2019年8月19日月曜日

一般家庭では不必要?だけど現場作業で大活躍!ケーブルプロテクター

毎日、暑いですね。秋葉原も暑いです。
お盆休みも終わって今日から仕事って方も多いかと思いますが、
今週も「週刊サンデン」にお付き合いください。
今週紹介する商品は、ご家庭ではまず必要としない、
絶対に使用しないと言っても過言ではない、
使用している家庭があれば見てみたい、
でも必要な方には大変便利な優れもの!そんな商品のお話です。







さっそくですが、下の写真が今回紹介する商品です。
なんだと思います?






何これ?って感じでしょうか?
そもそも大きさの想像ができないかと思いますが、
こちら長さが900㎜、幅が500㎜あります。
そこそこ大きいサイズです。

何に使用するかといいますと、ケーブルプロテクターです。
真ん中の溝の部分にケーブルを通して使っていただきます。





イベント会場や、お祭り会場、工事現場、工場敷地内などで
溝を掘ったり、コンパネを細工したりすることなく
手軽にケーブルを保護することができます。








実際に使用している写真はこんな感じ。
ひょっとしたらたら、あちこちのイベント会場で見たことがある方も
多いんじゃないでしょうか?


















こんな感じに車が乗っても壊れません!
25トンまでの車が乗っても大丈夫!
オーストラリア軍お墨付きの耐久性です!
*実際に車両で乗り越える場合は徐行してください。

現在取り扱っているサイズは下記の2種類になります。






21,600円

サイズは1,000㎜x250㎜x45㎜です。
溝のサイズは30㎜x35㎜で、2本の溝があるタイプ。
スリムな形状のため、スロープ部分の傾斜角度が高くなっています。
そのため設置後にトラックのタイヤの衝撃でずれる場合がありますので、
使用するケーブルが少ない場合でも、トラックが通る現場では次に紹介する
ワイド収納タイプをご使用ください。





28,080円

サイズは900㎜x500㎜x50㎜。
スリムタイプより多い5本の溝があるタイプです。
溝のサイズは34㎜x36㎜。(中央の1本のみ40㎜x36㎜)

どちらも取り寄せ商品になりますが、通常お待たせせずに納品可能です!

またオプションになりますが、こんなオプション商品も。




バリアフリー・スロープ(外付け)

後付けで両サイドに装着して、傾斜をゆるくする商品です。
車椅子や自転車、また荷物を運ぶ代車もスムーズに通ることが可能になります。

*写真はワイド収納タイプに付けたものになります。



コーナーピース

コーナー部分もキレイに収納したいという方には、
こういった仕様のものもございます。


この他にも、極太収納タイプや、50トンまで耐えられるタイプなども取り寄せ可能です。
お問い合わせは下記まで。


以上、根津でした。




2019年8月15日木曜日

【新連載】風に吹かれて、オーディオボヘミアン。


皆さん、こんにちは。
ご存知の方もそうでない方も、オーディオボヘミアンこと近藤です。

月刊Stereo誌におきまして、約一年間連載しておりました「オヤイデ近藤のオーディオボヘミアン」をこちらに場を移しまして、徒然なるままに続けていければと思っております。

新しいものを作って試してみたり、色々な方のお宅に訪問してみたり、はたまたどなたかとオーディオについて語り合ってみたり。そんな内容で進めていければなと夢は膨らむばかりです。

さて、記念すべく第一回目は「オーディオ専用屋内配線 EE/F-S2.6 V2 でスピーカーケーブルを作ってみました。つまりハイクオリティーな単線のスピーカーケーブルを作ったということです。

ここを読まれている方は、もちろんご存じだとは思いますが一応おさらいとして、単線というのは導体が針金のような1本線になっています。撚線とは、極細の線を束ねて1本の線にしたものです。つまり、その導体の構造上の理由から電気の流れ方が変わり音質も変化するということです。

一般的には「単線のケーブルは撚線のものに比べ定位がしっかりし固めの音質」なんて言われてたりします。「定位がしっかりする」には同意しますが、「固めの音質」に関してはあまり同意はしませんが。

兎にも角にも、単線と撚線では音質の世界観が全く違うということです。

そして、一度どハマりすると「この曲は単線じゃなきゃ聴きたくない!」というのが出てきます。それぐらいの魅力が「単線」には秘められています。

ということで早速試聴を。
曲は僕の大好きな映画であり「KILL BILL」でお馴染みのクエンティン・タランティーノ監督の処女作であるReservoir Dogsよりこちらを。


「音の張り出し感がハンパない、、、」

そう、待っていたのはこの感覚。特にこのヴォーカル帯域の張り出し方は、絶対撚線では得られません。ギターの艶感も素晴らしい限りです。

この特性を予想しつつ選択した金メッキバナナプラグ「GBN も功を奏したのか濃厚なサウンド、絵で例えるなら油絵とも呼べるものになりました。

濃厚と言えど、低音は無駄に膨らまず逆に程よき量感に落ち着き、油絵の如く距離感は薄らいだものの、それを補って余りある独自の世界観は「単線マニア」の皆さまにはたまらないのではないのでしょうか。

過去、Stereo誌の「ボヘミアン」では同じく単線である「FF-20 V2」でもスピーカーケーブルを作ったことがあるのですが、太さとシールディングの効果もあってかより濃厚な張り出しサウンドを求めるならば、是非今回のものをおススメします。

撚線とは全く異なる世界観を持つ単線。今回の実験を経て、真剣に単線もののスピーカー専用ケーブルを作りたいと思いました。

夢は膨らむばかりですね。



近藤








2019年8月13日火曜日

【9Vパワーサプライで18V出力】ボルテージダブラーDCケーブルの作り方

フルアイソレートされたパワーサプライの「9V出力×2個」を「18V出力×1個」に変換する、ボルテージダブラーDCケーブルを作ってみました!

ただの18V出力に変換するだけではありません。
線材によって電源の質が改善されることにより、
エフェクターのクオリティも格段にアップします!

最近18V駆動に対応したエフェクター、増えましたよね。
18Vで駆動ができるとヘッドルームを広く稼ぐことが出来る為、特に歪み系や空間系においては効果が絶大で、最近のエフェクター好きの人たちにとっては「ヘッドルームを広くするか?狭くするか=ボルテージ選択」は当たり前になっているかもしれません。

ヘッドルームとは・・・デジタルおよびアナログオーディオでは、ヘッドルームとは、オーディオシステムの信号処理能力が指定された公称レベルを超える量を指します。ヘッドルームは、例えばクリッピングによってシステムまたはオーディオ信号を損傷することなく、一時的なオーディオピークが公称レベルを超えることを可能にする安全ゾーンと考えることができる。(wikipedia出典)

私の好きなFulltoneFriedmanSuhrLeqtique等も、仕様上18Vで動作することを保証しているエフェクターが多いです。
もし自分の使っているエフェクターが18Vでも動作して、今まで9Vでしか使ったことがないよ!って方は、この機会に18Vの音質を確認してみることをお勧めします!ちなみに私は断然18V派です笑

こちらが現在市販されているVoodoo LabのVoltage Doubler Cable
StrymonでもDoubler Cableが付属されています。

★ダブラーケーブルは「VoodooLab」「Vital Audio」「Strymon」のような完全アイソレートされたパワーサプライでご使用ください。アイソレートされていないパワーサプライで使用した場合、他のエフェクターの破損に繋がります。

-----

ということで、ボルテージダブラーのメカニズムと作り方をご紹介していきましょう!

●何で9V出力から18V出力が出せるの?
DCケーブルは直流電源を扱っており、パワーサプライは0V電位を基準として+9V電圧を出力しています。
つまり0V電位を9Vまで引き上げてあげることで、+9Vの電位差により+18Vが得られる、というのが電気的なメカニズムです。

回路で解説すると画像の通り、9Vで出力した回路上に+9V電源を追加します。
小学生の理科でも勉強した通り、直流の電圧を求める時は回路上の電圧を足し算すれば良いので、
「9V+9V=18V」が導き出されます。回路にすると非常にシンプルです。

「理科は大の苦手だ!図工は5の俺に、実体配線図で教えてくれ!」って方はこちらをどうぞ。笑
9V出力を隣の9V出力に持っていくことで、電位を+9V引き上げることができます。

しかしこの回路には1点問題を抱えています。

電源ラインにおいて、プラスとマイナスの線を切り離すとグラウンドループ(アースループ)が発生し、赤斜線の部分がアンテナの役割を持ち、外来ノイズを拾いやすくなってしまうのです。
これは照明や雑音の多い大会場になるほどデメリットとなり、プロの音響屋はループノイズを最小限に留める努力を惜しみません。

そこでループ対策を施したケーブルはこのような構造になります!ループ対策にはツイスト線が効きます。
ちょっと遠回りですが、全配線をツイスト線でまとめることで万全な対策となります。
-----

そうして完成したボルテージダブラーDCケーブルがこちら!

DC-3398LLでも使用している「白黒ツイスト線」を使用しました。
※DCプラグのカバー全体には絶縁処理を行います。
こちらは50cm物1本\5,480(税別)でオーダー可能です。
※納期:約1週間

★「ちょっと作るの難しそうだな・・・」という方はこういった作り方もオススメ!
DC-3398LL」を2本をくっつけて、「DC-2.1G」でまとめるという手法です。

短いケーブルは「20cm物」から切り詰めると丁度良いです。10cm物から作ると短すぎて作業大変です。

まずどちらのケーブルが「9V→9V側(短い)」「9V+9V→エフェクター側(長い)」を確認しておきます。
半田で繋ぎ合わせる際には下記の通りの結線になります。
9V→9V側(短い)→マイナス側
9V+9V→エフェクター側(長い)→プラス側

裏技的ですが、このように回路を形成する為に1か所「半田」で繋ぎ合わせる必要があります。(重要)


束ねたら必ず絶縁しておきましょう!(超重要)
絶縁には収縮チューブ(内径4mmぐらい)絶縁テープ(なるべく薄厚のもの)を使います。

こちらも完成!

DC-3398LLに付属しているシールを使って、9Vと18Vを識別すると使いやすいかもしれませんね。
※画像では9Vを青、18Vを赤にしました。
※こちらも金属カバーのみ絶縁処理を行います。
こちらは50cm物1本¥5,840(税別)でオーダー可能です!

 ★DCケーブルにおける使用上の諸注意★ 
エフェクターの電源をONにしたままDCケーブルを差し込まないようにしてください。電源がONになったままDCケーブルを差し込むと、機器の破損や火花が発生して火傷がしてしまう恐れがございます。使用の際には十分ご注意ください。

以上、原田でした~。

PS.多数の有識者にアドバイス頂き、8月14日付でブログの内容を校正頂きました。多くの皆様にはご心配をおかけして申し訳ございませんでした。この場を借りて感謝申し上げます!

2019年8月12日月曜日

デペントvsリッツ線


こんにちは。小島です。

溶けるような暑さが続いておりますが、皆さまお元気でしょうか。
私は少し夏バテ気味で、アイスばっかり食べております。

今日はそんな溶けるような暑い日に溶かす実験をしました。
それでは、週間サンデン始めます。




過去に「デペントKXを使って、無理矢理UEWの被膜を剥がしてみた!果たして剥がせるのか?」という記事がありましたが、リッツ線については触れていない&店頭で質問をいただく事があるので、今回はデペントでリッツ線の皮膜は剥がせるのかを検証しました。

まず、リッツ線とは…



「リッツ線は、エナメル線を撚り合わせたもので撚り線とも呼ばれ、高周波用コイルの線材として使用されています。
エナメル線を素線に使用することにより、各温度指数に対応するリッツ線が得られます。
単線と比較して高周波領域での抵抗上昇が抑えられ、コイルの温度上昇を低くすることができます。
可とう性に優れています。
端末処理加工を容易にするため、はんだ付け可能なエナメル線を素線に使用することをお勧めします」

オヤイデ電気HPより引用

という、柔らかく、高周波特性の優れた線なのですが、いかんせん導通させる際の予備ハンダが少々面倒臭い…

という事でデペントの登場です。



本来はポリエステル塗膜されたマグネットワイヤーに使用する剥離剤ですが、これがウレタン塗膜でも使えたら作業も一段と楽になるはず!

では検証です。

まずは、リッツ線30/0.08で実験。
リッツ線をデペント液に30秒ほど浸します。
見た目では変化が分かりづらいですが、わずかに先端に透明なウレタン被膜が剥がれているのが確認できます。
ここで1分ほど乾燥させ、デペントを拭き取ります。


導通チェック!

無事導通しました!
難なく導通しましたね。


それではこれはどうだ!



オヤイデ電気で在庫しているリッツ線の王様…
2重綿巻OFCリッツ線 4/57/0.12!
なんと脅威の228本撚り(2.57sq相当!)



デペント液に浸したもの。
浸した段階でプクプクと泡が出てきました。これは期待できる。


上:拭き取り済  下:未拭き取り

こちらは先端にウレタンの皮膜が少し剥がれているのが分かりやすいですね。期待UP。


 導通チェック!

こちらも導通しました!
ただ、3回ほど試したところ導通していない部分もあったので、しっかりと浸し・乾かし・拭き取る事が大事です。

結果は、
リッツ線のウレタン皮膜もデペントで剥がせます!

ただ、デペント自体はそもそもポリエステル系の被膜を剥がす溶液なので、ご使用の際は自己責任にてご使用くださいませ。

それでは!

~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~


秋葉原直営店に是非お越し下さい。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。


 

営業時間:10:00~19:00

定休日 : 日曜日(年末年始)

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!

✉webshop@oyaide.com



2019年8月10日土曜日

MMCX仕様・イヤモニ用リケーブルがリニューアルしました!【プロミュージシャン・エンジニア向け】

プロミュージシャン向けのイヤモニ用リケーブルMMCXコネクターをリニューアルしました!
オンラインショップの商品ページはこちらから

既に多くのプロミュージシャンに採用頂いているイヤモニ用リケーブルですが、プロの使用者から頂いてた要望に応えまして、「MMCXタイプ」の仕様を下記のように変更しました!

  • 耐久性の高い『樹脂製モールド仕様のMMCXコネクター』を採用しました。
  • MMCX付近の断線症状から原因追及し、耳掛け部分となる『形状記憶チューブ』の材質を変更し、耳掛け形状も変更。
  • 暗いステージ上での視野性を向上するべく『モールド樹脂を右側のみ赤色で色分け』し、L/Rの識別を最短時間で判断できるようになりました。


今回、新規導入した「樹脂製モールド仕様のMMCXコネクター」

音質的にも取り回し的にも好評を頂いており、ツアー開始前にプロミュージシャンが購入されるケースが増えてきております。


モニター環境が改善されれば、仕事のパフォーマンスが向上すること請け合い!
ライヴやレコーディング現場でイヤモニを導入している皆様、是非ご検討くださいね。

以上、原田でした~。