2019年2月21日木曜日

「3本から選ぶのはかまわないが_別に、全て使ってみても構わんのだろう?」ソルダーレスRCAプラグの選び方と作り方 其の二

(くしゃみ)
ずずっ、本゛多゛で゛す゛(鼻声)
そろそろ来ているという噂は聞いていましたが、こうクシャミが止まらなくなってくると嫌が応にも実感してしまいますね…今年こそ医者にかからねばならないのか…


さてさて、前回に引き続きソルダーレスRCAプラグの作りやすさなどの比較記事をかいていきますよ

その前に簡単におさらいを
前回の記事はこちらから→ 其の一

プラグはFT-111RP-1013ブラックコネクターいう3種類を使用しています
左からFT-111、RP-1013、ブラックコネクター


ケーブルには弊社のTUNAMI TERZOを使用して、それぞれのプラグで実際に作ってみた上で比較しました
厚い外皮に8.8mmという太さ、かつ2芯シールドという構造上、作り方に結構な工夫を必要とするケーブルです。

・FT-111は比較的簡単に作業できました
FT-111の記事はこちら! 

・RP-1013は皮膜の厚さに対して工夫をしなければなりませんが、FT-111と似た構造の為同じ様に作ることができました
前回記事でチェック!

・ブラックコネクターは前者2本と構造が違うため同じ様にはいきませんが、一つ工夫をするだけで案外簡単に製作できます
こちらも前回の記事でチェック‼︎


さぁ、今回は別のケーブルで製作した際の作り易さを比較します
使用するのは弊社のACROSS750 V2です
外径8mmの単芯シールドです。空気の層をダンパーとする特殊な作りのラインケーブルで、断面積は0.75sqです

十字と外の絶縁体の間に空気の層があります
それでは早速いってみましょう!
前回同様、解説手順付き画像で紹介していきます

先ずはFT-111から
①皮膜を先端から20mm程取り除きます
②シールドを避けて中の絶縁体も根元まで取り除きましょう
(※十字の部分が切込みを入れ過ぎて中の導体まで切断しがちなのでご注意を)
③芯線を先端から5mmを残して収縮チューブで保護します
※この際、根元までしっかりチューブで覆うことが大事です
今回はHIT TUBE 1.5mmを使用しました。スミチューブF(z)なんかでもOKです
④シールド線をまとめて10mmぐらいを残しカットします

①そのまま突っ込んでも良いのですが、単芯かつ皮膜を取り除いた芯線とシールドだけでは強度的に心配ということを考慮して、よりしっかり固定できる様に一手間かけることにしました
②前回の記事のRP-1013で行った様に、外皮をさらに10mm取り除きます
露出したシールドは再度まとめ直しましょう
③プラグに挿入してシールド線、芯線の順に固定します
※この際に芯線の収縮チューブがズレていると中の金属パーツと接触してショートしてしまうので注意です
④カバーとクランプを締めて完成


次はRP-1013

①FT-111と同じ要領でケーブルを剥き出します
②先ずはシールド線(コールド)を固定しましょう
③その後芯線(ホット)側を固定します
④カバーを締めて完成!

最後にブラックコネクターです

①先端から10mm程剥きます
②更に芯線を5mm剥き出し、シールド線は反対側へ折り返します
③ケーブルを挿入し、まずは芯線を固定しましょう
シールドはそのままでもプラグ内部と接触する為導通がとれますが、しっかりとネジを締めて固定しましょう
④カバーとクランプパーツを戻して完成!



 今回も駆け足でここまで紹介してみました
あれれ、RP-1013とブラックコネクターの方が、正直作るの楽でしたよ⁉︎

…ここで一つ大事な情報を付け加えさせて頂きますね
FT-111のクランプ部のケーブル適合径は確かに10mmで、極太ケーブルも加え込んでしまう優秀な奴なのですが、実は本体の挿入部の穴は7mmしかない為、今回のような外径8mm以上で芯線の絶縁体が大きいケーブルの製作ではその良さを充分に発揮できないのです‼︎
ちなみに芯線が通る穴は外径3mmまでなら皮膜ありでも通ります
FT-111の本体の穴
ここのサイズが実は7mmなんですねー...

構造的落とし穴があったとは…しかしこれは適材適所という事でし
ょうね
単芯のラインケーブルでしたらブラックコネクターの方がより作り易い様に感じましたし、2芯シールドならFT-111の方が太いサイズでにも細いサイズにも対応しやすいですね
RP-1013はどちらにも融通が効きやすいと思いました

はっ⁉︎、ということはRP-1013が最強なのでは…?

とか安易な事を一瞬考えましたが、そも、そう言う企画ではありません
前回の記事でも書いた様に使用する工具、パーツの数など他にも使い易さに関連する項目はいくつかあります
FT-111は付属の六角レンチで済むのに対し、他の2本はドライバーを別途用意しなければならなかったりと、この辺は実際に作業する方で感じ方が変わる部分かと思います


最後に簡単にまとめましょう
FT-111は最大10mmのケーブルにも対応でき、コールド部の固定パーツが大きく、太物ケーブルでの製作が比較的楽にできる。外径8mm以上の2芯シールドなどにオススメ
ケーブルのクランプ部は10mmまで対応しているが、本体の穴は7mmまでなので注意

RP-1013は芯数に関わらず作業ができ、ケーブル固定時に皮膜の厚みを考慮できれば比較的色々なケーブルに対応できる。外径8mm以下の2芯、もしくは単芯シールドに
パーツも少なく工具もマイナスドライバーを準備するだけで良い

ブラックコネクターはコールドの固定用パーツがない分ケーブルを奥まで挿入でき、単芯のケーブルだとより単純に作りやすい。外径8mmぐらいまでの単芯シールドにオススメ
3種類のドライバーを準備しなければいけないのが少し手間かも…


以上、2回に分けて作り易さについての記事を書かせて頂きました
少しでも自作される際の参考になれれば幸いです
どちらも太物のケーブルについてしか書けなかったのですが、6~7mmぐらいのラインケーブルにももちろん使えるプラグ達ですので、機会があればそちらでも比較を行ってみたいと思います

ちなみに音質については一切触れなかったわけですが…
気が向いたら作ったケーブルを使って自宅システムにて比較してみます(笑
記事になるのが待てない、気になる!って方は、この記事を参考に実際に作ってみて、是非聴き比べてみてください

それではまた次回、

本多でした!

2019年2月18日月曜日

RSCBに新サイズ登場!実は訳ありですが…。

年齢とともに、物忘れがひどくなる。
若いうちには考えられなかったようなことが起こるものです。
うちの会社にも、自分の休みの日に出社してきた社員や、
朝、時間を1時間間違えて遅刻してきた社員。
「いやー、いつもより電車が空いてると思ったんですよね(笑)」
って、ありえないだろう!って思ってたんですが、
年を重ねると他人事じゃないなぁと
思い始めた今日この頃。
今週の「週刊サンデン」は、そんな勘違いから生まれた新商品?の紹介です。



さっそくですが、今週紹介させてもらう商品がこちら。



知っている方も多いと思いますが、オヤイデ電気で最も柔らかい配線材。
ラインナップとして、0.1sq~8sqまで取り揃えてきましたが、
今回はさらに太い14sqを販売開始いたしました。

特長としましては、別サイズ同様に
・素線構成が細いために、大変柔らかく取り回しが容易
・耐熱180℃と高温下においても使用でき、
かつマイナス60℃の極寒の環境においても使用可能。
北極や南極でも使用できるんじゃないでしょうか?

おそらく切り売りしているのはオヤイデ電気だけかと思われます。

1m~1,393円
10m~1,328円
100m~1,002円



で、他のサイズ(0.1sq~0.75sq)なんかだと6色在庫しているんですが、
今回14sqは白だけになっています。
それには、こんな理由がございます。
先に言っておきますと、私、やらかしました。

あるお客様より、RSCB14sqのご注文をいただきました。
特注サイズになりますので、納品までに1.5か月ほどいただいたかと思います。
そして、その納品当日、私のもとにそのお客様から1本の電話が。


お客様「根津さん?さっきRSCBの14sqが届いたんだけどさー」

私「お待たせしてしまって、申し訳ございませんでした。」

お客様「いやー、そうじゃなくってさー、白が届いてるのよ」

(いや、注文いただいていたのは白のはず・・・)

私「?????少々お待ちください。」(慌ててメールを確認)

そこには、「RSCB14sq  最小ロットで見積もってください」の文字が。

やらかしたー!(大汗)

私「大変申し訳ございませんでした。至急、赤を手配いたします」

お客様「まー、仕方ないから、なるべく早くやってね」

といった感じで、寛大にお許しをいただけたのですが、
私の思い込みによるミスから、
大変なご迷惑をおかけしてしまったのです。

といった、理由もありまして今回販売開始したRSCB14sq、
白のみですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに他の色も製作可能です。
100m巻が2巻が1ロットになります。

さらに太い22sqや38sqも製作可能です。
ただし過去にご注文いただいたことがありませんので、
製作ロットは不明ですが、おそらく100m巻x2巻で
製作可能だと思われます。

ちなみに、オヤイデ電気で切り売りしている主な14sqの配線材はこちら


一般的なビニル線 



耐熱80℃のビニル線



難燃性ポリフレックス線

などなど、その他お探しのケーブルや在庫外サイズなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

TEL03-3253-9351

以上、根津でした。








端尺の活用!?〜自作のロマン大爆発〜


こんちは。小島です。

先週、端尺 (はじゃく)の活用という事で、2.0sqまでのブログを書きました。でも…
端尺の活用!〜ケーブルの太さによる音の違いを検証します〜



見ろ!プラグが山のようだ!


「まだまだ俺の自作スピリットにビンビン来ねぇぜェ!」
って声が聞こえる。

よォし!じゃあ作ろうじゃあないかッ!!
ビンビンのやつをよオオォォッ!



市販では存在しないラインナップ。
そんなものを欲するあなたのための記事です。
長〜いロマンパートです。



手順はケーブルの中身をそれぞれ取り出して、ひたすらRCAオス-フォーンオスのプラグを作ります。前回の記事参照。

それでは、いってみましょう!!


5、BLACK MAMBA V2の中身(3.5sq)
かなりパワフル、ワイドレンジ。ただ低音が出すぎて全体のバランスが少し悪くなっちゃった…
オススメ度・・・・・★★★★☆  
個人的には好きです。00年代のロックはこれぐらいパワフルだと聞き応えがある。

■自作ポイント■
絶縁体を剥いたところで、ASF-110 FR 13mm幅を導体に巻きつけます。

なぜこんな事をするかというと、絶縁体をつけたまま予備ハンダとハンダ付けすると溶けてグズグズになってしまうのです。
そりゃ本来はハンダ付けを想定していない設計ですからね…

こんな感じ。太いな〜ロマンだな〜
(左は3398-16)



6、TUNAMI NIGO V2の中身(5.5sq)
圧倒的低音と音場感、空間を埋め尽くす音、音!音!!ただ、明らかに低音がもたつく
オススメ度・・・・・★★★☆☆  
でも私は嫌いじゃない。80年代の洋ハードロックにはこれ。エアロスミスがとても良かった。

■自作ポイント■
絶縁体を剥いたところで、ASF-110 FR 13mm幅を導体に巻きつけます。
だからそもそもハンダ付けする設計じゃ(ry

どえらくゴツい。



重ね重ね言いますが、太ければいいってもんじゃないんですね…。小さい信号線に太すぎるケーブルはあまりいい結果ではありませんでした。良くないというか、ピーキーです。
適材適所という事ですね!






まだまだこれで終わりじゃあないんです!

ここからは完全に主旨から逸脱しています。
ただ私が作りたかった・聞きたかっただけ。


お時間が許す方、まだまだ物足りないDIYスピリットに溢れる方、変態プラグが見たい方、稀代の電線フリークはお進みください!!!
OH!YEAH!!



何という低音…銀線でこんな太い音でるのね。でも高音がきつく全体のバランスが悪い、、、
オススメ度・・・・・★★☆☆☆
音のピントがピタッと合う。80年代前後のアイドルソングが合う。
松田聖子を聞くならこれ。ボーカルの伸びやかさが素敵。ぞくぞくする。



8ACROLINK  7N-P4040Fの中身(7N Cu D.U.C.C. 2.0mm単線)
単線ながら非常にスムースな音質、疲れない。空気感・奥行きの表現が気持ちいい
オススメ度・・・・・★★★★☆ 

■自作ポイント■
まず切断が大変。キルべー (KB-60)をご使用ください。
どうしてもキルべーを用意できない場合、被膜を長めに剥き、芯線を1本ずつニッパーで切断しましょう。



9SAEC  AC-3000の中身(PC-Triple C  2.0sq)
非常にお上品なスムースサウンド。カドが立たず、聴き心地が良いがもう少しガッツとパワーが欲しい。
オススメ度・・・・・★★★☆☆

■自作ポイント■
絶縁体を剥いたところで、ASF-110 FR 13mmを導体に巻きつけます。
だからそもそもハ(ry



10FTVS-510の中身(5N純銀単線 1.05mm)
1.05mmの銀単線だが、かなり締まった低音がズカズカ出てくる、全体の解像度が非常に高く、音の分離感も良い。ほんの少し高域が刺さる
オススメ度・・・・・★★★★★  
なにこの意外なバランスの良さ。インストを聞くならこれ。toeが合う。

■自作ポイント■
ケーブルが短い単線の場合、片方を押すとニュッと出てくるので導体だけ引き抜けます。
便利。

ニュッ
製作は思いのほか容易



11HOTFTVS-510の中身(5N純銀単線 1.05mm)
COLDFF-20 V2の中身(102SSC  2.0mm単線)
驚異の解像度、スピード感、押し出し感。
音場以外は最強、かなり狭いが量感がすさまじい
オススメ度・・・・・★★☆☆☆  
耳が疲れちゃって2時間聞けません…()



12、COLDにFTVS-510の中身(5N純銀単線 1.05mm)
HOTFF-20 V2の中身(102SSC  2.0mm単線)
なかなか広めの音場感、申し分ない解像度、滲みの少ないピタッとした音像。好き。
オススメ度・・・・・★★★★☆
極めて高い解像度ではっぴいえんどや小坂忠を聞きたいあなたにおすすめ。



13、EEF/-S 2.6 V2の中身 (102SSC  2.6mm単線)
押し出し感、低域のパワフルさが尋常じゃない。むしろ強過ぎる。
 オススメ度・・・・・★★☆
製作がけっこう大変だが達成感はある!
60〜70年代の音楽を温かみを残したまま高解像度かつパワフルにしてくれます。けっこう好き。

■自作ポイント■
片方を押してニュッと導体だけ引き抜けます。
キルべー推奨。キルベーベイベー。
絶縁体を剥くのが非常に大変。私は手を少しケガしました…。

太っ!
 (左はRCAプラグ)

ニュニュッ

改めて、太っ!
 (このシールドも何かに使えないかな〜)


14、4N純銀撚り線10/0.12×7 (約0.8sq相当)
音場の広さ、解像度、バランス、定位、どれも最高。これだ!
 オススメ度・・・・・★★

これがやりたかった!芯数が多く細い素線構成の純銀撚り線を束ねてより情報量も多く太い音を出しかった!でんぱ組.inc聞くならこれ。
ハンダ付け作業も比較的楽!超おすすめ。

■自作ポイント■
今回は一旦全ての被覆を剥き、まとめて撚り合わせ、改めてASF-110 FR 13mmを巻くという方法で作りました。

あまり綺麗に撚りあわせが出来ていないので、被覆を完全に剥かずにハンダ付けする部分だけ剥く方法のが良かったかもしれません…

さすがに全てヘビースニップで被覆を剥がすのは大変だったので、ケーブルストリッパーを使用しました。


7本づつ、長さを揃えます
剥きます。とにかく剥きます。大変。
撚りあわせ、テープを巻きます

こんな感じ。テープの巻き方もハンダも汚いですね。
すみません…


いかがでしたか?
作って楽しい・聞いて楽しい自作の醍醐味、少しでも伝わりましたでしょうか。

今回作ったものの評価は全て私の個人の感想です。
みなさまのご参考になればこれ幸いです。
この線はこれに合うよ!こんな作り方もあるんじゃない?みたいなご感想があればぜひ。


結果として、私は現状では純銀の撚り線をレギュラーで使っています。
これが一番バランスが良かった。あと愛着がある。

ただ、ちらほら出てきたように、はっぴいえんどや荒井由実などの70年代の音楽を聞くときは102SSC  2.6mm単線を使います。
この相性は抜群でした。
ジャンルによって導体を変えるってのも、なかなか乙なものですよ。


そういえば、自作講習会の告知が解禁されました。



毎回、満員御礼・満足度120%
店で「次はいつですか」と聞かれるイベントランキング 1位
(小島調べ)
参加したいけど店舗業務で参加できず悔しいランキング1位
のあのイベントです。

待て、続報!!

それでは、ロマン溢るる素敵な自作ライフを〜

■余談■
そういえば、切り売りの102SSCで製作するの忘れてた…

■余談2■
スタープラ◯ナって自作に絶対便利なスタンドだよね。