4月、新ドラマーとしてMAKIが加入。
5月17日に新体制としての初作品となるEP『FROM THE ASHES』をリリース。
MEGADETH with ANTHRAX Japan Tour、SATANIC CARNIVAL2017、韓国PENTA PORT ROCK FESTIVAL 2017など数多くのイベントに出演。2018年4月、新体制としての初のアルバム『POWER』をリリース。ミックスエンジニアに若手件実力派のZakk Cervinl、グラミー賞受賞の重鎮、Tom Load-Algeらを起用し、世界基準のエクストリームサウンドを追求した。そのあと、アルバムを掲げて全6都市を周る【FULL POWER TOUR 2018】を開催。更には自主企画【KINGDOMS】を各地で成功させた。
2019年3月にはフィリピン•マニラで開催されたアジア最大級のメタルフェスPULP SUMMER FESTIVAL XIXに出演。SLAYERらと共に、今年の出演者の唯一の日本人アクトとして会場を最大級に揺らした。

Twitter: HNIB_official

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回はNEOソルダーレスが発表されたタイミングで導入頂いたGt.のDAIKIさんから、レビューコメントを頂いておりましたので、御覧ください!

Gt.DAIKIさん

「音が格段にクリアになり(メンバーにも言われました)音が格段煌びやかになりました。
今までの音自体が変わってしまった訳ではなく、ちゃんと自分の音は守りつつ変わった感じです。弾いてて気持ちが良いです。」


それではNEOソルダーレスを導入したエフェクターボードを見て頂きましょう!
先ずは導入前のボードから

before
after

そしてコチラがNEOソルダーレスシステムを使用して組み直した後のエフェクターボードです
信号ラインと電源ラインがそれぞれ分けて配線された美しい仕上がりのボードとなっています

テックさんの技が光る仕上がりになっていますね

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

簡単ですが本日はココまで

早くライブに行ける日常が戻ってきて欲しいと願い続ける日々です

それでは、また次回!



NEO by Oyaide Elec. Presents,『Live Wiring Report』- Garlic Boys -

オヤイデNEOが現場の声とその熱量をお届けする「Live Wiring Report」

5回目は、Garlic Boys 
お届け致します

No.001:NONA REEVESの記事はコチラから!】
No.002:WOZNIAK記事はコチラから!】
No.003:TENDRE記事はコチラから!】
No.004:THE NOVEMBERS記事はコチラから!】


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Artist Profile


Garlic Boys
1985年結成。
強者ぞろいのPIZZA OF DEATH RECORDS所属。
「あんた飛ばしすぎ」「YOKOZUNA」「ハッスルするっす」「泣き虫デスマッチ」など、この国のロック、パンク、ハードコア、メタル史に刻まれるべき数々のアンセムを響かせてきたGARLICBOYS。
LARRYの唯我独尊MCには若干とまどうかもしれないが(最終的には爆笑間違いなし!)、全霊のパフォーマンスですべての魂を奮い立たせる、“本物のライヴバンド”

HP: garlicboys.net
Twitter: xxgarlicboysxx

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨年、立川BABELにて行われたライブから、NEOのケーブルを導入して頂いたGarlic Boys

その後もFESや様々なライブでNEOのケーブルが使用され、Garlic Boysの音作りに一役買わせて頂いております

今回はGt.のLARRYさんと、Ba.のPESSINさんから、導入頂いたそれぞれのケーブルについてコメントが届いておりますのでご紹介します!

Gt.LARRYさん
Gt.LARRY さん
 「初めまして。GARLICBOYSでギターを弾いているLARRYです!
知ってる人は知っている、知らない人は全く知らないとは思いますが、モハメドアリよりは軽いですがヘビーなサウンドを売りにしております(自称)

以前はギターの音圧中心で前に出る音作りが好みだったので、そのあたりに定評のあるケーブルを使っていましたが、今一つ音の抜けに悩んでいました。

このQAC-222Gケーブルを使わせてもらってビックリ!スッキリしているんですが存在感のある音像に変身。しゃしゃらず一歩ひいた大人になれた気がします。」

ギターからはQAC-222Gを使用
足元からアンプまでも同じくQAC-222Gを使用しています
LARRYさんのギターアンプ周り
アンプのセンドリターンに接続するケーブルにもQAC-222Gを採用しました
スピーカーケーブルにはSP-3398SS
電源ケーブルはAXIS-303GXです
「ギターシールド(QAC-222G)、スピーカーケーブル(SP-3398)、電源ケーブル(AXIS-303GX)の3点をライブで使用しての感想ですが音質、音圧共に、過剰に足さない引かないというシンプルな基本を軸にして作られている気持ちの良いケーブルだと感じました。

サウンドメイク的に低音下寄りのアンプセッティングなので、ライブでは埋もれがちだった出音が抜けを伴って非常に存在感のある音に変わったなという印象を受けました。

音のハリ、輪郭も感じられて気持ちよくプレイさせていただいております。ありがとうございます!!」

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Ba.PESSINさん

・QAC-222G
「シマってて抜ける音、シャープな印象です。クセがなく粒立ちがいいので、ピッキングのニュアンスがダイレクトに出ます。
バンドアンサンブルの中でも他の楽器の邪魔をせず、かつスッキリとした凛々しい感じがしています。」

・Force'77G
「アタッキーな高域と気持ちいい中低音の膨らみが出てワイルドな感じがします。ベーシストにはたまらない音だと思います。
ブインブインいわせたい時には最高に気持ちがいいです!」

この日はQAC-222Gをチョイス


ベースから足元、足元からアンプまでをQAC-222Gでワイヤリングしていました

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

前回とはまた違った音楽性を持つバンドさんのLWRでした


ジャンルに囚われず広く活用できるところもオヤイデNEOの強みの一つです

それではまた次回、お会いしましょう!




2020年7月30日木曜日

【オヤイデ電気 秋葉原直営店】8月の営業時間のお知らせ

【オヤイデ電気 秋葉原直営店】8月の営業時間のお知らせ

【オヤイデ電気直営店の詳細はこちらから】

【8月・営業時間のお知らせ】
★臨時休業日:無し
★時短営業日:8月10日(月・祝日)(18時閉店になります)

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、
 今後営業時間が変更になる可能性もございますので、ご了承ください。



OPEN:10:00
CLOSE:19:00
定休日:日曜

15時までの注文で即日発送も可能です。(在庫要確認)
在庫品内外問わず、お客様のご要望に沿って御見積差し上げます。

<オヤイデ電気・直営店までの道順>