2019年7月22日月曜日

2P?2C?㎜?㎟?電線サイズの呼び方、測り方

昨日、7月21日は参議院議員の選挙だったわけですけど、
みなさん投票には行きましたか?
昨日の午前中にTwitter見てたら、トレンドに上がってきていたのが、
「零票確認ガチ勢」。
ご存じの方も多いと思いますが、選挙の朝一に投票箱の中が空っぽなことを
確認してもらわけなければならず、
その確認をするために朝早くから投票所に並んで一番乗りを目指すという人が
Twitterにあげていたのです。
思えば私も10年ほどまえに、なんの選挙だったかは忘れましたが、
「一度確認作業ってものを体験してみたいなぁ」と思って
朝6時頃に投票所を行ったところ、すでに3~4人の先客がおり、
がっかりして一度家に帰って二度寝したことを思いだしました。
そんな選挙明けの月曜日。「週刊サンデン」、内容は選挙と全く関係ありません。




お客様とお話させていただく中で、ケーブルのサイズを仰っていただくのですが、
「2ミリの2芯の線ください!」とか、「2ミリの2ピンの線ください!」、
「2ミリの2ペアの線ください!」などお客様によって呼び方が色々なんですよね。


上の写真は「VVF1.6㎜x2芯」です。
素線(白い絶縁体の中)が1本だけで構成されているもの。
「ミリ」「φ(ファイ)」なんて呼び方が一般的です。
芯数の数え方は、黒と白の2本しか入っていないので、
「2芯(2C)」というのが一般的ですが、
中には「2ピン」っていう方もいらっしゃいます。



で、この上の写真は「CPEV0.9mmx2P」です。
0.9㎜の線が「2ペア(2P)」入っています。2ペアですので、4芯です。
これが一番勘違いされやすいのですが、「2ピン」と仰る方と「2ペア」と仰る方。
おそらくどちらも頭文字が「P」だからでしょうか?
ケーブルを切断する前に再度確認はさせていただいておりますが、
2芯なのか、2ペアなのか、今一度ご確認ください。

こういった芯数以上に勘違いされやすいので、「単線」「撚線」の違いです。
日頃から電線に触れる仕事でもしていなければ、一般の人は電線に「単線」と「撚線」があるなんて考えないんじゃないのかなぁと思ったりします。
私自身、この仕事するまで知りませんでしたから。



上の写真の上側二つが「単線」で、一番下が「撚線」です。
そもそも「撚線」が読めないんじゃないかとも思うんですが、
「よりせん」と読みます。
「単線」は文字通り中に1本しか入っていないもの。
「撚線」は中に細い線がたくさん入っているものです。

「単線」の呼び方は「2㎜(ミリ)」や「2φ(ファイ)」というのが一般的で、
対して「撚線」は「2m㎡(平方ミリメートル)」、「2sq(スクエア、スケア)」
と面積で表します。
それぞれのサイズの測り方ですが、測定するのに使用するのが、こういう道具です。




デジタルノギス

使用方法はこんな感じです。

(VVF1.6㎜x2芯の場合)

単線であれば、1本の導体のサイズを測れば、すぐにサイズはわかります。
では撚線の場合には、どうしたらいいでしょう?

(VCTF2sqx2芯の場合)

①ケーブルを剥き、中の導体のサイズを測ります。(この場合0.26㎜です)
②中の導体の数を数えます(この場合37本です)
③導体1本あたりの円の面積を計算します。(半径x半径x3.14)
0.13x0.13x3.14₌0.053066
④上で計算した数値に導体本数をかけます
0.053066x37₌1.963442
となります。

*単線の場合は導体の半径x半径x3.14で計算できます。
VVF1.6㎜の場合は0.8x0.8x3.14₌2.0096sqになります。
つまり、単線の2㎜と撚線の2sqは、ほぼ同サイズ!


上の写真ですが、全て3.5sqです。上から、
・KIV3.5sq(0.32㎜x45本)
・IV3.5sq(0.8㎜x7本)
・RSCB3.5sq(0.12㎜x308本)

それぞれ素線構成が違うわけですが、さきほどの計算式にあてはめると、
KIV3.5sq₌3.617sq
IV3.5sq₌3.516sq
RSCB3.5sq₌3.481sq
となります。


同じ3.5sqのものでも、素線構成が細ければ柔らかくなりますし、
逆に太ければ硬くなります。

今回、「単線」と「撚線」のお話をしたわけですが、「0.5㎜と0.5sq」、
「2㎜と2sq」など同じ数字でありながら全く別のサイズのものが存在します。
お求めいただく際には、今一度ご確認ください。

また、その他にご不明の点がございましたら、
下記までお気軽にお問い合わせください!。

TEL03-3253-9351

以上、根津でした。



2019年7月19日金曜日

ケーブル切るの大変だったら、オヤイデにたのめばいいじゃん!

月に何度か、こんな注文をいただくことがあるんです。


なんだかわかりますか?


スーパーフレックスVCTF 4芯x2.0m㎡

今回いただいたのは、900m分。
26mを27本と22mを9本に切り分けてほしいとのこと。

とりあえず、ケーブルに巻いてある紙全部剥いていきます。
剥いてみると、こんな感じ。




こいつを、どうやって測るのか?
1mずつメジャーに当てて、地道に測ってみても、
そりゃー測れるわけですけど、全部やってたらとんでもない
時間かかってしまうわけですよ。
そこで、使用するのがこちら。


検尺機

直売店に来られたことのある方は見たことある方も、
いらっしゃると思いますけど、
電線屋さんにとっては、マストアイテム!
これ考えて作った人、天才だと思う。
マジでこれがなかったら大変ですもん。
仕事になんないと言っても過言ではないかも?
使い方はこんな感じ。


後ろ側からケーブルを通してスルスルと引っ張りだすと


メーターがくるくる回って長さを測ってくれるんです!
文章にすると全く伝わらないですけど、超便利!
で、測り終わったケーブルをまとめて束ねて発送です。



こんな900mとか1,000mとかでなくても、
「学校の授業で使うから、1mで100本納品してくれ」とか、
「プラグの加工は自前でやるから、2mで50本にして欲しい」とか、
「エナメル線を10mで100パック作ってくれ」など。
ご希望あれば、対応いたします。

ケーブルの切断以外のことも、
手間がかかって、大変なことご相談ください。

お問い合わせは下記まで。

TEL03-3253-9351

以上、根津でした。

2019年7月15日月曜日

雨ニモマケズ、風ニモマケズ…その名はスコッチスーパー33+!

こんにちは。小島です。

ジメジメとした天気が続いてますね。早くカラっとしてほしいものです。
私の周りでは風邪が流行っているので、皆さまもお気をつけください。

それでは週刊サンデン、今週は外でも使えるテープをご紹介します!



「外にあるアンテナをちょっと直したいんだけど、簡単に直す方法ない?」
と、よくお客様からお問い合わせがあります。本来ならば耐候性のあるチューブなどが理想なのですが…

「ケーブル繋いじゃってるんだよね」
と後からチューブを被せられないor被せづらい状況が多いです。

屋外で長期間使うというのがネックです。

そこでこちら!


このスコッチスーパー33+は、
耐候性を謳っているので屋外での長期使用が可能です!

屋外て簡単にケーブルの補強・絶縁が出来るというのはやはり便利!

さらにその他の特徴として…


この中で特筆すべきは温度指数範囲が-18〜105℃という点、ビニールテープは数あれど、-18℃の環境で使えるビニールテープはそうそうありません。

そして、スコッチスーパー33+は、柔軟性にも優れています。
では、確かめてみましょう。

まず薄いですね~通常のビニールテープに比べ薄いです。

そしてベタつきが少ない。貼った直後なら跡が残らず剥がせます。

薄手のテープです。

身近にあるデコボコという事で、ペットボトルのキャップ部分に巻いてみました。

ペットボトルの切込み部分に巻いた図
ビシッと貼れます。


自己融着テープではないのであまり伸びはしないのですが、ピッタリと吸い付くように巻きつけられます

余談ですが、ペットボトルのキャップも難なくそのまま閉められました。
(こんな使い方は滅多にしないでしょうが…)

さらに一般的な家庭用の冷凍庫も-18℃以下に定められているので、
冷凍庫に一晩入れた後でも、硬くならずサラッと剥がせました。


こんな最強のテープを、オヤイデ電気では幅19mm、厚0.18mm、長さがmのものと、20mのものを常時在庫しております。




それでは、せっかく耐候性があるテープなので、今日から一つ実験を始めます。
通常のビニールテープと共に物干し竿に巻きます。
経過は順次報告いたします!
ちなみに、写真は巻いて2日目なのですが、さすがに変化はありません。

物に巻くとさらに薄く感じます。

それではまた次回!

2019年7月8日月曜日

[7/13,14]ポタフェス2019秋葉に出展致します!!

どうも、ポータブルオーディオ担当カオルであります。
皆さま梅雨の時期いかがお過ごしでしょうか?
外に出るのも億劫になりますよね。
でも室内はジメジメしてるし、外出ませんか?
はい、今週末とっても良い感じのイベントあります!


ポータブルオーディオフェスティバル2019
東京・秋葉原


・イベント概要 

ポタフェスってなに?
ポータブルオーディオフェスティバル(通称:ポタフェス)とは、
世界中のイヤホン・ヘッドホンなどポータブルオーディオに関するブランドが一堂に会し、最新のモデルなどを展示・試聴ができる世界最大級のイベント!
会場内にはBluetoothワイヤレスイヤホンなど最新のモデルから、ハイレゾ対応のポータブルオーディオプレイヤー、安くても音が良い!コスパに優れたイヤホン・ヘッドホンなど何でも揃っており、そのすべてのモデルをご来場の皆さまが自由にお楽しみ頂けます。
各ブースにはブランドのスタッフがおり、皆さまに製品の使い方やオススメポイントなどを親切丁寧にレクチャー!
イヤホン・ヘッドホンなど初めての方でも安心してご参加頂けます!
また当日は音楽アーティストやタレントのトークショーなど、音楽やオーディオをもっと楽しむためのイベントなども!
普段聴いている好きな音楽や動画を、もっと良い音で、もっと快適に、もっと好きになれるかも!
ポタフェスへ良い音もっと見つけにぜひご来場ください!
(公式サイトより抜粋)


正式名称:ポータブルオーディオフェスティバル東京・秋葉原
 

日程:2019年7月13(土)・14日(日)
会場:ベルサール秋葉原 地下1階・1階・2階
   東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル

入場無料

主催・運営:ポタフェス事務局

ポタフェス公式サイトはコチラ

・本イベントの(個人的)目玉商品は? 

ゼンハイザーさんのIE500/400 Proが気になります!
というのもポタ研で聴けなかったので今回はぜひ聞いてみたいなと…!




・オヤイデ電気ブースの場所 

今回のポタフェス2019秋葉オヤイデブースは、
地下一階 B1-76
にて出展致します!

その他の会場マップはコチラをご覧ください。



・オヤイデ電気は何やるの?

1.スタンプラリー
今回久しぶりにスタンプラリーに参加します!
何が当たるかは当日のお楽しみです!
是非みなさま、弊社ブースにて試聴お願い致します!

2.DLsite x ポタフェス
今回こちらのコラボに協賛いたします!
内容に関しましては、下記概要をご覧ください。
◆コラボ内容は?
DLsiteさんで無料配布されております、ASMRボイスドラマが対象ブースで視聴可能!

↓↓↓フルサイズはコチラから!↓↓↓


※上記枠内からDLsite公式ページへとびます!

さらに!

2019年ポタフェスイメージアーティスト『ゆう*こと』の 小岩井ことりさんによる
ご協賛ブース名の読み下ろし 特別ASMRボイス を収録いたしました!

もちろんダミーヘッドでバイノーラル収録!小岩井さんのスペシャルボイスとあわせて、
DLsiteで人気のバイノーラル録音で収録されたボイスドラマの試聴ができるのはポタフェスだけ!


個人的に超楽しみです!!!
どうして協賛の申し込みをしたかというと、自分で聞いて試聴動画をSony MDR-1AオヤイデブランドのHPC-QUAD35で聴いてみたところ、声の細かなニュアンスの違いを感じました。
様々なケーブルを使い声、空気感の違いをみなさまの耳で是非体感して頂きたいと思ったのが発端です。
弊社ブースの試聴機、アンプ、ヘッドホンと持ってくので、その中で、好きなヘッドホン、イヤホンと弊社リケーブルを組み合わせてご試聴ください!




・出展ブランド 


 オヤイデ電気 
オヤイデ電気ブランドでは「HPC-QUAD 35/63」を展示いたします。

ここで「HPC-QUADシリーズ」の説明を致しましょう!
秋葉原はオヤイデ電気直営店にて、先行して販売していたヘッドホン用ケーブル「HPC-26QUAD」。

「精密導体102 SSC」
「ピュアシルク外装」
「97%高密度編組シールド」
「2重のポリウレタンシース」

を採用し、導体抵抗:0.143Ω/m静電容量:208pF/m
という、4芯シールドケーブルの中でも優れた電気特性となります。
発売開始以降、多くの自作ユーザーより支持頂いた「HPC-26QUAD」、より多くのお客様に届けたく製品化!
第一弾として数多くのヘッドホンにてご使用可能な3.5mmステレオプラグを使用したHPC-QUAD 35/63」
ワイヤレスヘッドホンでも3.5mmステレオジャックが採用されておりますので、有線にて、HPC-QUAD 35/63」の音質をご体感頂けます!

また、参考出品として、HPC-QUADシリーズとしてHD800対応バランスケーブルも展示致します。
春のヘッドホン祭にて
FOUCUS 1の4ピン仕様の無メッキバーションにて試聴機を展示しましたが、今回はメッキを施した最終仕様のXLR 4ピンプラグとなりますので、是非ご試聴ください。
どんなメッキかにしたかは当日のお楽しみです!




 ZEPHONE 

EL-14の2.5mm4極タイプ・4.4mm5極タイプのバランス仕様のプラグを参考出展!
「L型」は海外では「Right Angle」と言います。日本語で言うと「直角」です。


さらに、EL-21 の2.5mm4極バージョンも展示致します。

また、MMCX側のデザインも刷新し、よりスリムになりました!



 Song's Audio 

GALAXY Proシリーズを展示します!
IE8/80/80S用・MMCX・10pro用2ピンの3種類をラインナップ
既発売品もご用意致しますので、お申し付けください。



 Re:cord 

ZEPHONEとのコラボレーションのより実現したラインナップ!
MMCX, CIEM 2pin, Etymotic Research, 10pro etc...
様々なイヤホンコネクタをご用意しておりますので、是非是非お試しくださいませ!



 COZOY 

ヘッドホン祭でも展示したUSB type-Cコネクタを採用した、Android、iPad Proなどで使用できる「TAKT C」を参考出展致します!



Androidスマホは勿論、iPad ProやMacbookにもお使い頂けるモデルとなります!

以上、オヤイデ電気展示情報でした!

それでは7/13,14は皆様にお越し頂けるのを心よりお待ちしております!
オヤイデブースB1-76で僕と握手!


【便利な工具】テーパーリーマーで穴を拡大してみた。


こんにちは!

早速ですが今週の週刊サンデンです。


今回はこちら

HOZAN テーパーリーマー K-442

HOZAN テーパーリーマー K-444

テーパーリーマーです。

用途は穴の拡大です。

それをする為だけに作られた工具って
なんだか美しさを感じますよね。
私こういう工具大好きなんです。

適応サイズは
K-442は3φ~16φ
K-444は4φ~32φ
並べるとサイズの違いがよくわかりますね。

これだけだとどうやって使うかわかりづらいので
実際に使ってみました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その日はフォーンからRCAの変換BOXを作ろうと部材を用意したんです。
画像上の箱
箱の側面に穴を開けようとしてたのですが、

時刻は既に午前0時。
これでは大きい音の出てしまう電動ドリルが使えないではないですか!

そんな時にテーパーリーマーの登場です!
今回はK-444を使用します。



しかしまずは穴を開けないとどうにもならないので
音の少ないハンドドリルで4φの穴を開けます。


この穴をRCAジャックが取りつく8φまでテーパーリーマーで拡大していきます。

片方拡大し終えました。
テーパーリーマーでの拡大だと音はほぼ出ません。

両方拡大しました。

ですが拡大した際に発生したバリを処理しないといけません。

そんな時にはこちら
バリ取りナイフ K-35
バリ取りナイフを使うと簡単にバリを処理できます。
バリ取りナイフについては過去の記事で詳しく紹介しています。

【使える工具マニュアル】バリ取り、面取りお手の物!バリ取りナイフ『ホ―ザン K-35』


ここまで綺麗にできると気持ちがいいですね!
これでRCAジャックを取り付けることができます。

他にも

こちらはRCAプラグのハウジング
適合ケーブル径は7.2mmなのですがもっと太いケーブルを入れたい時ってありますよね。

ねじ切りがされている側から照明をみると内側に黒いリングが出て来ます。
これはケーブルを出すところのフチなんです。
大体1~2mm程度内側にせり出しています。
これテーパーリーマーで穴を拡大できるのでは。

ということで拡大していきます。

そうするとご覧の通りフチが広がりました。


8φまで拡張できました。
これでもう1mm太いケーブルに使うことができます。

このように穴を拡大するだけの工具なんですがあるとかなり便利です!
1家に1つ、いかがでしょうか?

以上!金木でした!

~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~~:~


秋葉原直営店に是非お越し下さい。

皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。


 

営業時間:10:00~19:00

定休日 : 日曜日(年末年始)

東京都千代田区外神田1-4-13

☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353

メールでのお問い合わせは、こちらのアドレスより!

✉webshop@oyaide.com