2018年6月28日木曜日

【永久保存版】”ハンダ”で音が変わる?【音質比較】

*****************************************
ケーブル自作ユーザーの悩みの種である、
「ハンダ」の音の違い、気になりませんか?

ハンダは電線と端子を半田で溶着させ、接合後の金属間に良好な導電性をもたらすことが目的です。

ハンダには「金属配合比スズの純度鉛の有無・残留フラックス」など、
音質に変化をもたらす要因を多数持っており、
それらの音質傾向を理解すれば、ハンダでも”好みの音質”に近づけることができます。

そこでオヤイデ電気で販売している『全て』のハンダを紹介します!

これを見てハンダ・マスターを目指しましょう!!

*****************************************

評価基準:(最大星5つ)
(それぞれ個人的な主観になりますので、最終的な判断はお客様でご判断ください…!)

オヤイデ / SS-47
成分:高純度4N錫(99.993%)/純銀4.7%/銅1.7%
 SS-47は明快で透明度が高く、レスポンスに優れた解像度の高い性質があり、高域特性も繊細で極めて濁りが少ない。低音域の量感がほどよく締まり、楽器に使うと音のスピード感と低音の重量感が得られ、オーディオ的なハイファイさが加味される。
 流れ性はプリント基板ではあまり流れず、ケーブル芯線には簡単にかなり素早く流れこんで行く。溶け易さの点でも、使い易いハンダである。
【低域の量感】★★【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(簡単)
ショッピングページはこちらから

ALMIT / KR-19SHRMA -LFM48-
成分:錫/銀3%/銅0.5%
 ニュートラルな性質で明瞭な輪郭を描写。レスポンスの高速性、S/N感の高い分解力。中低域のエネルギーも厚く、きわめて素直で純粋な音質。混濁が少なく再生帯域が広く感じられる。
 ただし半田が溶けにくく、40W~60W程度の半田ごてがあると作業しやすい。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(難しい)
WBT / WBT-0805
成分:純銀3.8%/鉛フリータイプ
 WBT特有の明瞭感の強いサウンドで、高解像度傾向の特長を色濃く強調。特にハイエンドオーディオ用ハンダとして幅広い支持を得ており、これを使うだけで一気に高級感が出るとも言われている。
 音はすっきりと見通しが良く、高域の伸びが驚異的。半田付け難易度は高めですが、高解像度でシルキーな質感を得る。
【低域の量感】【高域・輪郭】★★
【解像度【加工難易度★★★(難しい)
ショッピングページはこちらから
WBT / WBT-0820
成分:純銀4.0%/低温融解タイプ
 鉛入りで低温融解(178~180℃)を実現したオーディオ用ハンダ。WBT特有の明瞭感の強いサウンドに加えて、中音域の粘りの強さも加わった特徴的なサウンド。
 音はすっきりと見通しが良く、高域の特性が抜群。解像度も高く、WBT-0805よりも普遍的な音に近い印象。作業性が良いことからイヤホン用・楽器用などにも人気がある。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度★★(標準)
ショッピングページはこちらから
Kester / Kester 44
成分:錫60%/鉛40%
 エレキギター内部配線、ベルデンの純正ケーブルなどにも使われているロングセラー製品。無鉛半田に比べてレンジは控えめ、高域は耳障りの良い滑らかな音質が得られる。
 Kester44は特に”中域の密度”が多く得られるのが特徴。程良いローファイ感があり、低域と高域が若干落ち着く傾向がある。音のスピード感は控えめであるが、出音が塊の様にまとまる傾向にあり、良い意味で「かまぼこ型」の音質傾向を得られる。
 また一般的な共晶ハンダと同じ構成の為、融解しやすく、作業性に優れる。初心者にお勧めのハンダ。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(とても簡単)
日本スペリア / SN100C(010)
成分:錫/銅0.7%/ニッケル0.05%/ゲルマニウム0.01%以下
 少量のNi添加によりSn-Cu系合金でありながら従来のSn-Pb共晶ハンダと同等の流動性を有する無鉛半田。Ni添加により表面光沢は素晴らしく、加えて音質特性の向上にも寄与し、様々な分野で好評を得ている。
 高音域は柔らかく描写され、低域はすっきりとした量感を持つ。フラットな音質ではあるが、派手さがないのでない音に癖をつけない半田としても使いやすい。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(標準)
日本スペリア / SN100C(040)
成分:錫/銅0.7%/ニッケル0.05%/ゲルマニウム0.01%以下
 ハロゲンフリー仕様。NiとGeは、流動性を高めて酸化を抑制する。明瞭な分解力と高S/Nで、音の輪郭がきわめて正確に描写される。やや溶けにくいので40W~60Wの半田ごてがあると作業性が良い。
 SN-100C(010)と同じキャラクターでありながら、より高域にかけて冴えた解像度が得られる。全帯域にかけて無添加で味付けが少なく、自然な出音が得られるので、音に癖をつけない半田としても使いやすい。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(難しい)
和光テクニカル / SR-4N
成分:錫/銀3.4~4%
 錫と銀がそれぞれ純度99.995%と極限的に高められており、一般的な錫よりも一段と電気抵抗が低くなっているのが特徴。情報量の向上やS/N比の向上に貢献。純度の高い銀の混入により音の透明感が得られる。
 ワイドレンジな音質を持ちながら、煌びやかな高域と音の輪郭が際立ち、すっきりとした中低音が特徴。ハイファイかつ輪郭を際立たせたい場合にお勧め。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(標準)
和光テクニカル / SR-4N Cu
成分:錫/銀3.4~4%/銅0.7%
 SR-4Nに銅を加えることで、音の角が取れて暖か味が感じられるようになり、全帯域に渡って音が濁らず、臨場感の広い音質が得られる。また銀と銅の配合比が絶妙で、音の粒立ちが際立っているのでモニター的な音質を強調することが出来る。
 フラット志向な特性を強調し、高解像度で滑らかな質感を付与します。
【低域の量感】【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度(標準)
K.O.サウンドラボ / ゴールドニゲカス040
成分:金/錫/銅/ニッケル/ゲルマニウム合金
 銀・鉛を一切使用せず、独自の理論により完成されたオーディオ専用ハンダ。一般ハンダに見られる中高音の濁りやザラツキは皆無となり、「高音質」の滑らかさと艶やかさは抜群で、最高の音質が得られます。
 音の角が取れて、中音域の情報量が濃い音質傾向が得られ、他のハンダにはない独特な音質傾向を持っている。
【低域の量感】★★【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度★★★(難しい)
ショッピングページはこちらから
K.O.サウンドラボ / プラチナゴールドニゲカス040
成分:プラチナ0.02%/金0.1%/錫/銅/ニッケル/ゲルマニウム合金
 銀・鉛を一切使用せず、独自の理論により完成されたオーディオ専用ハンダ。中音域に暖かみのあるサウンドと、超高音域まで無歪感と伸びやかで底抜けに明るい音場を実現した、まさに究極のオーディオ用ハンダです!
 ゴールドニゲカスよりも音圧感が向上。小音量・大音量問わず全帯域における情報量が増加したように感じられる。高域~超高域の歪み感もなく、一皮も二皮も剥けたサウンドに!
【低域の量感】★★★【高域・輪郭】
【解像度【加工難易度★★★★(非常に難しい)
ショッピングページはこちらから
~最後に~
ハンダで音質が変わることは、金属の含有量の違い接触抵抗の変化等から想像できるかと思いますが、
実はハンダ付けの技術によっても音質の変化が起きます。

交流電流は高周波になるにつれて導体の表面に集中しやすい性質を持っている為、
ハンダの仕上がり具合表面が鏡面化しているか?使用量は?ランドとの密着率は?etc)、
フラックスの残留量など、細かな要因によって音質の変化が起きます。

皆さんの”お気に入りのハンダ”を見つけた時は、加工ムラによる音質誤差を想定し、
1回の処理で音質を判断せず、キレイで安定したハンダ付けを繰り返し、
何度も比較・試聴されることをお勧め致します。

そうやって安定した音質を得られる技術を会得してこそ「真のハンダ・マスター」と言えるでしょう!

***

お問い合わせ・ご注文はオヤイデ電気店舗またはオンラインショップまで。
TEL:03-3253-9351
FAX:03-3253-9353
営業時間:10:00~19:00
オンラインショップ:http://oyaide.com/catalog/

原田でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿