2018年8月13日月曜日

あると便利な万能テープ?自己融着テープ4種の徹底比較!!


みなさまは自己融着テープという一風変わったテープがあるのはご存知でしょうか?

Nittoのホームページで分かりやすい説明が読めます。
テープの歴史館|自己融着テープ(1)|Nitto|Tape Museum|粘着テープの総合情報サイト

一言で言うと「接着剤のないテープ」です。対象物には付着せず、テープ自身がくっつくことで固定されます。
過去のブログでも紹介していますので併せてご覧ください。

古河電工の自己融着テープ、1個から販売してます!

オヤイデでは以下の4種類の商品があります。

古河電工 エフコテープ1号
 ▶▶ ご購入はこちらから

古河電工 エフコテープ2号
 ▶▶ ご購入はこちらから
日東電工 ブチルゴム自己融着テープ No.11
 ▶▶ ご購入はこちらから
日東のブチルゴム自己融着テープには『No.11(セパレートあり)』と『No.15(セパレートなし)』がありますが、基本性能はほぼ同じです。
※オヤイデではNo.15の取り扱いはありません。


古河電工 バルコテープ
 ▶▶ 20mm幅 ご購入はこちらから
 ▶▶ 40mm幅 ご購入はこちらから
上記3品と異なり、バルコテープはクロロプレンゴムが主成分となります。

これらの自己融着テープの使用例をネットで検索すると、

●経年劣化した電灯引込線の外装補修
●ロードバイクの組み立て
●屋外の同軸ケーブル接続部分の防水対策
●草刈り機のキャブレーター補修
●ピッケルのグリップ用
●スピーカーケーブル自作
●ケーブルに巻いて音質改善
●釣り餌の自作
●車のウインカーリレーの補修
●ドラム用バンブースティックの自作
●水道パイプの修理
●プラグ付きコードのモールド修理・補強
●充電用ケーブルのモールド修理・補強
●配線のハーネス用
●工具のグリップ用

などなど、ジャンルを問わず活用されているようです。


箱や画像だけ見ても違いが分かりにくいのと、自分が実際に触った事がなかったこともあり、
今回この4種を実際に巻き付けて比較してみました。


< 自己融着テープの使い方 >
・使用前に対象物の表面を洗浄します。
・テープの幅が少し狭くなるくらい引っ張りながら巻きつけます。
・巻いたテープの1/2が下のテープと重なるようにらせんを作ります。
・巻く際に、しわが寄ったり空気が中に入らないよう注意します。
・巻き終わったら上からビニール絶縁テープで覆う。(推奨)
 → テープではなく熱収縮チューブを被せる方法もあります。

 今回は単体の商品のみを巻き付けて、どのような違いがあるのかを見てみます。

< エフコテープ1号 >
粘着剤はついてないのですが、ベタ付くような手触り。
上から別のテープを巻いた方が良さそう。
手でぐねぐね成形してから必要な個所に充填することもできます。
< エフコテープ2号 >
実物を見た人みんな「これビニテ?」と聞くくらい外観はビニテそっくり。
※実際はビニールではなくポリエチレンです。
2層構造であり、自己融着とはいいつつも普通の粘着テープに近いつくりです。
< ブチルゴムテープNo.11 >
それなりに強く引っ張っても大丈夫なので仕上りが薄い。
引っ張る前はつやありなのに引っ張るとつや消しになるから不思議。
手触りめっちゃいい。
< バルコテープ >
肉厚で、巻くだけでテニスのラケットやゴルフクラブのグリップのようになりました。
 写真は20mm幅ですが40mm幅の商品もあるので広域に巻き付ける際は重宝します。


具体的に特徴をまとめると以下の通りです。


また、自己融着テープは粘着剤がついてないので、剥がしたあとも
跡が残らずべたつかない!!
こういった特性もあり、工作ブログや商品レビューを見ると「工具箱に1つ入れておくと便利!」「ビニールテープは粘着面がズレたりベタ付いたりするけど、自己融着だとピッタリくっつてベタ付かないから使いやすい!」など、万能テープとして重宝している方も多いようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
試しに身の回りの物も補修してみようと思います。
 明工社ME2616を使用した延長コード。
 使っているうちに被覆が引っ張られて中の線が露出してしまいましたが、接続済みのME2616は非常に分解しづらい。
 エフコ1号を適当なサイズで切って、
 
 二つ折りして根元に巻き付けます。
 その上から2号。
 補修完了!見た目はビニルテープのぐるぐる巻きにも見えますが、時間が経って粘着剤がべたべたする心配がないのはありがたいですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あると便利な万能テープ、どれでも1巻からご購入できますので、「あ!こーゆうテープ欲しかった。」とか「昔よく使ってたけど最近近所で調達できない。」といった皆さまは是非お買い求めください。


↓お問い合わせはこちらまで↓
直売店舗 TEL:03-3253-9351 FAX03-3253-9353
本社 TEL03-5684-2151 FAX03-5684-2150(24h)
 E-mail:webshop@oyaide.com 

齋藤でした

0 件のコメント:

コメントを投稿