2021年6月22日火曜日

移り行くケーブル、色褪せぬアナログサウンドワールド

こんにちは、葛下です。

とうとう緊急事態宣言が解除されましたね。

にもかかわらず酒の提供は午後7時までとは…

一体いつになったらお酒が飲めるのでしょうか…



ところでわたくし、20年前から秋葉原でケーブルを売っているのですが(他店でですが)、

20年間でケーブル事情もかなり変わりました。


PCケーブルのSCSI(スカジーと読む)ケーブルなんて今は死語じゃないでしょうか?


映像ケーブル関連も当時は赤白黄色の3本線、いわゆるAVケーブルが主流でした。


その中の黄色いヤツが映像用なんですが、コンポジットと呼ばれてます。

なんかあまり見かけなくなり寂しい限りです。

そしてSケーブル。知ってますか?こんなヤツ


消えましたよね~

ただ、当時双方の映像を観比べましたけど、コンポジットと殆ど画像の違いは分かりませんでしたけどね。


次に出たのがコンポーネント・D端子



これももう殆ど使われていないのではないでしょうか?


と言うのも、映像信号がほぼデジタル化された為、これらのアナログケーブルは必要なくなったんですよね。


そして出て来たのがHDMIケーブル。


音声も映像もこれ一本で補えるという事もあって、現在殆どこのケーブル一強でしょう。


ところが、


音声用、いわゆるオーディオケーブルはさほど昔から変化してません。


いまだにRCAのオーディオケーブルが普通に使われてますよね。


確かにデジタル信号用の光ケーブルとかコアキシャルとかありますけど、そこまで世代交代しているとは思いません。


私の個人的な私見ですが、映像って綺麗になればなる程好まれるじゃないですか。

4K・8K時代、敢えて昔のアナログの粗い映像を見たいなんて言う人はいないんじゃないですか?

今後もさらに美を追求されて研究が進んで行くと思われます。


でも音声はやはり人によって好みが分かれますし、敢えてアナログの音が好きって人も少なくないでしょう。

アナログでしか出せない音もあるでしょうし。


だからオーディオインターフェースに関してはあまり進化してないのではないでしょうか?


オヤイデ電気でも様々なRCAケーブルをご用意させて頂いております。

オンラインショップはこちらから


更にそれどころか!


なんと今更ながらレコードープレイヤーのターンテーブル用のケーブルが先月末発売されました。

オンラインショップはこちらから

これまでのd+とは異なりシールドケーブルが使用されておりノイズ対策もばっちりです。


時代に逆行?と思われがちですが、昨今ではアナログレコードブームが密かに沸き起こっているらしいですね。


あと、ちょっとした情報なんですが、前に働いてた店で、カナレのGS6って言うケーブルにRCA端子を付けて2本ペアで売ってたんですよ。

CANARE GS6

これがねえ、結構な人気でリピーターも結構いらっしゃったんですよ。


本来クセのない音としてギターシールドとして多く使われるケーブルなんですが、ギターとオーディオとではもちろん使われる音域も違うので音の出方も全く変わってきます。


年配の方が「これ、いい音するんだよね~」なんて言ってよく買って行かれてました。


「へ~」って思ってましたけどね。(笑)


なんか高音の伸びが絶妙らしいです。

耳音痴の私ではなく、リピーターの方々のちゃんとした意見ですので信憑性があります。


お値段も安く作れますので良かったら試して見て下さい!

オンラインショップはこちらから


以上、アナログ世代の葛下でした。


2021年6月21日月曜日

【現場でもプライベートでも大活躍!】 線名札&ワンタッチカラーエフ

 約一か月後に電気工事2種の実技試験がやってきます。

そのせいか、電気工事の仕事をしていた事を思い出します。

以前、お客様から「線名札(せんめいふだ)ちょうだい!」と言われまして、聞き慣れないせいか「センメーフダ???」となりました...頭の中での文字変換は「鮮明札」。

現場仕事では1度か2度しか見た事が無かったので名前を知りませんでした。

その時は札(ふだ)、名札(なふだ)と呼んでいた気がしますが、今は正式名称を知る事が出来たので良しとしています(汗)

そんな、線名札ですが当店にあるのは

ファイバー線名札

使用用途➡電気通信工事、信号工事、計装工事、分・配電盤、操作盤、監視盤等のマーキングとなります。

ファイバーの厚さ➡1.0m/m白色

縛り紐はロー引綿糸(タコ糸)

長さ➡120mm

楕円型のサイズは3種類

FN-D-15 縦30mm・横15mm 100枚入り 

FN-D-20 縦30mm・横20mm 100枚入り 

FN-D-30 縦20mm・横30mm 100枚入り 

 

上記の楕円型だけではなく、丸形もございます。

形状以外は同スペックです。

丸型はサイズが4種類

FN-M-15 直系15mm 100枚入り 

FN-M-20 直系20mm 100枚入り 

FN-M-25 直系25mm 100枚入り 

FN-M-30 直系30mm 100枚入り 


線名札はペンなどで、記入する事が出来ます。

工事でケーブルに、〇〇が何処の線みたいな書き方をする事がありましたが、最初は良いのですが、年月が経ち、ケーブルを入れ替えに行った際、埃がかぶっていたり汚れていたりしていて識別出来る様にしたのに読めない、見えない...という事もありましたので、線名札が有れば、ペンの字が薄くなっていても割とペンの筆圧で跡が残っていたりして分かったりします。

ケーブルが汚れていて、拭いた瞬間、書いてあった文字を消してしまったというトラブル回避にもなりますね。

全部に付けなくても多い時は本当便利です。

分電盤などで線名札にしっかり書いてあると、識別する為の導通チェックに時間が掛かり過ぎず作業がスムースになるかと。

上記で、ご紹介したのはタコ糸ですので、作業をしている方でグローブを外せないといった状況の方には!!!


ワンタッチカラーエフ(KFY-25W)20枚入り

丸型 直径25m/m 

結束部長さ➡100m/m

↓取付方は↓


画像の様に穴に先端を入れるだけ!グローブをしていても付けられるので優れものです。腰の道具袋や工具箱に入れておきたいアイテム!

ケーブル等を自作される方であれば、プラグとケーブル(ハンダや結線が違ったり)は全く同じで外観だけでは、判別が難しい時に、ケーブルの情報を書き込んだり出来るので大変便利です。

私事ですが、ぷケーブルに線名札が付いていると玄人っぽいなと思っています。



お問い合わせは下記まで。

E-mail:webshop@oyaide.com

TEL03-3253-9351


以上、丸山でした。

2021年6月19日土曜日

5N純銀USBケーブルContinental(コンチネンタル)で美音が出た!

PCオーディオユーザー必見!

デジタルなのにケーブルで音が激変する。
5N純銀単線USBケーブの実力は?




今回、ヴォンディータのエージングが進んで音が落ち着いてきましたのでUSBケーブルを交換してみました。毎度の試聴用アンプは、エレキットの2A3。今回は前段をノーマルのゴールデンドラゴンの6SN7。2A3もゴールデンドラゴンのプレミアム、シングルプレートです。2A3の直熱管の音は好きなのですがいかんせんヒーターが光っているか解りずらい・・・。写真下の6SN7の方がヒーターのオレンジ色が光りますのでノスタルジックな雰囲気になってきます。


背面も前回と同様のケーブルです。

スピーカーケーブル:オヤイデ電気EXPLORER V2 2.0sq

RACケーブル:ソルダーレスケーブルキット R4+

 電源ケーブル:P-004VONDITA(ヴォンディータ)C-004 

エレキットの電源トランスはRコアトランスですが、電源ケーブルの影響が大きい気がします。他の真空管アンプより音が出方、音色の変化が解りやすいです。


USB-DAC:WM8741。

USBケーブル:Continental(コンチネンタル) 5S V2(Hi-Fi USBケーブル)

RACケーブル:ソルダーレスケーブルキット R4+

USBケーブル交換後、一聴してすぐ純銀単線の純度が音に出てきました。色々なUSBケーブルを使用してきましたが、オヤイデのContinental(コンチネンタル)は5N純銀単線だけあってスピード感、奥行、解像度、全体的に一皮剥けた音が出てきました。更に音色が綺麗で滑らかになります。これはお勧めです。

USBはデジタルデータなのに5N純銀単線にすると綺麗な音色が出てくるなんて不思議ですね。デジタルケーブルと銀の相性がいいのかもしれません。これで全てのケーブルが102 SSCとなりました。同じ銅で統一しているので、それが音に出ているかもしれません。まーあくまでも個人の感想です(笑)



オーディオって本当に楽しいですねぇー。




秋葉原駅から少し離れた場所に湯島天神があります。湯島天神の反対に湯島聖堂があり、江戸時代に孔子の儒学を学ばせる為に徳川幕府が立てました。2024年からは渋沢栄一さんが一万円札になりますが、渋沢さんもこの湯島聖堂で学んだとか。子供の頃から大河ドラマが大好きで欠かさず見てますが「青天を衝け」を見ていた所、湯島聖堂が紹介されました。非常事態宣言解除しましたら、秋葉原で買い物→湯島天神→湯島聖堂と見学されても面白いかと思います。

以上、谷川でした。

本日のBGM:Utada - Come Back To Me (Tony Moran & Warren Rigg Club Mix)

2021年6月15日火曜日

宅録などに最適!店舗限定な『PA-02 V2』

最近、硬いプリンにハマっている丸山です。スプーンで掬った時の第一声は「カテェ!」以外出てきませんでした。〇〇割とか〇〇サワーを飲んで焼酎が濃すぎて「カテェ!」と言った経験はありませんか?

今回はそんな硬いブログです。厳格という意味ではありません。

店舗のみの商品になってしまうのですが『PA-02』の楽器用ケーブルでS-S、L-Sの3m、5mヴァージョンがあります。以前twitterでツイートしたのですが、御覧になりました?

通常ラインナップでは『PA-02 TS V2』があります。


こちらはプラグが両端ストレートのみとなっています。

今回、紹介する『PA-02』は両端ストレートだけではなく、楽器用でよく見る片側L字の物もラインナップしています。

『PA-02 TS V2』との違いは『102SSC』と表記された収縮チューブが有無のみです。

結線方法等は全く同じです。

普段から「PA-02」を使用されている方は、ご存じと思いますがケーブルが硬いです。

本当に硬いのです。


色々とご説明出来る様に使用してみました。

言葉で説明する以上に硬いです。思わず「カテェ!」と言う程です。

その為、しっかりと解いて巻き癖を無くすのがベターです。見た目も綺麗です。

※分かり易くする為に、アンプ側を解き、エフェクター側は解いていません。

実際を音を出してみたのですが明らかに違うのです。まずはノイズが減り、音の輪郭がハッキリしてピッキングのタッチが明確になりエフェクターの乗りが良く感じました。

音については、フラットでワイドレンジ!更に音が早いのです!(聞くと絶対分かります!焦るレベルなので体感してほしいです!)音が膨らまず再生能力が高さが特徴です!

ギターorベース等からボードまでの動きのある所ではなく、動きの無い、エフェクターボードからアンプまでの使用推奨。

レコーディング等で使用してみると『PA-02』の凄さが伝わります!

硬いのがデメリットかと言われると、そんな事を実際のところ感じませんでした。

巻き癖を取ってあげればケーブルがしっかり弧を描く為、美しいです。

宅録等のレコーディングにはバッチリです!今なら店頭で3mと5mがございます。

今回の様に、店頭のみのスポットアイテムが有ったりしますのでtwitter等、チェック頂けると嬉しいです。

お問い合わせは下記まで。

TEL: 03-3253-9351
E-mail:webshop@oyaide.com

以上、丸山でした。

本日のBGM
・Bolt Thrower/The IVth Crusade 
・CANON/the solusion

2021年6月14日月曜日

同軸ケーブルの選び方

こんにちは、葛下です。

引き続き緊急事態宣言真っ最中ですが、いかがお過ごしですか?

秋葉原ではたまに「え?」って言うぐらいの人の出がある時がありますが、どうなんでしょうね~


とは言え、やはり引きこもってテレビを見てる時間が増えたのではないでしょうか?


最近のテレビって、画像が良くなりましたよね~


地デジだけでも凄くなったのに、なんか4Kやら8Kやら…


一昔前のアナログ地上波放送なんてもう見れないですよね。


ただ、画質が良くなった事に伴って同軸ケーブルもそれ相当にグレードを上げないといけないんですよ。




そもそも同軸ケーブルとは何か?


楽器用のシールドケーブルを見ても見た目は全く同じです。


一本軸の中に銅線があって絶縁体があってモジャモジャのシールドがあって…


でもシールド線は同軸とは呼びません。


なぜか?


知りません(笑)


一般に高周波用で特性インピーダンス(75Ωや50Ω)が決まっているケーブルをいわゆる「同軸ケーブル」と呼ぶのです。


シールドケーブルも中の構造上の理屈では同軸ケーブルなんですが、なぜかそうゆう理由で分けられているらしいです。


まあ、いつまでもソコにこだわっていても、決められてるもんはしょうがないんですから先に進みましょう。(笑)


3Cー2Vとか5Cー2Vとかって呼び方聞いた事ないですか?


ありますよね。


一般的な同軸ケーブルの呼び名です。


名前を分析しますと、最初の3とか5とかって太さです。

数が大きくなる程太くなります。


「C」の部分は特性インピーダンス(Cは75Ω、Dは50Ω)

50Ωは無線関連、75Ωは映像で使用するのでテレビのアンテナで使うのは「C」の75Ωです。


2Vの「2」は絶縁体がポリエチレンで、

3C-2V

ここが「F」になると発泡ポリエチレンになります。

3C-FV

で最後の「V」はシールドが一重編組って事で、

「W」になると二重編組、

5C-2W

「B」は編組プラスアルミ箔が付いているんです。

S-5C-FB


で、テレビ放送って地上波⇒BS放送⇒CS放送⇒4K/8Kと言う順番で周波数が高くなっていきます。


周波数が高くなる程、減衰の割合が大きくなります。


なので減衰が大きくなるモノに連れてケーブルもそれなりに減衰率の少ないモノに変えなければならないのです。


さっき出てきた3C-2V。


昔はこのケーブルがほぼ殆どの御家庭で使われていた筈です。


ただ、それが地デジになってちょっと怪しくなり(厳密には保証されてないがまだ映ります)、BC・CSではアウトです。


厳密にに言うとBS放送までなら3C(5C)ーFVってケーブルで大丈夫なんですが、CSはアウトです。


CSを受信しようとすると、頭に「S」が付くS-5C(7C)-FBじゃないとダメです。

頭の「S」はBS/CSの「S」です。


ちなみに4K/8Kもこのケーブルで大丈夫です。


だからまあ、将来の事考えるとS-5CーFBを使っていれば安泰なんですが・・・


流石に太い!硬い!取り回しが不便!

7Cなんか一般家庭では無理無理!(笑)


なのでまあ、地デジだけなら昔ながらの細い3C-2Vを使ってる方がすっきりするし、まとまりが良いですよ。


ちなみに、我が家では昔スカパー(CS)を引いていたんですけど、パラボラアンテナから部屋の外まではS-5C-FBで引っ張って来たんですが、

ウチの部屋の壁紙は赤い!


ここにこのグレーの太いケーブルは合わん!!


と思い、インテリア重視で、部屋に入る直前で赤色のカナレのLー3Cー2VSと言うケーブルに変換して


エアコンダクトを通して部屋の中に這わせておりました。


カナレのLー3Cー2VSはいろんなカラーバリエーションがあって中が撚り線で取り回しが良いのです。(ただし取り付けるFコネクターは中心導体をそのまま出すタイプはNGです)

CANARE L-3C-2VS


で、その苦肉の策の結果…



天気が悪くなったらすぐ映らなくなりました。(笑)


雷なんか鳴ったら最悪でしたね。


例えば野球中継を観ていて


「バッター打ったー!!入るか!?入るか!?」・・・


ってトコでそのまま画面がフリーズするなんて事も何度か起こりました。


これは本当に悲しい事件なので、皆様、こうゆう事が起こらなない為にも正しいケーブル選びを心がけましょうね。


余談ですが、昔、同軸ケーブルが普及する前、テレビ線は二本線のフィーダー線だったのを覚えていますか?


いや、もとい…(覚えていますか?だったら歳がバレる…)


ご存知ですか?(笑



このフィーダー線、不思議と探していらっしゃるお客様が多いんですよね~…(何に使うのでしょうか…)

ウチでも「良かったー!もうどこにも売ってないんだよ!」なんて言いながら買って行かれたお客様が多数いらっしゃいました。

オヤイデ電気ではまだまだ現行品として販売しております。

オンラインショップはこちら


では皆様、同軸ケーブル選びは慎重に。

画質を取るか、ホームランのシーンが見れなくてもインテリアにこだわるか。

それはあなた次第です。


以上、葛下でした。


E-mail:webshop@oyaide.com

TEL: 03-3253-9351