2017年11月18日土曜日

オヤイデ電気で売ってる『JIS規格用 電源BOX自作セット』でオリジナル電源タップをつくってみました。





こんにちは、オヤイデ電気のウノツです。
今回もどうぞよろしくお願いします。


今回は、
僕だけのオリジナル電源BOXを自作してみました。
 
ざーっとこんな感じです
 
初めての方にはなかなか敷居が高く感じる
電源ボックス・タップの自作ですが、
作ってみると案外簡単なんですよ!

そんなわけで、ハウツーを簡単にご紹介したいと思います。
 


まず、用意するのは、

  • JIS規格用 電源BOX自作セット  ×1セット
  • お好みの電源プラグ       ×1個
  • お好みのJIS規格コンセント     ×2個
  • お好みの電源ケーブル      ×必要な長さ
  • 工具(ドライバー・圧着工具・ハサミ・ニッパー・カッターなど)
  • 挫折しない心(←スベってますねぇ)
こんな感じです。



今回は定番どころで
プラグ『WF5018K
コンセント『WN1318K
ケーブル『L/i50OFC
を用意しました。
 
お好みの部材を揃えましょう。
[クリック(タップ)で写真拡大]
 
今回は、家庭壁コンセント事情を考慮し
2P(アース無し)仕様でご紹介します。
では、さっそく、
作っていきましょう!


 
 
 1. 自作セットの中身を確認しましょう
JIS規格用 電源BOX自作セット
[クリック(タップ)で写真拡大]
これでもって1,400円(税別)です。結構お得です。
 

 
 2. 簡単な部分を組み立てましょう
ケーブルの通し忘れに注意です。
[クリック(タップ)で写真拡大]
ケーブルクランプは『FGA21L-14(グレー色)』
適合ケーブルは13.0mmまで対応しているので、
かなり太いケーブルまで選べますね。
ちなみに黒色も別売りしています。


 
 3. ケーブルの被覆を剥いていきましょう
ギザ付ハサミ(N-841)がとても便利です!アースを設ける場合はアース線を残しておきましょう。
[クリック(タップ)で写真拡大]
・『L/i50 OFC』の外装は、
綿編組なのでほつれやすいです。
テープなどを巻いてから切るとGOODです。
・青色の被覆は40.0mm(4.0cm)くらい剥きましょう。



 4. 差込用OFC単線 と L/i50OFCの芯線 
                           を 剥き出しましょう 
音にも影響しますので、素線を傷つけないよう優しく~。
[クリック(タップ)で写真拡大]
それぞれの被覆を12.0mmずつ剥きます。
このあとに出てくる『リングスリーブ』に
挿入したとき1.0mm程度はみ出るさです



  5. L/i50OFC をコンセントに 
 差し込めるよう"単線化"します 
ここがオヤイデ電気のこだわり!汎用の棒形端子を使わないんです。
[クリック(タップ)で写真拡大]
・ここがポイント!
スズメッキを施された汎用棒形端子を使わず、
OFCで差し込めるようにすることで
音質向上が図れますね。
・圧着工具は『P-77(リングスリーブ用)
使用します。
ペンチなどでやられる方もいらっしゃいますが、
安全面を保障できませんので適正工具を推奨



 6. きちんと絶縁しましょう 
絶縁キャップを被せて、こんな感じになりました。
[クリック(タップ)で写真拡大]
これで『L/i50OFC』が"単線化"されました。
あとはコンセントに挿すだけ!
(後でやりますので、まだ挿さないでくださいね)



 7. コンセントに結線していきましょう 
あとでプレートを付けるので、凹凸部がポイントです。
[クリック(タップ)で写真拡大]
 ネジは締め過ぎず仮止め程度にしましょう。
コンセント同士の距離が正しくないと、
あとでプレートがハマりません
凹凸部を合わせるところがポイントです!


 
 8. コンセント同士を渡らせる線(渡り線) 
                                を用意しましょう 
コンセントの裏に目盛りがついてます。
[クリック(タップ)で写真拡大]
渡り線の被覆剥きも、導体を傷けないように丁寧に。
渡り線に、
使う電源ケーブルの内部導体
単線ではなく撚り線
銅線ではなく銀線
などを使う、
自作家ならではなこだわりもあります。



 9. コンセントを渡らせます 
渡り線はゆるやかに曲げながら奥まで差し込みます。
[クリック(タップ)で写真拡大]
・『WN1318K』は裏側向かって左がホット、 右がコールドになってます。
"W"がコールド】と覚えておきましょう!
・渡り線が単線なのでコンセントの距離がほぼ固定されます。
さっきのポイントが大事になってきますね。



 10. ケーブル を コンセント に 
        結線しましょう 
片側のコンセントへホット/コールド同士に差し込みます。(見づらくてすみません...)
[クリック(タップ)で写真拡大]
差し込む箇所を間違えないように注意しましょう。
ちなみにケーブルを挿した側のコンセントが上流側になります。



 10-a. アースの結線 
圧着端子は別途用意してください。
[クリック(タップ)で写真拡大]
今回は2P(アース無し)仕様ですが、アースを設ける場合は写真のように
ケーブルのアース線 と コンセントのアース線 をまとめて圧着します。
圧着したらきちんと絶縁しましょう!



 11. コンセント側が完成 
コンセントをまるまるひっくり返してコンセント側は完成!
BOX内のケーブルに余裕をもたせてクランプを締めこみましょう
[クリック(タップ)で写真拡大]
・こうしたとき、写真左側が上流コンセントになってます。
異なるコンセントを2連で使う場合は覚えておきましょう!
・この時、プレートがハマるか確認しましょう。
この後の工程中に傷つくかもしれないので
取り付けは一番最後がオススメですね。
・『クリーニングスティックEC』などで
コンセントのブレード部を
ピカピカに磨いておくのも良いと思います。



 12. プラグに結線していきましょう 
シンプルな構造ですが、戻し方を忘れないように分解しましょう
[クリック(タップ)で写真拡大]
ネジを失くさないように・ケーブルの通し忘れに注意!!



 13. プラグ内部の確認 
プラグのケーブル挿入部はこんな感じ。
[クリック(タップ)で写真拡大]
内部のクリアなプレートに刻印があります。
コンセントのとき同様、コールド側は"W"の表記がありますね。
ケーブルの被覆剥きの長さも表記されてます。



 13-a. アースピン無し(2P)仕様にする場合は 
アースピンが必要な時にまた使えますので、必要に応じて保管しておきましょう。
[クリック(タップ)で写真拡大]
 今回は2P(アース無し)仕様ですが、アースを設ける場合はこの工程を省きます。


 
  14. またまたケーブルの被覆を剥いていきましょう 
素線がちぎれないように優しく剥きましょう。アースを設ける場合はアース線を残しておいてくださいね。
[クリック(タップ)で写真拡大]
・芯線の被覆を12.0mmずつ剥きます。
・青色の被覆は30.0mm(3.0cm)くらい剥きます。
剥きすぎると、後で、プラグカバーからはみ出てしまうので注意です。



 15. ケーブル を プラグ に結線しましょう 
汎用の棒形端子を使う場合もありますが、直接挿せるので接点減少で音質向上!
かしめネジのゆるめ過ぎ、締めすぎに注意です。
[クリック(タップ)で写真拡大]
・差し込む箇所を間違えないように注意しましょう。
・素線が4.0sqになり、太いので挿入部の穴径がギリギリかと思います。
ほつれないように慎重に挿入します



 16. プラグ側が完成 
元通り組み立てられましたか?これでプラグ側も完成!
[クリック(タップ)で写真拡大]
これでプラグも完成です。
ブレード部分を柔らかい布等で拭いてあげると良いですね。
そして……



 16. オリジナル電源BOX完成です! 
テスターで導通チェックを必ず行ってください。金属部分は仕上げに磨いてあげましょう!
[クリック(タップ)で写真拡大]
・プレートを傷つけまいとつけていなかったので取り付けましょう。
・最後に、
使用する前にテスターで導通チェックを必ず行ってください。
(万が一の事故の原因になります)
  かんせい!!  
お疲れ様でした。



どうでしたか!?
そんなに難しくなかったかなと思います。

L/i50OFC』なんかは綿編組シースなので
・ほつれ止めにテープを施したり、
ライターで炙ったり。
・プラグの根本を収縮チューブで固定したり

コンセント・プラグのブレードを
磨いてあげたり。

こだわるといろいろ発見できるポイントも自作の醍醐味ですね。



では、今回使った工具もささっと簡単にご紹介しますね。

細かいところにオススメな ギザなし『N-838』もあります。

プラス形3種類・マイナス形3種類 計6種類つかえて便利です。
裸圧着端子・スリーブ用の『NH 1』も重宝しますよ。
最後の導通チェックに使いました。導通チェックだけならオヤイデ『DB-2』でもOK!

あとはカッターや定規などがあれば十分です。
いかがですか?
圧着工具が必要なものの、少ない工具で自作始められますね。
思ったよりもシンプル




「〇〇のケーブルだとどうやって作るのー?」
「ここはどうしたらいいの?」
などなど、わからない点などありましたらお気軽にご質問ください
質問内容を参考に追記もしたいと思います
お近くでしたら秋葉原直営店にも遊びに来てくださいね!

 
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日(年末年始)

〒101-0021  東京都 千代田区 外神田 1-4-13
 
☎ 03-3253-9351 FAX 03-3253-9353
 
✉webshop@oyaide.com





参考になりましたか?
よかったらシェアお願いします~
以上、ウノツでした



0 件のコメント:

コメントを投稿