2020年10月19日月曜日

LANケーブルのパッチコード在庫してます!

 まだ10月なのに、急に寒くなりましたね。

ちょっと前まで暑かったのに、夏から秋をすっ飛ばして冬になったような。

先週末なんて都内でダウンコート着てる人もいましたからね。

まだまだコロナも終息しない中、風邪などひかないように気をつけましょう。

そんな今週の「週刊サンデン」は、ほとんどの家庭で必要なんじゃないか?

という、あの商品の紹介です。

あって当たり前になっている生活必需品?


いまや多くの家庭でも、ご自宅にネット環境は整備されているかと思われます。

実際今このブログを読まれている方も、スマホで読んでいただいている方もいるかと思いますが、パソコンで読んでくれている方もいらっしゃるでしょう。

そんなパソコンでネットを繋ぐのに必要なものといえばLANケーブルです。

オヤイデ電気では以前から切り売りのLANケーブルは販売しておりましたが、

お客様「LANケーブルないですか?」

オヤイデ店員「切り売りのものでしたら」

お客様「そうじゃなくて、プラグ付いた完成品なんですけど」

オヤイデ店員「すみません。取り寄せになってしまいます」

こんなやり取りを繰り返してきたわけですが、ようやく完成品のLANケーブルを在庫開始いたしました!

それがこちら。



CAT6パッチコード TSUNET-MC1000E(B)-MP 8C


製品の特長としてはこんな感じです。

  • 高速LANギガビットイーサネットに最適なカテゴリ6(CAT6)ケーブルです。
  • 1000BASE-T(IEEE802.3ab)および1000BASE-TX(TIA/EIA-854)に対応します。
  • ANSI/TIA-568-C.2 Category6の性能を有しています。
  • JIS X 5150:2016 カテゴリ6(クラスE)にも準拠します。
  • 十字介在使用により250MHzまでの優れた電気特性を有しています。
  • 10ギガビットイーサネットにも応用できます。※TSB-155によるフィールド測定(判定)が必要です。
  • RoHS対応。
  • ※モジュラプラグ結線は標準T568Bストレート配列となります。
価格は
1m 1,265円
1.5m 1,342円
2m 1,397円
3m 1,540円
5m 1,815円

この他の長さも受注生産品になりますが、取り寄せ可能です。ご希望の長さがございましたら、お問い合わせください。
また在庫色はライトブルーのみになりますが、
橙、赤、黄、薄緑、緑、青、クリーム、白、灰、桃、紫、黒
も取り寄せ可能です。

また、こちらのLANケーブルは正確な品質管理により、メーカーでスピード保証をしっかりした検査したうえで出荷されています。
そんじょそこらのただ単にケーブルにプラグつけただけの、LANケーブルではございません。
どなた様にも安心して使用していただけます。

オンラインショップからお求めの方は、こちらから。


秋葉原直売店では、

お店の外の


DCケーブルや、UEWのボビン巻がぶら下がっている


看板の並びに


展示してあります


スペースの都合上、展示してあるものは各サイズ1~2本ですので、数が必要でございましたら店舗スタッフまでお声がけください。


また、LANケーブルの切り売りもございます。

あわせてご利用ください。


LANケーブル NSGDT6 0.5mm×4P CAT6


1m~110円
10m~88円
100m~77円
300m~69円

プラグの在庫もございます。


RJ45コネクタ SP688C (CAT6用 / 単線・撚線共用)


1個 176円
100個 15,400円

カテ6Aをお探しの方はこちら


ツイストペアLANケーブル TPCC 6A(CAT6A)


1m~264円
10m~220円
100m~198円
200m~176円


RJ45コネクタ SP6X88-C (CAT6A用 / AWG23~AWG24 撚り線/単線用)


1個 440円
100個 38,500円

その他、お探しのものがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL: 03-3253-9351

以上、根津でした。

2020年10月14日水曜日

【3398-PC】パッチケーブル、細いは正義!?

ライブでギターを借り、エフェクター1個だけ持って行ってピックを忘れてピックも借りていた丸山です。

ペダルボードを使っている方もそうでない方も必須となって来るのがパッチケーブルですね。今回はそんなパッチケーブルのブログです。

今回の主役は現在店頭のみでの販売となっている【3398-PC】です。特注で長さ等を指定して頂く事も出来る点は他のパッチケーブルと同様ですので店頭で気軽に仰って下さい。

さて、この3398-PCですが兎に角...軽い。軽いだけがメリットか?そうではないのです。エフェクターボードに設置した際、一般的なアタッシュケースみたいなタイプの物ならば気付かれないかもしれませんが幅を詰めれるので場合によっては置きたかった、あのペダルやこのペダルが置けるかもしれません。

極々一般的なパッチケーブルだと幅はこれ位詰めれます。

次に【QAC-222&P6.3L】


あえて詰めませんでしたが見栄えがスッキリしてカッコイイです。

プラグの【P-6.3L】は穴径が4φと6φがあるのでケーブル選びの幅が広がります!

    今回の主役【3398-PC】

凄くないですか?連結プラグか?という位の収まり感!

ペダルボードを構築する際に「あと1個入れたかった」「ケーブルが干渉してエフェクターの収まりが悪い」等の悩みを解決してくれます。

あくまで主観ですがケーブルが太くないのでスノコタイプを使った場合、特に分かって頂けると思いますがプラグが小さいので兎に角詰めれるしケーブルが細いのでボード下もスッキリ!

一般的な外径6mm程度の物と比較すると屈曲性は最早、軟体生物と言わんばかりで取り回し抜群ですので目から鱗!?


作るのも醍醐味!作りたい!そんな方は以前のブログを是非読んで頂きたい。

【DIY講座】超小型フォンプラグでパッチケーブルを作ろう!≪ P-6.3L編 ≫

https://oyaideshop.blogspot.com/2020/03/diy-p-63l.html

【↑↑↑上記をクリック↑↑↑】

秋と言えば「〇〇の秋」という事で製作しても面白いですよ!

店頭だけの商品も沢山あります!今後、紹介していきますので、よろしくお願い致します。

E-mailwebshop@oyaide.com

TEL03-3253-9351

丸山でした。

本日のBGM

DEFTONES/Ohms

GREENMACHiNE/GREENMACHiNE



2020年10月12日月曜日

意外と知らないはんだこて台の種類

 こんにちは!

金木です!


はんだこて

はんだこての選び方

こて先

こて先の選び方

とやってきて今回の週刊サンデン

はんだこて台です!

私はんだこて台ってはんだこてが置ければ何でもいいと思っていましたが、
実ははんだこて台ははんだこての種類によって使い分けがあります。

ニクロムヒータータイプ


オヤイデでとりあつかっているものだと
Hakko Redシリーズです。

ニクロムヒータータイプはセラミックヒータータイプより熱容量が高い為、放熱がしやすいこて台になっています
Hakko Redシリーズには小さいはんだこて台がついているのですがコレほんとに最低限の大きさしかなく、気を付けてはんだこてを置かないと転がり落ちて床を焦がしてしまうことがあります。

しっかりニクロムヒータータイプのはんだこてを置くならこちら

簡易型はんだこて台 NO.602

折り畳みできてコンパクトに収納できます。
置いた時に熱を遮る物が無いので放熱性は抜群です。
660円(税別)

安全にこてを立てかける事ができます


gootはんだこて台 ST-11

しっかりはんだこてをホールドできて放熱性が高いコイル状ホルダーを採用しています。

900円(税別)

台座も程よく重さがあり、安定感があります

しっかりとホールドできています



続いては、

セラミックヒータータイプ



オヤイデで取り扱っている物だとFX-600などです。
こちらにははんだこて台はついていません。


はんだこて台 633-01

こて先の温度降下が少ないHAKKO NO.599Bと一体化できるはんだこて台です。
店舗で使用中の633-01を撮影しました。
横から撮った図です。
ニクロムヒータータイプ用のはんだこて台ほど放熱を意識した形にはなっておりませんがセラミックヒータ―タイプならこの形で問題有りません。

FX-600の収まりもかなり良いです。


2,000円(税別)


どおりで家でFX-600を使用していた時、ニクロムはんだこて用ST-11にセラミックはんだこてFX-600の収まりが悪かったのかと現在ものすごく納得しています。

確かに収まりが悪いように感じます


収まりの良い半田こて台は、はんだこてのヒーターがニクロムかセラミックかよく確認してから選びましょう!

以上!金木でした!

~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~


秋葉原直営店に是非お越し下さい。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。




営業時間:10:00~19:00

定休日 : 日曜日(年末年始)

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353


メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!


✉webshop@oyaide.com






2020年10月10日土曜日

2020年10月5日月曜日

測定器にも色々ある

 こんにちは、本多です


昨日は第二種電気工事士下期筆記試験でした

受験された方はお疲れ様でした


私も午後の部で受験してきました

会場は東京ビッグサイトだったのですが、展示会や即売会以外でビッグサイトに行くのは初めてで、なんだか新鮮でした


会場内の写真なんかは撮れないのでお見せする事はできないのですが、天井の高い、ただっぴろい会場にズラッと並べられた机と椅子、老若男女幅広い年齢層の大勢の受験者


普段は大学の教室などで、230人に分かれて受験しますので、いつもと違う雰囲気に少し緊張しつつも、しっかりと1時間ほどで試験を終え、会場を後にしました


今朝方、回答が公表されましたので自己採点をしてみたところ、七割以上を正解できていました


電工試験の筆記では六割以上をとれていれば合格と言われていますので、一先ず合格ラインに達しているということで一安心できました


合否の通知は11月に来るので気は早いかもしれませんが、早速実技の練習に取り組んで行きます


通販課にいますと、電工試験の練習用部材かな?ってご注文の方もちらほら見受けられます

皆さん準備が早いですね、負けてられません


それぞれ必要な分だけお買い求め頂くのも勿論OKですし、実技向けの部材セットもオヤイデ電気では販売しています


2020年度第二種電工試験練習用ケーブルセット

https://shop.oyaide.com/products/2020denki-1.html


年末の実技試験に向けてガンガン練習しちゃいましょう!


さて、試験明けの私がお送りする今週のサンデンですが、測定器についてです


色々なケーブルを自作する方でしたら、テスターを持ってない人はいないと思いますが、テスター(回路計)も測定器の一種です


一口に測定器と言っても色々な種類があることをご存知でしょうか?


例えば、テスターだけでも、簡単な導通チェックだけのものから、電圧値や電流値、抵抗値の測定など色々な事ができる機種まで、用途によっても様々です


今回はオヤイデ電気で取り扱っている数種類を紹介します!



NEO DB−2 ケーブルテスター



https://shop.oyaide.com/products/p-4681.html

オヤイデ自作ユーザーの方に長年愛用されているであろう、簡易ケーブルテスターです

私も入社時から今の今までずっとお世話になっています

上記写真はボロボロになったマイDB−2です


本当に簡単な導通チェックのみを目的としたケーブルテスターですので、デジタルテスターなどのように設定をしたりなんだりは一切必要ありません


標準フォーンTSTRS3.5mm TRSRCAXLR(オスメス1個ずつ)、スピコンの、5種類のジャックが筐体のサイドに付いており、対応するプラグ・コネクターを差し込んで上面にあるノブを操作する事でLEDの点滅で簡単に導通しているかいないかを確認できます


もしくは、付属のテスター棒を使ってより簡単に確認することも可能です

電源は9V電池で動きます(最初から付属しています)し、バッテリーチェッカー機能までついています


簡易テスターと言いつつ、案外盛りだくさんです

初期型にはMIDIのチェッカーも着いていたそうで、未だに持ってる方っていらっしゃるんでしょうか?


ちなみに、私は手持ちの9V電池が尽きた際に、筐体に穴を開けてアダプター駆動ができるように改造しました


左上の穴は開ける場所を間違えた跡です。
興味がある方は真似して見て下さい(笑


SANWA デジタルマルチメータ PM3



https://shop.oyaide.com/products/sanwa_pm3.html

ポケットサイズのマルチテスターです

以前まではHOZAN製の商品を扱ってましたが、販売終了に伴いこちらに切り替えました


直流電圧、交流電圧、抵抗値、コンデンサ容量、周波数と、色々な測定をこなせます


もちろん、単純な導通チェックもできてしまいますから、一台持っているだけで役立つ、随分と便利な品物です


工事関係者の方はもちろん、舞台やステージ関係者の方の工具箱にも、この手のテスターは必ずと言っていいほど入ってますよね


私も現場に伺う際は、基本的にカバンに忍び込ませるよう心がけています



HOZAN D-745 LED検電ドライバー



https://shop.oyaide.com/d745.html

こちらについては過去の記事https://oyaideshop.blogspot.com/2014/10/blog-post.html )を参照頂くとして、実はこちらも「検電器」と言われる測定器の一種です


電気回路に電気が通っているかどうかを確認できる品物ですね

活線側に差し込むと中のLEDが光るというものです



オヤイデ電気で在庫しているのは上記の3種になります

あとはLANケーブルの導通確認ができる「LANテスター」というニッチな品があった気がしたのですが、詳細を確認出来ませんでしたので今回は載せておりません







最後に、測定器と呼ばれるものをいくつか紹介します

電気工事で使うこれらは、おそらく取り寄せなら行けるはず!(出来ないこともある)


絶縁抵抗計



読んで字の如く、絶縁抵抗値を測る計器です

詳細はバッサリと省きます、が、電工試験に出るので来年受験する方は、区分ごとの抵抗値の数字をしっかり覚えておいた方がいいですよ!(自戒)


接地抵抗計



先日紹介したアース棒を接地した後に接地抵抗を調べる際に用いる計器です

補助棒×2本を使って測定します

これの測定方法も試験にバリバリ出ます!てか出ました!


クランプ形電流計



電流を測るのには、通常通電路を切断して電流計を挟み込むのですが、クランプ形電流計を使用すれば電路を切断せずに測定する事ができるという優れもの

電流の測り方と「漏れ電流」の測り方は違うから間違わないように注意ですよ!(詳細はh...)


検相器



三相電源の相の順番を調べる時に使います


照度計



学校や工場など、それぞれの場所で適した照度が定められており、施工した照明の照度を測定するのに用います。


上記測定器の画像は、今回電工試験の勉強で大変お世話になったオーム社様の「ぜんぶ絵で見て覚える 2種電気工事士筆記試験すい~っと合格(2020年版)」のテキスト内写真から引用させて頂きました。めっちゃ分かりやすいテキストでとても勉強が捗りました!


他にも漫画で勉強できる本など、分かりやすい関連書籍が多かったのでとてもオススメです!次回受験される予定の方は是非!!

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784907394707/







はい、と言うわけで測定器についての記事でした


次は技能試験用の、何かしらの記事を書こうと思います


それではまた次回、本多でした